Câmara do Japão
Português
検索: OK
(491)

エネルギー

検索期間を指定してください: OK
電力エネルギー公社は自社資産売却で300億レアル調達か 2017/06/26

経済リセッションによる歳入減少並びに石油の国際コモディティ価格下落によるロイヤリティ収入の減少などの要因で、州政府公務員への給与支払いや医療・教育・衛生などの公共サービス提供向け財源確保ができなくなったために、昨年6月にリオ州政府は財政緊急事態宣言を余儀なくされていた。

昨年6月のリオ州政府の財政緊急事態宣言に続いて、南大河州政府並びにミナス州政府も財政緊急事態宣言を余儀なくされたが、パラナ州政府やサンパウロ州政府でも水力発電所並びに送電網、配電網の売却で負債軽減を図ると予想されている。

財政再建政策の一環として負債軽減やコストカットなど早急な構造改革に迫られているのは、ラテンアメリカ最大級の電力エネルギー会社である連邦政府のブラジル中央電力公社(Eletrobras)、ミナス州政府のミナス・ジェライス電力公社(CEMIG)、サンパウロ州政府のサンパウロ電力公社(Cesp)、パラナ州政府のパラナ電力公社(Copel)、南大河州政府の南大河州電力公社(CEEE)が資産売却を予定している。

国内経済停滞や電力エネルギー公社の時価総額下落、ドル高の為替などの要因が重なって、国内外の投資家にとって電力エネルギー公社買収は、千載一遇のチャンスとなっている。

連邦政府や州政府の電力エネルギー公社売却に参加すると見込まれている外資系企業として、カナダ資本Hydro Quebec並びに投資ファンドの CPPIB、 Ontario Teachers 、British Columbia が予想されている。

またヨーロッパ資本としてIberdrola社並びに Enel社、 Terna 社、 中国資本としてState Grid社並びにHuadian社、 China Three Gorges(CTG)社、 China Southern Grid 社、China Investment Corpration(CIC)、China State Power(SPIC)が挙ってブラジルのインフラ部門進出を狙っている。

Pinheiro Neto Advogados社のAlexandre Bertoldiパートナーは、電力エネルギー公社への資本参加や買収は収益性が高くて、取得済みの環境ライセンスなどで投資家にとって、煩雑なブロクラシーの少ない魅力的な投資先となっている。

ドル高の為替高で外資による負債軽減が急務の電力会社として、ミナス・ジェライス電力公社(CEMIG)はサント・アントニオ水力発電所並びにベロ・モンテ水力発電所の放出、グループ傘下のリオ州内のLight 社、電力配電会社 Taesa社の経営権や株式の一部譲渡などを余儀なくされている。

またミナス・ジェライス電力公社(CEMIG)との新規契約更新をしなかったサンシモン水力発電所並びにミランダ水力発電所、ヴォルタ・グランデ水力発電所、ジャグアラ水力発電所は、連邦政府によって9月30日までに再入札にかけられる。

サンパウロ州政府は、9月までにサンパウロ電力公社(Cesp)傘下の総発電能力が1,600メガワットのポルト・プリマヴェーラ水力発電所並びにパライブーナ水力発電所、ジャグアリ水力発電所を入札にかける。

パラナ州政府のパラナ電力公社(Copel)では、ポートフォーリオの見直しでパラナ州内の電力配電公社並びに風力発電所網の資産売却を検討、ブラジリア連邦直轄地のブラジリア電力公社(CEB)は、Lajeado発電所並びに CorumbaIII 発電所、Quimado発電所の株式の売却を検討している。

南大河州政府は、南大河州電力公社(CEEE)傘下の電力配電や電力エネルギー発電所売却を検討しており、連邦政府では、ブラジル中央電力公社(Eletrobras)傘下の北部地域並びに北東部地域の電力配電公社6社の売却や資本参加を予定している。

中国資本中国三峡集団公司(CTG)は、2015年11月にジュピア水力発電所並びにイーリャ・ソルテイラ水力発電所を138億レアルで買収、2016年にも1999年にブラジルの電力エネルギー部門に進出した米国資本Duke Energyのブラジル国内資産を12億ドルで買収して民間4位の電力エネルギー企業となっている。

また中国資本State Grid社は、2016年6月にゼネコン大手カマルゴ・コレア社が擁していたCPFL Energia社の23%に相当する株を58億レアルで取得後、ヨーロッパ連合諸国もブラジルの電力エネルギー部門への資本参加に対して調査開始を始めている。

