Câmara do Japão
Português
検索: OK
(508)

建設・不動産

検索期間を指定してください: OK
連邦政府はFGTSの住宅建設資金の独占廃止を検討 2019/09/10

1990年から連邦貯蓄金庫(Caixa)は、勤続期間保障基金(FGTS)の住宅購入向けクレジット独占、大衆住宅建設プログラム“私の家、私の暮らし”(MCMV)向けクレジットに使われていたが、月収が1,800レアルまでの低所得層向けラベル1(Faixa1)向け支払い遅延は拡大して管理が等閑にされている。

ジャイール・ボルソナロ政権発足と当時に設けられた経済省の勤続期間保障基金(FGTS)担当のイゴール・ヴィラス・ボアス・デ・フレイタス理事は、FGTS資金は労働者にとってリターンの高い投資をする必要があると強調している。

2017年の連邦貯蓄金庫の住宅購入向けクレジット総額のマーケットシェアは、ブラジル貯蓄貸付システム(SBPE)並びに金利が最も低い勤続期間保障基金(FGTS)の住宅購入向けクレジット独占で、69.0%と圧倒的な首位を維持していた。

連邦貯蓄金庫は勤続期間保障基金(FGTS)の積立金の1.0%を住宅向けクレジットとして独占、2018年の住宅向けクレジット総額は51億レアルに達していた。勤続期間保障基金(FGTS)は住宅向け並びに上下水道、インフラ整備部門向けだけに使用が許可されている。

労働者党(PT)政権の補助金のシンボルであった大衆住宅建設向け資金として、2009年~2018年には総額1,130億レアルに達していたが、連邦政府の財政悪化に伴って2020年の予算は、今年の半分に相当する僅か27億レアルまで削減されている。(2019年9月10日付けエスタード紙)



2021/01/14 » ボルソナロ大統領は、大衆住宅建設"Minha Casa Minha Vida"に替わる“緑と黄色の家 Casa Verde e Amarela”プログラムにサイン (2021年1月12日付けエスタード紙)
2020/12/17 » Tenda社は来年上半期からプレハブ工場建設開始(2020年12月16日付けヴァロール紙)
2020/12/10 » 今年のセメント販売は前年比10.4%増加予想(2020年12月9日付けヴァロール紙)
2020/12/03 » 来年の建設業部門GDP伸び率は3.8%増加予想(2020年12月2日付けヴァロール紙)
2020/11/25 » 今年の住宅販売は前年比10%~15%増加予想(2020年11月24日付けヴァロール紙)
2020/11/19 » 大手不動産企業の第3四半期の純益は56%増加(2020年11月18日付けエスタード紙)
2020/10/27 » 今年9月のサンパウロ市の住宅販売は19.2%増加(2020年10月26日付けエスタード紙)
2020/10/14 » 今年第3四半期の不動産市場は急回復(2020年10月13日付けヴァロール紙)
2020/10/07 » 9月の不動産販売価格は2014年以降で最も上昇(2020年10月6日付けエスタード紙)
2020/08/26 » Casa Verde e Amarela(ブラジルシンボルカラー大衆住宅)プログラムは2024年までに160万家族に住宅提供(2020年8月25日付けヴァロール紙)
2020/07/08 » 今年6月のセメント販売は24.2%増加(2020年7月7日付けヴァロール紙)
2020/05/26 » 今年4月の新築住宅販売は前年同月比39%下落(2020年5月25日付けヴァロール紙)
2020/04/24 » 住宅建築業者は最低3,000レアル以上の受託販売割引キャンペーン開始
2020/04/24 » コロナウイルパンデミックはサンパウロの賃貸事務所や倉庫契約に足枷
2020/04/01 » 検疫隔離措置による需要減で建築資材業界が減産(2020年4月1日付けバロール紙)
2020/02/17 » 2022年まで不動産価格は年間二桁増加か
2020/01/14 » 建材メーカーでは今年の建材販売は前年比4.0%増加予想
2019/10/09 » 連邦貯蓄金庫は住宅クレジット金利を引下げ
2019/09/30 » 連邦政府は中間層向けリーディング住宅プログラム発表か
2019/09/11 » 連邦政府は経済活性化でFGTS資金を大衆住宅建設プログラムに投入

バックナンバー »