Câmara do Japão
Português
検索: OK
(508)

建設・不動産

検索期間を指定してください: OK
建材メーカーでは今年の建材販売は前年比4.0%増加予想 2020/01/14

ブラジル建設材料工業協会(Abramat)並びにジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)の共同調査によると、2020年の建材販売はサンパウロ市の住宅並びに商業部門向けが牽引予想、また下半期からインフレ整備プロジェクト入札開始などの要因で前年比4.0%増加を予想、昨年の建材部門販売は前年比2.0%増加を記録していた。

Abramat協会のロドリゴ・ナヴァーロ会長は、昨年12月の今年の建材販売予想は2.5%増加予想であったものの、今年の建設不動産部門のGDP伸び率が3.0%増加の上方修正に伴って、4.5%増加の可能性も否定していない。

ジャイール・ボルソナロ新政権による新社会保障改革の国会通過やコントロールされているインフレ指数、更なる引下げ予想の政策誘導金利(Selic)、金利低下の住宅ローン拡大、上下水道の規制緩和政策、現役サラリーマンの勤続期間保障基金(FGTS)預金や凍結預金の先払い政策導入、積極的な連邦公社の民営化、国内経済活性化のためのインフラ整備部門の入札案件増加などの要因で、今後の建築資材関連販売は大幅な増加が期待されている。

2020年の建材販売は個人住宅向け基礎建材販売が牽引するとナヴァーロ会長はは予想、ラヴァ・ジャット汚職事件によるゼネコン企業の壊滅的なダメージ並びにブラジルが経済リセッションに突入した2015年の建材販売は前年比マイナス7.2%、経済リセッション真っただ中の2016年はマイナス13.5%、2017年はマイナス3.1%を記録していた。

しかしブラジル国内経済が回復しだした2018年の建材販売は、前年比1.0%増加の1,840億6,000万レアル、2019年の伸び率は2倍の2.0%増加、今年は更に倍増の4.0%増加が見込まれているにも拘らず、2010年~2011年の建材販売の水準には程遠い。

2019年のブラジルのセメント業界の販売は前年比3.5%増加の5,450万トンを記録したが、今年は住宅建設向け建材販売以外に、中央政府や地方政府によるインフラ整備プロジェクト再開が期待されている。(2020年1月14日付けヴァロール紙)



2020/07/08 » 今年6月のセメント販売は24.2%増加(2020年7月7日付けヴァロール紙)
2020/05/26 » 今年4月の新築住宅販売は前年同月比39%下落(2020年5月25日付けヴァロール紙)
2020/04/24 » 住宅建築業者は最低3,000レアル以上の受託販売割引キャンペーン開始
2020/04/24 » コロナウイルパンデミックはサンパウロの賃貸事務所や倉庫契約に足枷
2020/04/01 » 検疫隔離措置による需要減で建築資材業界が減産(2020年4月1日付けバロール紙)
2020/02/17 » 2022年まで不動産価格は年間二桁増加か
2020/01/14 » 建材メーカーでは今年の建材販売は前年比4.0%増加予想
2019/10/09 » 連邦貯蓄金庫は住宅クレジット金利を引下げ
2019/09/30 » 連邦政府は中間層向けリーディング住宅プログラム発表か
2019/09/11 » 連邦政府は経済活性化でFGTS資金を大衆住宅建設プログラムに投入
2019/09/10 » 連邦政府はFGTSの住宅建設資金の独占廃止を検討
2019/09/06 » 今年のセメント販売は年初予想を上回る3.4%増加か
2019/06/06 » 連邦貯蓄金庫は住宅クレジット金利を引き下げ
2019/06/03 » 今年第1四半期のサンパウロ市の住宅売買件数は二桁増加
2019/05/29 » 今年第1四半期の住宅販売件数は前年同期比9.7%増加
2019/04/15 » 今年2月の新築住宅販売は前年同月比50%増加
2019/04/09 » 今年3月の建材販売は前年同月比2.9%増加
2019/04/01 » 今年1月の過去12カ月間の不動産売買は二桁増加
2019/03/21 » 今年は中規模不動産会社が飛躍的成長か
2019/03/08 » 今年は7年ぶりに賃貸オフィスや倉庫が上昇サイクル入り

バックナンバー »