Câmara do Japão
Português
検索: OK
(508)

建設・不動産

検索期間を指定してください: OK
今年第1四半期のサンパウロ市の住宅売買件数は二桁増加 2019/06/03

サンパウロ住宅登録協会(Arisp)の調査によると、2019年第1四半期のサンパウロ市内の住宅売買件数は、前年同期比11.3%増加の2万4,957軒、3月の過去12カ月間の住宅売買件数は15.0%増加の11万2,956軒を記録している。

サンパウロ市内の住宅売買件数が増加傾向を示しだしたのは2017年初めからであり、2012年のサンパウロ市内の住宅売買件数は、14万6,779軒をピークに2016年は8万9,650軒と40%前後と大幅に減少していたとサンパウロ住宅登録協会(Arisp)は指摘している。

今年のGDP伸び率が年初の2.5%前後からすでに1.3%前後まで下方修正されているために予想は難しいが、2017年初めから住宅売買件数は、順調に回復してきていると「FipeZap」社エコノミストのEduardo Zylberstajn氏は説明している。

今年第1四半期のサンパウロ市内の不動産売買では、アパート売買件数が54.3%を占めてトップ、次いで住宅は12.8%、土地9.5%、住宅用ビル8.2%、商業用テナント物件4.0%、商業用ビル0.6%、店舗0.5%、倉庫売買は0.1%、その他は10.0%であった。

3月の過去12カ月間の住宅ローン支払い遅延による差押物件は、前年同期比18.7%減少の1,823軒と売買件数の1.0%以下まで減少、昨年1年間の差押物件は1,921軒、2017年は2,256軒であった。(2019年6月3日付けエスタード紙)



2021/01/14 » ボルソナロ大統領は、大衆住宅建設"Minha Casa Minha Vida"に替わる“緑と黄色の家 Casa Verde e Amarela”プログラムにサイン (2021年1月12日付けエスタード紙)
2020/12/17 » Tenda社は来年上半期からプレハブ工場建設開始(2020年12月16日付けヴァロール紙)
2020/12/10 » 今年のセメント販売は前年比10.4%増加予想(2020年12月9日付けヴァロール紙)
2020/12/03 » 来年の建設業部門GDP伸び率は3.8%増加予想(2020年12月2日付けヴァロール紙)
2020/11/25 » 今年の住宅販売は前年比10%~15%増加予想(2020年11月24日付けヴァロール紙)
2020/11/19 » 大手不動産企業の第3四半期の純益は56%増加(2020年11月18日付けエスタード紙)
2020/10/27 » 今年9月のサンパウロ市の住宅販売は19.2%増加(2020年10月26日付けエスタード紙)
2020/10/14 » 今年第3四半期の不動産市場は急回復(2020年10月13日付けヴァロール紙)
2020/10/07 » 9月の不動産販売価格は2014年以降で最も上昇(2020年10月6日付けエスタード紙)
2020/08/26 » Casa Verde e Amarela(ブラジルシンボルカラー大衆住宅)プログラムは2024年までに160万家族に住宅提供(2020年8月25日付けヴァロール紙)
2020/07/08 » 今年6月のセメント販売は24.2%増加(2020年7月7日付けヴァロール紙)
2020/05/26 » 今年4月の新築住宅販売は前年同月比39%下落(2020年5月25日付けヴァロール紙)
2020/04/24 » 住宅建築業者は最低3,000レアル以上の受託販売割引キャンペーン開始
2020/04/24 » コロナウイルパンデミックはサンパウロの賃貸事務所や倉庫契約に足枷
2020/04/01 » 検疫隔離措置による需要減で建築資材業界が減産(2020年4月1日付けバロール紙)
2020/02/17 » 2022年まで不動産価格は年間二桁増加か
2020/01/14 » 建材メーカーでは今年の建材販売は前年比4.0%増加予想
2019/10/09 » 連邦貯蓄金庫は住宅クレジット金利を引下げ
2019/09/30 » 連邦政府は中間層向けリーディング住宅プログラム発表か
2019/09/11 » 連邦政府は経済活性化でFGTS資金を大衆住宅建設プログラムに投入

バックナンバー »