スペインやイタリア、カナダの投資ファンドは、ブラジル国内での電力エネルギー部門の投資先を模索しており、英国資本の投資ファンドGuy Saxton傘下のBraszil Iron社では、ブラジル中央電力公社(Eletrobras)傘下の電力配電公社に10億ユーロの資本参加を検討している。

またカナダ資本Hydro Quebecはサンパウロ電力公社(Cesp)への資本参加や資産買収を検討、またOdebrecht Ambiental社の株式70%を27億レアルで買収しているカナダ資本Brookfield社は、ブラジル国内の小型水力発電所買収などを検討している。(2017年6月25日付けエスタード紙)

 



2017/06/26 » 電力エネルギー公社は自社資産売却で300億レアル調達か
2017/06/22 » ブラジル中央電力公社はリストラで50%の従業員カット
2017/05/11 » ペトロブラスはパサデナ製油所など海外資産売却
2017/04/25 » 連邦政府は電力配電コンセッションの民営化で127億レアルの臨時歳入確保
2017/03/27 » 盗電による損害は80億レアルに達する
2017/03/24 » 2月の過去12カ月間の電力消費は1.4%増加
2017/03/22 » 2016年のペトロブラスは148億レアルの赤字を計上
2017/03/16 » 会計検査院(TCU)はBR Distribuidora社の売却プロセスの見直しを指示
2017/03/09 » 製造業部門が牽引して電力消費量が増加
2017/03/03 » 中国資本Shanghai Electricがブラジルのインフラ基幹産業に進出か
2017/02/22 » 昨年12月から鉱工業部門の電力エネルギー消費増加
2017/02/10 » ベロ・モンテ水力発電所の50.02%の運営権を100億レアルで競売
2017/02/03 » 2016年の国内原油生産は、プレサルが牽引して前年比2.9%増加
2017/01/13 » 2017年の石油・天然ガス入札実施で45億レアルの臨時歳入予想
2017/01/10 » ペトロブラスは低金利の社債発行で40億ドルを調達
2017/01/06 » ペトロブラスはディーゼル燃料価格を6.1%値上げ
2016/12/08 » 連邦会計検査院はペトロブラスの資産売却に対して停止命令
2016/12/07 » 石油派生品値上げは即日
2016/11/17 » ペトロブラスはLiquigasを最高30億レアルで Ultragazに譲渡
2016/11/10 » シェル社は今後5年間で100億ドルの投資を約束

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

 

【会議所 トピックス】

投資パートナーシップ・プログラム(PPI)説明会(2017年3月6日)資料

Pdf投資パートナーシップ・プログラム(PPI)資料

 

ブラジルインフラ入門&PPIセミナー(2017年2月2日)

PdfFator弁護士事務所のジルセル佐藤弁護士 「ブラジル・インフラビジネス入門&PPI概略」

Pdfジェトロサンパウロ事務所の禮田英一取締役 「ブラジル・インフラビジネスでの海外インフラ機構(JOIN)活用」

ブラジルeSocialシステム説明会のプレゼン資料掲載中(2016年12月7日午後2時から マクソウドホテル)

Pdf「eSocial制度‐目的と課題、現状と今後の計画」

Pdf「eSocial-Objetivo e desafios,situação atial e cronograma do projeto」

Pdf「労働関係における企業の課題とeSociaの果たす役割」

Pdf「O Desafio Empresarial no Cenário Trabalhista e o Papel no eSocial」

 

2016年下期業種別部会長シンポジューム

ブラジルドローバック制度(輸入品等に対する税制恩典)ついての説明会資料(日本語)

ブラジルドローバック制度(輸入品等に対する税制恩典)ついての説明会資料(ポル語)

現代ブラジル事典      絶賛発売中!!

政策対話委員会活動の進捗報告(2015年12月10日 官民合同会議)

120周年記念セミナー「日伯医療連携の未来~最新技術が拓く健康社会」

「外交関係樹立120周年記念日伯経済セミナー」に300人が参加して開催

2015年下期の業種別部会長シンポジウムテープおこし記事掲載

第43回技能五輪国際大会開催のご案内

ブラジル投資ガイダンス(最新版・英語)

●梅田大使RS公式訪問

●2015年上期の業種別部会長シンポジウムのテープおこし記事掲載

●インタビュー記事【破綻宣告】 2015/03/18

●ブラジルPPP/コンセッション制度の概要と最新情報についての研究会に80人が参加して開催

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー