Câmara do Japão
Português
検索: OK
(508)

建設・不動産

検索期間を指定してください: OK
今年2月の新築住宅販売は前年同月比50%増加 2019/04/15

ブラジル資産調査会社(Embraesp)の調査によると、2019年2月のサンパウロ市内の新築住宅販売は前年同月比50.3%増加の2165軒を記録、今年の住宅ブームに可能性が出てきている。

またサンパウロ市内の今年初め2カ月間の新築住宅販売リリース軒数は、155.1%増加の870軒と不動産業界企業が加盟するサンパウロ不動産関連業者組合(Secovi-SP)の発表している。

2016年3月から今年2月末までのサンパウロ市内の新築住宅販売軒数やリリース軒数は1万9553軒に達し、住宅販売総額(VGV)は9億3250万レアルを記録している。

2寝室の販売は1385軒、リリース軒数は1万2132軒、そのうち45平方メートルのリリース軒数は9408軒、24万レアルまでの住宅販売が最多を記録。2月の過去12カ月間の新築住宅販売は前年同期比20.7%増加の3万587軒であった。(2019年4月15日付けヴァロール紙)



2019/04/15 » 今年2月の新築住宅販売は前年同月比50%増加
2019/04/09 » 今年3月の建材販売は前年同月比2.9%増加
2019/04/01 » 今年1月の過去12カ月間の不動産売買は二桁増加
2019/03/21 » 今年は中規模不動産会社が飛躍的成長か
2019/03/08 » 今年は7年ぶりに賃貸オフィスや倉庫が上昇サイクル入り
2019/02/25 » 昨年最終四半期の不動産会社の売上は好調に推移
2019/02/21 » 今年のサンパウロ市内の新築住宅販売は二桁増加予想
2019/02/13 » 建設業界は100万人の雇用に繋がるインフラ整備プロジェクト再開を要請
2019/02/01 » 2019年の住宅購入向けクレジットは過熱か
2019/01/17 » 昨年の建築資材販売は3年ぶりに増加に転じた
2018/11/29 » 建材販売活性化でジョイントベンチャー立上
2018/10/23 » 過去5年間の商業テナント賃料は42.5%下落
2018/09/28 » 住宅賃貸インフレ指数は10%増加にも関わらず、借り手市場で値上げ不可
2018/09/26 » 建設業界は51か月間連続で低調に推移
2018/09/05 » 過去3年半でインフレ指数を差引いた実質住宅価格は18%下落
2018/08/27 » 2014年以降の不動産差押物件は約7万軒に達している
2018/07/16 » 今年も建設業部門の回復目処立たず
2018/07/13 » 今年上半期のSP市の新築住宅販売リリース軒数は45%下落
2018/06/08 » ラヴァ・ジャット汚職問題の影響で2016年の建設業界では4,000社が倒産
2018/02/21 » 2017年のサンパウロ市内の新築住宅販売は46%増加

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

【会議所 トピックス】

Pdf労働ワーキンググループセミナー「労働組合と労使交渉」PDF資料

 

2019年上期の業種別部会長シンポジウムテープおこし記事掲

 

2019年上期の業種別部会長シンポジウムの発表資料(2月28日)
Pdf金融部会

Pdf貿易部会

Pdf機械金属部会

Pdf自動車部会

Pdfコンサルタント部会

Pdf化学品部会

Pdf電気電子部会

Pdf食品部会

Pdf運輸サービス部会

Pdf生活産業部会

Pdf全プレゼンテーション


 

Pdf最新版 サンパウロ市役所民営化案件リスト(2019年1月)

 


Pdf12月4日開催の「ブラジル通関入門 – 輸入取引」セミナー用資料

 

Pdf2019/2020年度 理事・監事 選挙結果(10月19日)

 

中南米ビジネスセミナー資料(10月9日)

Pdf「コロンビア最新経済・ビジネス概況」

Pdf「チリ最新経済・ビジネス概況」

Pdf「アルゼンチン最新経済・ビジネス概況」

Pdf「メキシコ最新経済・ビジネス概況」

Pdf「ペルー最新経済・ビジネス概況」

 

Pdfブラジル個人情報保護法  (日伯法律委員会 ( 藏掛忠明委員長)主催の「ブラジル個人情報保護法の概要セミナー」2018年9月11日)

Pdf『ブラジル労働改正法』セミナー (企業経営・地場企業推進委員会(鈴木ワグネル委員長)主催の2018年9月4日)

Pdf新移民法セミナー発表資料掲載(7月31日)

 

「ブラジル労働法のポイント」
(表紙クリックで内容表示)

 

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー