Câmara do Japão
Português
検索: OK
(508)

建設・不動産

検索期間を指定してください: OK
ラヴァ・ジャット作戦関連汚職問題で中規模ゼネコンが躍進 2017/06/06

2014年3月に発覚した連邦警察のペトロブラス石油公社関連ラヴァ・ジャット作戦汚職問題による公共事業プロジェクト停止や新規インフラ事業取消などの影響で、ブラジルの大半のゼネコン大手企業が資金調達や負債増加に直面して経営が圧迫されている。

ラヴァ・ジャット作戦による汚職発覚で社会経済開発銀行(BNDES)では、オデブレヒト社並びにカマルゴ・コレア社、OAS社、アンドラーデ・グッチエレス社、ケイロース・ガルボン社の25プロジェクト向けサービス輸出クレジットを停止している。

ラヴァ・ジャット作戦による汚職発覚前は、インフラ整備事業の大半は大手ゼネコンが独占していたが、ラヴァ・ジャット作戦汚職事件発覚後の中堅ゼネコンのRacional Engenharia社は、大手ゼネコンに替わってコンフィンス空港の建設工事を請け負っており、またフロリアノポリス空港運営権を落札したコンソーシアムのスイス資本Zurich Airportの建設工事を請け負っている。

また中堅建設会社Toniolo Busnelo社の2015年売上は、前年比18%増加の7億2,000万レアルで国内建設会社ランキングでは9位に躍進、サンパウロ市環状道路工事や鉱山関係の建設工事を請け負っており、昨年の売上は6億8,000万レアルを維持している。

連邦政府は財政再建政策の優先しているために、公共工事は軒並み先送りしている上に、商業銀行によるクレジット縮小で中堅ゼネコンにとっても事業継続は非常に困難をきたしている。

運輸省輸送インフラ局(Dnit)による公共工事の請負企業として、今まで名前の知られていなかったCastilho社並びに Sanches Tripoloni社、 S.A,Paulista社、 Empa社、 Cetenco社がリスト入りしている。

しかし過去数年前までは輸送インフラ局(Dnit)による公共工事の請負企業として、オデブレヒト社並びにカマルゴ・コレア社、ケイロース・ガルボン社、アンドラーデ・グッチエレス社が上位を占めていた。

現在のサンパウロ市地下鉄工事を請け負っている企業の中には、中堅ゼネコンも含まれており、地下鉄4号線を請け負っているのは、契約解除されたスペイン資本Isolux社に替わって、コンソーシアムを形成しているTiisa社並びにスペイン資本 Comsa社が請け負っている。

Tiisa社並びにスペイン資本 Comsaが請け負っている工事区間は、Higienopolis駅と Mackenzie駅、 São Paulo駅と Morumbi駅、 Vila Sõnia駅で、投資総額は8億5,800万レアルとなっている。(2017年6月6日付けエスタード紙)

 



2019/06/06 » 連邦貯蓄金庫は住宅クレジット金利を引き下げ
2019/06/03 » 今年第1四半期のサンパウロ市の住宅売買件数は二桁増加
2019/05/29 » 今年第1四半期の住宅販売件数は前年同期比9.7%増加
2019/04/15 » 今年2月の新築住宅販売は前年同月比50%増加
2019/04/09 » 今年3月の建材販売は前年同月比2.9%増加
2019/04/01 » 今年1月の過去12カ月間の不動産売買は二桁増加
2019/03/21 » 今年は中規模不動産会社が飛躍的成長か
2019/03/08 » 今年は7年ぶりに賃貸オフィスや倉庫が上昇サイクル入り
2019/02/25 » 昨年最終四半期の不動産会社の売上は好調に推移
2019/02/21 » 今年のサンパウロ市内の新築住宅販売は二桁増加予想
2019/02/13 » 建設業界は100万人の雇用に繋がるインフラ整備プロジェクト再開を要請
2019/02/01 » 2019年の住宅購入向けクレジットは過熱か
2019/01/17 » 昨年の建築資材販売は3年ぶりに増加に転じた
2018/11/29 » 建材販売活性化でジョイントベンチャー立上
2018/10/23 » 過去5年間の商業テナント賃料は42.5%下落
2018/09/28 » 住宅賃貸インフレ指数は10%増加にも関わらず、借り手市場で値上げ不可
2018/09/26 » 建設業界は51か月間連続で低調に推移
2018/09/05 » 過去3年半でインフレ指数を差引いた実質住宅価格は18%下落
2018/08/27 » 2014年以降の不動産差押物件は約7万軒に達している
2018/07/16 » 今年も建設業部門の回復目処立たず

バックナンバー »