Câmara do Japão
Português
検索: OK
(508)

建設・不動産

検索期間を指定してください: OK
住宅建築業者は最低3,000レアル以上の受託販売割引キャンペーン開始 2020/04/24

住宅建設業者は今月23日から全国的に"Vem Morar 住みに来て"と呼ばれる最低割引価格が3,000レアル以上の住宅販売キャンペーンを開始。キャンペーン期間は60日で、大衆住宅建設プログラム“私の家、私の暮らし”(MCMV)の格安住宅から割引率が最高の高級住宅の販売を促すキャンペ

"Vem Morar住みに来て"の住宅販売キャンペーンは、ブラジル建設工業会議所(Cbic)並びにブラジル不動産・建設業者組合(Abrainc)共催のオンライン会議の席上で発表。連邦貯蓄金庫Caixaが後援している。

"Vem Morar"の住宅販売キャンペーンは、新型コロナウイルスのパンデミックの影響を受けている一般消費者の消費意欲を刺激するもので、連邦貯蓄金庫は、住宅購入クレジット契約では6か月後の支払い開始で住宅購入を促している。

更に連邦貯蓄金庫では、住宅建設工事中の物件に対して期限前のクレジット提供並びにクレジット返済期間の3か月先延ばしを決定している。

連邦貯蓄金庫のこの新規住宅購入向けパッケージのクレジット総額は430億レアルに達するが、住宅建設業者がクレジットを受ける条件として、100万人が見込まれている建設業界の雇用維持のために、従業員を解雇しない条件を課している。

“住宅販売は新規住宅販売の新たなサイクル入りを促し、業界の雇用を守る”,“住宅建設サイクルが終われば、その従業員は次の建設現場で継続して働く”と雇用維持のサイクルをAbrainc社のLuiz França社長は説明している。

パンデミック危機にも拘らず、住宅建設業界では住宅現場の87%で工事が行われている。工事現場で働く60万人の従業員のうち約600人がコロナウイルス感染の疑いがあるにも関わらず、一人も死亡者が出ていないと社のLuiz França社長は強調している。(2020年4月23日付けエスタード紙サイトより抜粋)



2020/07/08 » 今年6月のセメント販売は24.2%増加(2020年7月7日付けヴァロール紙)
2020/05/26 » 今年4月の新築住宅販売は前年同月比39%下落(2020年5月25日付けヴァロール紙)
2020/04/24 » 住宅建築業者は最低3,000レアル以上の受託販売割引キャンペーン開始
2020/04/24 » コロナウイルパンデミックはサンパウロの賃貸事務所や倉庫契約に足枷
2020/04/01 » 検疫隔離措置による需要減で建築資材業界が減産(2020年4月1日付けバロール紙)
2020/02/17 » 2022年まで不動産価格は年間二桁増加か
2020/01/14 » 建材メーカーでは今年の建材販売は前年比4.0%増加予想
2019/10/09 » 連邦貯蓄金庫は住宅クレジット金利を引下げ
2019/09/30 » 連邦政府は中間層向けリーディング住宅プログラム発表か
2019/09/11 » 連邦政府は経済活性化でFGTS資金を大衆住宅建設プログラムに投入
2019/09/10 » 連邦政府はFGTSの住宅建設資金の独占廃止を検討
2019/09/06 » 今年のセメント販売は年初予想を上回る3.4%増加か
2019/06/06 » 連邦貯蓄金庫は住宅クレジット金利を引き下げ
2019/06/03 » 今年第1四半期のサンパウロ市の住宅売買件数は二桁増加
2019/05/29 » 今年第1四半期の住宅販売件数は前年同期比9.7%増加
2019/04/15 » 今年2月の新築住宅販売は前年同月比50%増加
2019/04/09 » 今年3月の建材販売は前年同月比2.9%増加
2019/04/01 » 今年1月の過去12カ月間の不動産売買は二桁増加
2019/03/21 » 今年は中規模不動産会社が飛躍的成長か
2019/03/08 » 今年は7年ぶりに賃貸オフィスや倉庫が上昇サイクル入り

バックナンバー »