Câmara do Japão
Português
検索: OK
(508)

建設・不動産

検索期間を指定してください: OK
プライベート・エクイティファンドが不動産部門に投資 2009/08/04

 過去1年近くに亘ってプラベート・エクイティファンド(PEF)がブラジルの不動産市場から撤退していたが、世界金融危機の影響が僅かで国内経済の回復傾向が表れてきている不動産業界に再び投資する傾向が出てきている。

 同ファンドや政策誘導金利(Selic)の減少に伴って、年金ファンドも収益率がSelic金利よりも大きい不動産市場に参入すると見込まれている。

 今年下半期には最低5ファンドが25億レアルの資金調達をすると見込まれているが、ブラジルの不動産業界に進出して14年のTishman Speyer社は最終四半期に8億レアルの資金調達をすると見込まれている。

 BRICs諸国の中では世界金融危機後のブラジルの不動産部門への影響が最も少なく、サンパウロの商業ビルの空室率は7.0%から9.5%と僅かに上昇したが、過去12ヶ月間の賃貸料がBRICs諸国の中では唯一上昇している。

 ロシアのモスクワの昨年第2四半期の空室率は5.5%であったが、今年6月には22.7%と大幅に上昇、賃貸料は63%も下落している。

 中国の北京の商業ビルの需要が大幅に減少したために空室率は27%と最も高く、インドのボンベイの空室率が2.4%から10.4%に上昇したが、賃貸料は44%と大幅に下落している。(2009年8月4日付けヴァロール紙)


 



2019/06/06 » 連邦貯蓄金庫は住宅クレジット金利を引き下げ
2019/06/03 » 今年第1四半期のサンパウロ市の住宅売買件数は二桁増加
2019/05/29 » 今年第1四半期の住宅販売件数は前年同期比9.7%増加
2019/04/15 » 今年2月の新築住宅販売は前年同月比50%増加
2019/04/09 » 今年3月の建材販売は前年同月比2.9%増加
2019/04/01 » 今年1月の過去12カ月間の不動産売買は二桁増加
2019/03/21 » 今年は中規模不動産会社が飛躍的成長か
2019/03/08 » 今年は7年ぶりに賃貸オフィスや倉庫が上昇サイクル入り
2019/02/25 » 昨年最終四半期の不動産会社の売上は好調に推移
2019/02/21 » 今年のサンパウロ市内の新築住宅販売は二桁増加予想
2019/02/13 » 建設業界は100万人の雇用に繋がるインフラ整備プロジェクト再開を要請
2019/02/01 » 2019年の住宅購入向けクレジットは過熱か
2019/01/17 » 昨年の建築資材販売は3年ぶりに増加に転じた
2018/11/29 » 建材販売活性化でジョイントベンチャー立上
2018/10/23 » 過去5年間の商業テナント賃料は42.5%下落
2018/09/28 » 住宅賃貸インフレ指数は10%増加にも関わらず、借り手市場で値上げ不可
2018/09/26 » 建設業界は51か月間連続で低調に推移
2018/09/05 » 過去3年半でインフレ指数を差引いた実質住宅価格は18%下落
2018/08/27 » 2014年以降の不動産差押物件は約7万軒に達している
2018/07/16 » 今年も建設業部門の回復目処立たず

バックナンバー »