Câmara do Japão
Português
検索: OK
(508)

建設・不動産

検索期間を指定してください: OK
2008年~2017年の新築住宅販売リリース軒数は630万軒 2017/11/29

ブラジル不動産・建設業者組合(Abrainc)並びに不動産価格動向を取り扱う「FipeZap」社の共同調査によると、2008年~2017年8月までの住宅並びに商業施設向け新築住宅販売リリース軒数は、630万軒に達していると発表している。

2008年~2017年8月までの新築住宅販売リリース軒数の77.8%は、ジウマ政権から開始された経済成長加速プログラム(PAC)の大衆住宅建設“私の家、私の暮らし”プログラム向けの住宅であった。

77.8%を占めた経済成長加速プログラム(PAC)の大衆住宅建設“私の家、私の暮らし”プログラム向け住宅以外では、中産階級以上向けの住宅が20.7%を占め、商業施設向けは1.6%を占めていた。

今年初め8か月間の新築住宅販売リリース軒数は30万7,000軒に留まっているが、2013年の住宅ブーム時には100万軒を突破、2014年の雇用は250万人、2010年~2017年の平均雇用は190万人が見込まれている。

2010年~2017年8月までの建設・不動産業界からの年間平均歳入は197億レアル、累計歳入総額は1,574億レアル、2014年までは住宅建設ブームで直接雇用・間接雇用ともに拡大していたと「FipeZap」社エコノミストのEduardo Zylberstajn氏は説明している。

2018年のブラジルの建設・不動産業界の活性化は、年金・恩給改革に左右されるとブラジル不動産・建設業者組合(Abrainc)のルイス・アントニオ・フランサ会長は指摘している。(2017年11月29日付けヴァロール紙)

 



2019/10/09 » 連邦貯蓄金庫は住宅クレジット金利を引下げ
2019/09/30 » 連邦政府は中間層向けリーディング住宅プログラム発表か
2019/09/11 » 連邦政府は経済活性化でFGTS資金を大衆住宅建設プログラムに投入
2019/09/10 » 連邦政府はFGTSの住宅建設資金の独占廃止を検討
2019/09/06 » 今年のセメント販売は年初予想を上回る3.4%増加か
2019/06/06 » 連邦貯蓄金庫は住宅クレジット金利を引き下げ
2019/06/03 » 今年第1四半期のサンパウロ市の住宅売買件数は二桁増加
2019/05/29 » 今年第1四半期の住宅販売件数は前年同期比9.7%増加
2019/04/15 » 今年2月の新築住宅販売は前年同月比50%増加
2019/04/09 » 今年3月の建材販売は前年同月比2.9%増加
2019/04/01 » 今年1月の過去12カ月間の不動産売買は二桁増加
2019/03/21 » 今年は中規模不動産会社が飛躍的成長か
2019/03/08 » 今年は7年ぶりに賃貸オフィスや倉庫が上昇サイクル入り
2019/02/25 » 昨年最終四半期の不動産会社の売上は好調に推移
2019/02/21 » 今年のサンパウロ市内の新築住宅販売は二桁増加予想
2019/02/13 » 建設業界は100万人の雇用に繋がるインフラ整備プロジェクト再開を要請
2019/02/01 » 2019年の住宅購入向けクレジットは過熱か
2019/01/17 » 昨年の建築資材販売は3年ぶりに増加に転じた
2018/11/29 » 建材販売活性化でジョイントベンチャー立上
2018/10/23 » 過去5年間の商業テナント賃料は42.5%下落

バックナンバー »