Câmara do Japão
Português
検索: OK
(508)

建設・不動産

検索期間を指定してください: OK
過去3年半でインフレ指数を差引いた実質住宅価格は18%下落 2018/09/05

ブラジル国内20都市の広告に掲載された販売価格を基準にまとめられる1平方メートル当たりの不動産価格動向を取り扱う「FipeZap」によると、3年弱続いた経済リセッション並びに失業率増加、実質賃金減少、住宅ローン向けクレジット縮小などの要因で、住宅ブーム終焉で過去3年半以上に亘って住宅価格の減少が継続している。

2018年の経済回復も予想を下回っているために、一般消費者はこれ以上の負債を避けるために住宅購入を控えており、過去3年半にわたってインフレ指数を差引いた実質住宅価格は18.0%と大幅下落している。

2014年からの経済リセッションに伴って、2015年1月の住宅価格が50万レアルであった住宅は、今年8月には18.2%減少の40万8,800レアルまで下落。今年初め8か月間の実質住宅価格は、不透明な大統領選挙が拍車をかけて3.14%減少している。

2014年~2015年にかけての新築住宅販売のうち返済不能による新築住宅返済率は、41.0%に達していたと不動産業界に新規参入したFitch社の不動産部門責任者は指摘している。

経済リセッション前は、住宅ブームの影響で住宅価格は高止まりしていたものの、今では7.0%~10.0%の値引き販売を余儀なくされていると大手不動産会社Lello社のイゴール・フレイレ取締役は説明している。

過去数カ月間のサンパウロ市内で販売した住宅150軒の平均割引率は9.0%、高級住宅の平均割引率は15.0%に達すると大手不動産会社Lopes社のマテウス・ファブリシオ専務は説明している。

今年8月の大都市の1平方メートル当たりの平均住宅価格比較では、リオ市は9,494レアルで最高価格、サンパウロ市8,796レアル、ブラジリア市7,788レアル、リオ州ニテロイ市7,122レアル、フロリアノポリス市6,825レアルとなっている。

前記同様にミナス州都ベロ・オリゾンテ市は6,405レアル、サンパウロ州サン・カエターノ・ド・スール市6,043レアル、レシーフェ市5,925レアル、フォルタレーザ市5,843レアル、エスピリット・サント州都のヴィトリア市は5,777レアルとなっている。(2018年9月5日付けエスタード紙)

 



2020/07/08 » 今年6月のセメント販売は24.2%増加(2020年7月7日付けヴァロール紙)
2020/05/26 » 今年4月の新築住宅販売は前年同月比39%下落(2020年5月25日付けヴァロール紙)
2020/04/24 » 住宅建築業者は最低3,000レアル以上の受託販売割引キャンペーン開始
2020/04/24 » コロナウイルパンデミックはサンパウロの賃貸事務所や倉庫契約に足枷
2020/04/01 » 検疫隔離措置による需要減で建築資材業界が減産(2020年4月1日付けバロール紙)
2020/02/17 » 2022年まで不動産価格は年間二桁増加か
2020/01/14 » 建材メーカーでは今年の建材販売は前年比4.0%増加予想
2019/10/09 » 連邦貯蓄金庫は住宅クレジット金利を引下げ
2019/09/30 » 連邦政府は中間層向けリーディング住宅プログラム発表か
2019/09/11 » 連邦政府は経済活性化でFGTS資金を大衆住宅建設プログラムに投入
2019/09/10 » 連邦政府はFGTSの住宅建設資金の独占廃止を検討
2019/09/06 » 今年のセメント販売は年初予想を上回る3.4%増加か
2019/06/06 » 連邦貯蓄金庫は住宅クレジット金利を引き下げ
2019/06/03 » 今年第1四半期のサンパウロ市の住宅売買件数は二桁増加
2019/05/29 » 今年第1四半期の住宅販売件数は前年同期比9.7%増加
2019/04/15 » 今年2月の新築住宅販売は前年同月比50%増加
2019/04/09 » 今年3月の建材販売は前年同月比2.9%増加
2019/04/01 » 今年1月の過去12カ月間の不動産売買は二桁増加
2019/03/21 » 今年は中規模不動産会社が飛躍的成長か
2019/03/08 » 今年は7年ぶりに賃貸オフィスや倉庫が上昇サイクル入り

バックナンバー »