Câmara do Japão
Português
検索: OK
(508)

建設・不動産

検索期間を指定してください: OK
連邦貯蓄金庫は住宅クレジット金利を引下げ 2019/10/09

民間大手商業銀行は、9月18日に中銀の通貨政策委員会(Copom)全会一致で政策誘導金利(Selic)を6.0%から0.5%引下げて5.5%に決定、1996年6月以降では過去最低のSelic金利に伴って、一斉に住宅クレジット金利を引下げている。

連邦貯蓄金庫(Caixa)は、ポウパンサ預金システム並びに住宅金融システム(SFH)、不動産金融システム(SFI)を通した住宅購入クレジット金利の最大1.0%引下げを決定している。

連邦貯蓄金庫(Caixa)では、住宅購入クレジット金利8.50%プラス現在は0%の参考金利(TR)を7.50%、住宅購入クレジット金利9.75%プラスTRを9.50%に引き下げる。

中銀によるSelic 金利6.0%から5.5%への引下げに伴って、ブラデスコ銀行の住宅購入クレジット金利は7.30%プラスTR、イタウー銀行は7.45%プラスTR、サンタンデール銀行は7.99%プラスTRとなっている。

連邦貯蓄金庫(Caixa)では、8月20日から参考金利(TR)の代わりにインフレ指数の広範囲消費者物価指数(IPCA)の導入しており、住宅購入クレジット金利は、IPCA指数プラス2.95%からIPCA指数プラス4.95%となっている。

先週連邦貯蓄金庫は住宅購入向け新規クレジット枠として10億レアルを確保、また同金庫では住宅購入向けクレジット総額98億レアルの与信を承認、過去40日間の住宅購入向けクレジットは1年分に相当する金額に達している。

住宅金融システム(SFH)による不動産購入最高価格は150万レアル、不動産金融システム(SFI)による不動産購入最高価格は30万レアルから300万レアル、IPCA指数連動クレジットでは200万レアルに制限される。(2019年10月9日付けエスタード紙)



2021/01/14 » ボルソナロ大統領は、大衆住宅建設"Minha Casa Minha Vida"に替わる“緑と黄色の家 Casa Verde e Amarela”プログラムにサイン (2021年1月12日付けエスタード紙)
2020/12/17 » Tenda社は来年上半期からプレハブ工場建設開始(2020年12月16日付けヴァロール紙)
2020/12/10 » 今年のセメント販売は前年比10.4%増加予想(2020年12月9日付けヴァロール紙)
2020/12/03 » 来年の建設業部門GDP伸び率は3.8%増加予想(2020年12月2日付けヴァロール紙)
2020/11/25 » 今年の住宅販売は前年比10%~15%増加予想(2020年11月24日付けヴァロール紙)
2020/11/19 » 大手不動産企業の第3四半期の純益は56%増加(2020年11月18日付けエスタード紙)
2020/10/27 » 今年9月のサンパウロ市の住宅販売は19.2%増加(2020年10月26日付けエスタード紙)
2020/10/14 » 今年第3四半期の不動産市場は急回復(2020年10月13日付けヴァロール紙)
2020/10/07 » 9月の不動産販売価格は2014年以降で最も上昇(2020年10月6日付けエスタード紙)
2020/08/26 » Casa Verde e Amarela(ブラジルシンボルカラー大衆住宅)プログラムは2024年までに160万家族に住宅提供(2020年8月25日付けヴァロール紙)
2020/07/08 » 今年6月のセメント販売は24.2%増加(2020年7月7日付けヴァロール紙)
2020/05/26 » 今年4月の新築住宅販売は前年同月比39%下落(2020年5月25日付けヴァロール紙)
2020/04/24 » 住宅建築業者は最低3,000レアル以上の受託販売割引キャンペーン開始
2020/04/24 » コロナウイルパンデミックはサンパウロの賃貸事務所や倉庫契約に足枷
2020/04/01 » 検疫隔離措置による需要減で建築資材業界が減産(2020年4月1日付けバロール紙)
2020/02/17 » 2022年まで不動産価格は年間二桁増加か
2020/01/14 » 建材メーカーでは今年の建材販売は前年比4.0%増加予想
2019/10/09 » 連邦貯蓄金庫は住宅クレジット金利を引下げ
2019/09/30 » 連邦政府は中間層向けリーディング住宅プログラム発表か
2019/09/11 » 連邦政府は経済活性化でFGTS資金を大衆住宅建設プログラムに投入

バックナンバー »