Câmara do Japão
Português
検索: OK
(508)

建設・不動産

検索期間を指定してください: OK
2018年の住宅向けクレジットは前年比15%増加予想 2018/01/31

ブラジル貯蓄・不動産信用機関協会(Abecip)では、2018年の住宅購入向けクレジット総額は、コントロールされているインフレ、大幅に銀行金利の低下、一般消費者の景況感改善に伴って、前年の1,010億レアルよりも15.0%増加の1,160億レアルに達すると予想している。

過去3年間の住宅購入向けクレジット総額は前年割れを継続していたものの、今年の住宅購入向けクレジット総額予想116億レアルは、2015年に記録した1,280億レアルに次ぐクレジット総額が予想されている。

ブラジル貯蓄貸付システム(SBPE)による今年の住宅購入向けクレジット総額は、前年比10%増加の480億レアルを予想、また金利が最も低い勤続期間保障基金(FGTS)の住宅購入向けクレジット総額は、前年比19.0%増加の690億レアルを見込んでいる。

今年の住宅購入向けクレジットは、インフレ再燃の可能性がなく、過去最低水準の住宅購入向けクレジット金利、景気回復に伴う失業率の低下などの要因で、一般消費者の住宅購買意欲が上昇傾向になってきているとブラジル貯蓄・不動産信用機関協会(Abecip)のジルベルト・アブレウ会長は、楽観視している。

2017年のブラジル貯蓄貸付システム(SBPE)による住宅購入向けクレジット総額は、前年比7.4%減少の430億レアルに留まっていた。また昨年の勤続期間保障基金(FGTS)の住宅購入向けクレジット総額は、前年比12.2%と大幅減少の1,150億レアルであった。(2018年1月31日付けエスタード紙)

 



2018/09/28 » 住宅賃貸インフレ指数は10%増加にも関わらず、借り手市場で値上げ不可
2018/09/26 » 建設業界は51か月間連続で低調に推移
2018/09/05 » 過去3年半でインフレ指数を差引いた実質住宅価格は18%下落
2018/08/27 » 2014年以降の不動産差押物件は約7万軒に達している
2018/07/16 » 今年も建設業部門の回復目処立たず
2018/07/13 » 今年上半期のSP市の新築住宅販売リリース軒数は45%下落
2018/06/08 » ラヴァ・ジャット汚職問題の影響で2016年の建設業界では4,000社が倒産
2018/02/21 » 2017年のサンパウロ市内の新築住宅販売は46%増加
2018/01/31 » 2018年の住宅向けクレジットは前年比15%増加予想
2017/11/29 » 2008年~2017年の新築住宅販売リリース軒数は630万軒
2017/11/23 » 今年9月のサンパウロ市の新規住宅在庫が21.5%減少
2017/11/08 » 連邦貯蓄金庫は大衆住宅向けクレジットに87億レアル確保
2017/11/07 » 金利減少並びに景況感上昇で住宅販売が活性化
2017/10/11 » 8月の住宅販売は前月比20.8%上昇
2017/08/04 » 過去2年半で住宅価格は14%下落
2017/07/11 » 2017年の建材販売は前年比5.0%減少の1,600億レアルに下方修正
2017/06/27 » 今年のセメント販売は前年比マイナス7.0%予想
2017/06/06 » ラヴァ・ジャット作戦関連汚職問題で中規模ゼネコンが躍進
2017/04/05 » 不動産業界関係者は業界の回復兆しを強調
2017/02/06 » 大衆住宅建設プログラム住宅の50%に欠陥

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

【会議所 トピックス】
 

中南米ビジネスセミナー資料(10月9日)

Pdf「コロンビア最新経済・ビジネス概況」

Pdf「チリ最新経済・ビジネス概況」

Pdf「アルゼンチン最新経済・ビジネス概況」

Pdf「メキシコ最新経済・ビジネス概況」

Pdf「ペルー最新経済・ビジネス概況」

 

Pdfブラジル個人情報保護法  (日伯法律委員会 ( 藏掛忠明委員長)主催の「ブラジル個人情報保護法の概要セミナー」2018年9月11日)

Pdf『ブラジル労働改正法』セミナー (企業経営・地場企業推進委員会(鈴木ワグネル委員長)主催の2018年9月4日)

Pdf新移民法セミナー発表資料掲載(7月31日)

 

「ブラジル労働法のポイント」
(表紙クリックで内容表示)

 

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー