Câmara do Japão
Português
検索: OK
(508)

建設・不動産

検索期間を指定してください: OK
来年の建設業部門GDP伸び率は3.8%増加予想(2020年12月2日付けヴァロール紙) 2020/12/03

サンパウロ州住宅建設業者組合(Sinduscon-SP)並びにジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)の共同調査によると、2020年の建設不動産部門のGDP伸び率は、マイナス2.5%に縮小予想の一方で、2021年のGDP伸び率は3.8%増加を予想している。

年初の建設業界は、今年の業界のGDP伸び率を2.0%前後と予想していたにも関わらず、COVID-19パンデミックの影響で、マイナス2.5%の後退予想を余儀なくされているとサンパウロ州住宅建設業者組合のEduardo Zaidan副会長は指摘している。

今年の建設不動産業界のGDP伸び率マイナス2.5%予想の要因として、電力エネルギー、上下水道並びにエアコンなどを含む住宅建設最終工程の据え付けサービスセクターのGDP伸び率は、マイナス7.5%に落込むと予想されている。住宅建設一般部門のGDP伸び率はマイナス2.0%、インフラ部門はマイナス1.7%、道路建設部門はマイナス2.0%が予想されている。

今年4月並びに5月は、地方政府による外出自粛や必需品以外営業や製造部門生産の自粛要請で、住宅建設部門は中止や先送りを余儀なくされていた。また建材部門の生産停止や先送り、需要減少もマイナス要因となっている。

今年初め9か月間の新築住宅リリース軒数は、前年同期比27.9%減少の8万5,755軒と発表、今年第3四半期の新築住宅リリース軒数は、前年同四半期比10.5%減少の4万2,885軒と先週初めにブラジル建設工業会議所(Cbic)は発表していた。

サンパウロ州住宅建設業者組合(Sinduscon-SP)では、2021年の建設不動産部門は好調に推移すると予想しているが、建設業界への投資活性化するための連邦政府による税制改革とコスト削減で持続的成長政策の採用をZaidan副会長は指摘している。



2021/02/23 » 今年の建設不動産部門は5.0%~10.0%増加予想(2021年2月22日付けヴァロール紙)
2021/02/11 » 2020年のサンパウロ市内の住宅販売リリース軒数は、前年比マイナス8.0%の5万9,978軒に留まる(2021年2月10日付けヴァロール紙)
2021/01/14 » ボルソナロ大統領は、大衆住宅建設"Minha Casa Minha Vida"に替わる“緑と黄色の家 Casa Verde e Amarela”プログラムにサイン (2021年1月12日付けエスタード紙)
2020/12/17 » Tenda社は来年上半期からプレハブ工場建設開始(2020年12月16日付けヴァロール紙)
2020/12/10 » 今年のセメント販売は前年比10.4%増加予想(2020年12月9日付けヴァロール紙)
2020/12/03 » 来年の建設業部門GDP伸び率は3.8%増加予想(2020年12月2日付けヴァロール紙)
2020/11/25 » 今年の住宅販売は前年比10%~15%増加予想(2020年11月24日付けヴァロール紙)
2020/11/19 » 大手不動産企業の第3四半期の純益は56%増加(2020年11月18日付けエスタード紙)
2020/10/27 » 今年9月のサンパウロ市の住宅販売は19.2%増加(2020年10月26日付けエスタード紙)
2020/10/14 » 今年第3四半期の不動産市場は急回復(2020年10月13日付けヴァロール紙)
2020/10/07 » 9月の不動産販売価格は2014年以降で最も上昇(2020年10月6日付けエスタード紙)
2020/08/26 » Casa Verde e Amarela(ブラジルシンボルカラー大衆住宅)プログラムは2024年までに160万家族に住宅提供(2020年8月25日付けヴァロール紙)
2020/07/08 » 今年6月のセメント販売は24.2%増加(2020年7月7日付けヴァロール紙)
2020/05/26 » 今年4月の新築住宅販売は前年同月比39%下落(2020年5月25日付けヴァロール紙)
2020/04/24 » 住宅建築業者は最低3,000レアル以上の受託販売割引キャンペーン開始
2020/04/24 » コロナウイルパンデミックはサンパウロの賃貸事務所や倉庫契約に足枷
2020/04/01 » 検疫隔離措置による需要減で建築資材業界が減産(2020年4月1日付けバロール紙)
2020/02/17 » 2022年まで不動産価格は年間二桁増加か
2020/01/14 » 建材メーカーでは今年の建材販売は前年比4.0%増加予想
2019/10/09 » 連邦貯蓄金庫は住宅クレジット金利を引下げ

バックナンバー »