Câmara do Japão
Português
検索: OK
(508)

建設・不動産

検索期間を指定してください: OK
今年のセメント販売は年初予想を上回る3.4%増加か 2019/09/06

全国セメント工業組合(SNIC)の年初の予想では、2019年のセメント販売は前年比3.0%増加、2020年は4.2%増加であったが、今年は3.4%増加、来年は4.2%増加とそれぞれ上方修正している。

ブラジル国内のセメント需要は2014年下半期から継続していた経済リセッションの影響を受けて、過去4年間連続で前年割れを記録していたにも関わらず、ジャイール・ボルソナロ大統領の就任に伴って、経済活性化のための雇用創出が大きなインフラ整備部門への投資拡大を予想されていた。

今年の国内のセメント消費は、民間部門の住宅並びに商業施設、製造業部門の新規・増産向け建設が牽引して、前年比3.0%増加の5,300万トン前後を全国セメント工業組合(SNIC)のパウロ・カミーロ・ペーナ会長は予想していた。

伝統的に下半期の国内のセメント販売は上半期を上回っており、建設業界を中心に2020年は今年を上回る需要をパウロ・カミーロ・ペーナ会長は期待している。

今年下半期初めから建設業界のGDP伸び率は回復傾向を示しており、建設業界向け棒鋼需要は0.5%増加、砕石需要は7.0%増加、また建設業界の企業経営者の景況感指数も上昇してきているとペーナ会長は指摘している。

今年8月のセメントの国内販売は前年同月比3.0%増加の510万トン、今年初め8か月間では2.9%増加の3,590万トン、8月の過去12カ月間では1.8%増加の5,366万トンを記録している。

8月のセメントの国内販売の地域別販売では、南東部地域は7.1%増加の244万トン、今年初め8か月間では3.2%増加の1,731万トン、前記同様に北東部地域は96万8,000トン、0.5%減少の702万トンであった。

今年初め8か月間の南部地域のセメント消費は前年同期比3.6%増加の602万7,000トン、中西部地域は6.0%増加の396万5,000トン、北部地域は0.3%増加の155万1,000トンを記録している。(2019年9月6日付けヴァロール紙)



2019/10/09 » 連邦貯蓄金庫は住宅クレジット金利を引下げ
2019/09/30 » 連邦政府は中間層向けリーディング住宅プログラム発表か
2019/09/11 » 連邦政府は経済活性化でFGTS資金を大衆住宅建設プログラムに投入
2019/09/10 » 連邦政府はFGTSの住宅建設資金の独占廃止を検討
2019/09/06 » 今年のセメント販売は年初予想を上回る3.4%増加か
2019/06/06 » 連邦貯蓄金庫は住宅クレジット金利を引き下げ
2019/06/03 » 今年第1四半期のサンパウロ市の住宅売買件数は二桁増加
2019/05/29 » 今年第1四半期の住宅販売件数は前年同期比9.7%増加
2019/04/15 » 今年2月の新築住宅販売は前年同月比50%増加
2019/04/09 » 今年3月の建材販売は前年同月比2.9%増加
2019/04/01 » 今年1月の過去12カ月間の不動産売買は二桁増加
2019/03/21 » 今年は中規模不動産会社が飛躍的成長か
2019/03/08 » 今年は7年ぶりに賃貸オフィスや倉庫が上昇サイクル入り
2019/02/25 » 昨年最終四半期の不動産会社の売上は好調に推移
2019/02/21 » 今年のサンパウロ市内の新築住宅販売は二桁増加予想
2019/02/13 » 建設業界は100万人の雇用に繋がるインフラ整備プロジェクト再開を要請
2019/02/01 » 2019年の住宅購入向けクレジットは過熱か
2019/01/17 » 昨年の建築資材販売は3年ぶりに増加に転じた
2018/11/29 » 建材販売活性化でジョイントベンチャー立上
2018/10/23 » 過去5年間の商業テナント賃料は42.5%下落

バックナンバー »