Câmara do Japão
Português
検索: OK
(491)

エネルギー

検索期間を指定してください: OK
連邦政府は今年の石油・天然ガス入札で180億レアルの皮算用 2018/04/06

3月29日に実施された第15回石油・天然ガス入札では、平均入札価格が最低入札価格の621.9%に達して総額80億1,400万レアルに達する臨時歳入を記録したが、サントス海盆に位置する岩塩層下(プレソルト)鉱区2カ所は、連邦会計検査院(TCU)から入札停止命令が出たために、入札直前に除外された経緯があった。

今年6月7日に予定されている第4回目となる岩塩層下(プレソルト)鉱区入札では、40億レアルの臨時歳入が見込まれている。また連邦政府は、臨時入札として今年8月に第5回プレソルト鉱区入札を行うと発表している。

6月7日の第4回目プレソルト鉱区入札に組み込まれているS-M-534鉱区並びにS-M-645鉱区の他に、今年8月の第5回プレソルト入札には、有望な埋蔵量が見込まれているサツルノ鉱区が入札にかけられる。

2017年の石油・天然ガス入札は3回実施されて総額100億レアルが国庫庁の臨時歳入に計上されたが、今年は5回の石油・天然ガス入札で総額180億レアルの臨時歳入を見込んでいる。

ブラジル石油監督庁(ANP)による埋蔵量が80億バレル~120億バレルのリブラ油田の入札は2013年に実施され、フランス資本 Totalなどのコンソーシアムが落札して、連邦政府には150億レアルの臨時歳入を記録していた。

サントス海盆リブラ鉱区のペトロブラス石油公社の権益は、コンソーシアムの中で最高の40%、フランス資本 Total社並びに英国/オランダ資本のシェル社は20%、中国海洋石油(CNOOC)並びに中国石油天然ガス集団(CNPC)はそれぞれ10%の権益を所有していた。

ブラジルは2025年から化石燃料削減を発表しているために、プレソルト油田開発入札を加速すると投資パートナーシッププログラム(PPI)のアダルベルト・サントス・デ・ヴァスコンセロス特命長官は説明している。(2018年4月6日付けエスタード紙)



2018/04/06 » 連邦政府は今年の石油・天然ガス入札で180億レアルの皮算用
2018/04/03 » 第15回石油・天然ガス入札は今後の入札道標か
2018/03/28 » 第15回石油・天然ガス入札/第4回目プレソルト入札で35億レアル突破か
2018/03/22 » 昨日の大停電で北東部並びに北部の7,000万人に影響
2018/03/21 » 2030年までの石油・天然ガス部門投資は1兆2,800億レアルに達するか
2018/02/19 » ブラジルのガソリン価格は産油国ではノルウエーに次いで2位
2018/02/08 » ペトロブラス石油公社は負債削減で資産売却計画を続行
2018/02/01 » 2017年の石油・天然ガス生産はプレソルト油田が牽引
2018/01/22 » 1,000億レアルの負債を抱えるエタノール業界はRenovaBioプログラムに期待
2018/01/17 » ペトロブラスの昨年の国内原油生産は215万バレルで記録更新
2017/12/18 » 民間企業が電力エネルギー配電11ロット全て落札
2017/12/18 » 石油精製所建設プロジェクト遅延で2025年から燃料供給問題発生か
2017/12/06 » ペトロブラスは新しいサプライヤーに門戸開放
2017/11/14 » ベロ・モンテ水力発電所の電力エネルギーは南東部地域に供給開始
2017/11/06 » 旱魃の影響で電力料金上昇か
2017/10/31 » プレソルト鉱区入札による今後30年間の歳入は6,000億レアルに達する可能性
2017/10/30 » プレソルト油田入札は予想を下回る61億5,000万レアル
2017/10/26 » プレソルト原油鉱区入札には石油メジャーなど16グループが参加
2017/10/26 » Eletrobras民営化で今年の連邦政府の臨時歳入は150億レアル予想
2017/10/24 » プレソルト原油開発コストは中近東並に低下

バックナンバー »