Câmara do Japão
Português
検索: OK
(508)

建設・不動産

検索期間を指定してください: OK
連邦貯蓄金庫は住宅クレジット金利を引下げ 2019/10/09

民間大手商業銀行は、9月18日に中銀の通貨政策委員会(Copom)全会一致で政策誘導金利(Selic)を6.0%から0.5%引下げて5.5%に決定、1996年6月以降では過去最低のSelic金利に伴って、一斉に住宅クレジット金利を引下げている。

連邦貯蓄金庫(Caixa)は、ポウパンサ預金システム並びに住宅金融システム(SFH)、不動産金融システム(SFI)を通した住宅購入クレジット金利の最大1.0%引下げを決定している。

連邦貯蓄金庫(Caixa)では、住宅購入クレジット金利8.50%プラス現在は0%の参考金利(TR)を7.50%、住宅購入クレジット金利9.75%プラスTRを9.50%に引き下げる。

中銀によるSelic 金利6.0%から5.5%への引下げに伴って、ブラデスコ銀行の住宅購入クレジット金利は7.30%プラスTR、イタウー銀行は7.45%プラスTR、サンタンデール銀行は7.99%プラスTRとなっている。

連邦貯蓄金庫(Caixa)では、8月20日から参考金利(TR)の代わりにインフレ指数の広範囲消費者物価指数(IPCA)の導入しており、住宅購入クレジット金利は、IPCA指数プラス2.95%からIPCA指数プラス4.95%となっている。

先週連邦貯蓄金庫は住宅購入向け新規クレジット枠として10億レアルを確保、また同金庫では住宅購入向けクレジット総額98億レアルの与信を承認、過去40日間の住宅購入向けクレジットは1年分に相当する金額に達している。

住宅金融システム(SFH)による不動産購入最高価格は150万レアル、不動産金融システム(SFI)による不動産購入最高価格は30万レアルから300万レアル、IPCA指数連動クレジットでは200万レアルに制限される。(2019年10月9日付けエスタード紙)



2019/10/09 » 連邦貯蓄金庫は住宅クレジット金利を引下げ
2019/09/30 » 連邦政府は中間層向けリーディング住宅プログラム発表か
2019/09/11 » 連邦政府は経済活性化でFGTS資金を大衆住宅建設プログラムに投入
2019/09/10 » 連邦政府はFGTSの住宅建設資金の独占廃止を検討
2019/09/06 » 今年のセメント販売は年初予想を上回る3.4%増加か
2019/06/06 » 連邦貯蓄金庫は住宅クレジット金利を引き下げ
2019/06/03 » 今年第1四半期のサンパウロ市の住宅売買件数は二桁増加
2019/05/29 » 今年第1四半期の住宅販売件数は前年同期比9.7%増加
2019/04/15 » 今年2月の新築住宅販売は前年同月比50%増加
2019/04/09 » 今年3月の建材販売は前年同月比2.9%増加
2019/04/01 » 今年1月の過去12カ月間の不動産売買は二桁増加
2019/03/21 » 今年は中規模不動産会社が飛躍的成長か
2019/03/08 » 今年は7年ぶりに賃貸オフィスや倉庫が上昇サイクル入り
2019/02/25 » 昨年最終四半期の不動産会社の売上は好調に推移
2019/02/21 » 今年のサンパウロ市内の新築住宅販売は二桁増加予想
2019/02/13 » 建設業界は100万人の雇用に繋がるインフラ整備プロジェクト再開を要請
2019/02/01 » 2019年の住宅購入向けクレジットは過熱か
2019/01/17 » 昨年の建築資材販売は3年ぶりに増加に転じた
2018/11/29 » 建材販売活性化でジョイントベンチャー立上
2018/10/23 » 過去5年間の商業テナント賃料は42.5%下落

バックナンバー »