Câmara do Japão
Português
検索: OK
(508)

建設・不動産

検索期間を指定してください: OK
過去5年間の商業テナント賃料は42.5%下落 2018/10/23

ブラジル国内20都市の広告に掲載された販売価格を基準にまとめられる1平方メートル当たりの不動産価格動向を取り扱う「FipeZap」によると、2013年9月から今年9月までのインフレ指数を差引いた実質商業テナント賃料は42.5%下落、商業店舗価格は3.16%下落している。

過去3年間継続した経済リセッションから回復途上にあるにも関わらず、不透明な大統領選挙や5月末から11日間継続したトラック運転手の国道封鎖抗議デモによる不確定要素拡大の影響で、2018年9月の過去12カ月間のインフレ指数を差引いた実質商業テナント賃料並びに商業店舗販売価格は7.0%減少している。

9月のサンパウロ市並びにリオ市、ベロ・オリゾンテ市、ポルト・アレグレ市の小規模商業店舗の平均実質販売価格は0.54%減少したが、唯一ポルト・アレグレ市は0.13%微増に留まった。

また今年9月の上記4市の小規模商業店舗のインフレ指数を差引かない平均名目テナント賃料は0.57%減少しており、2013年から商業テナント賃料はインフレ指数を下回り続けている。

不動産部門は経済回復では一番最後に活性化するために、来年は販売価格やテナント賃料は下げ止まる可能性はあるが、不動産部門の活性化は見込めないと経済調査院(Fipe)エコノミストのブルーノ・オリヴェイラ氏は指摘している。

今年9月の上記4市の1平方メートル当たりの小規模商業店舗の平均販売価格は9,486レアル、平均テナント賃料は39.31レアル、リオ市は1万272レアル、サンパウロ市のテナント賃料は42.45レアルであった。

2014年以降の不動産向け投資の収益率は、銀行間預金証(CDI)の収益を下回っており、9月の過去12カ月間のCDIの収益率は6.7%であったが、テナント賃料の収益は僅か1.8%に留まっている。(2018年10月23日付けエスタード紙)

 



2019/10/09 » 連邦貯蓄金庫は住宅クレジット金利を引下げ
2019/09/30 » 連邦政府は中間層向けリーディング住宅プログラム発表か
2019/09/11 » 連邦政府は経済活性化でFGTS資金を大衆住宅建設プログラムに投入
2019/09/10 » 連邦政府はFGTSの住宅建設資金の独占廃止を検討
2019/09/06 » 今年のセメント販売は年初予想を上回る3.4%増加か
2019/06/06 » 連邦貯蓄金庫は住宅クレジット金利を引き下げ
2019/06/03 » 今年第1四半期のサンパウロ市の住宅売買件数は二桁増加
2019/05/29 » 今年第1四半期の住宅販売件数は前年同期比9.7%増加
2019/04/15 » 今年2月の新築住宅販売は前年同月比50%増加
2019/04/09 » 今年3月の建材販売は前年同月比2.9%増加
2019/04/01 » 今年1月の過去12カ月間の不動産売買は二桁増加
2019/03/21 » 今年は中規模不動産会社が飛躍的成長か
2019/03/08 » 今年は7年ぶりに賃貸オフィスや倉庫が上昇サイクル入り
2019/02/25 » 昨年最終四半期の不動産会社の売上は好調に推移
2019/02/21 » 今年のサンパウロ市内の新築住宅販売は二桁増加予想
2019/02/13 » 建設業界は100万人の雇用に繋がるインフラ整備プロジェクト再開を要請
2019/02/01 » 2019年の住宅購入向けクレジットは過熱か
2019/01/17 » 昨年の建築資材販売は3年ぶりに増加に転じた
2018/11/29 » 建材販売活性化でジョイントベンチャー立上
2018/10/23 » 過去5年間の商業テナント賃料は42.5%下落

バックナンバー »