Câmara do Japão
Português
検索: OK
(508)

建設・不動産

検索期間を指定してください: OK
9月のサンパウロ市の新築住宅販売は50%下落 2015/11/11

不動産業界の企業が加盟するサンパウロ不動産関連業者組合(Secovi-SP)の発表によると、9月のサンパウロ市内の新築住宅販売は、前年同月比50.1%減少の1,392軒に留まっている。

9月のサンパウロ市内の新築住宅販売は前年同月比50.1%減少と下落した要因として、昨年のワールドカップ開催中の新築住宅販売減少の影響で9月から年末にかけて新築住宅販売が2,787軒と大幅に増加していた。

しかし今年初め9か月間の新築住宅販売は前年同期比4.7%減少の1万3,698軒と統計を取り始めた2004年以降では最低の販売件数を記録、また前月比でも13.3%と大幅に減少して経済リセッションの影響による住宅ブーム衰退が明らかとなっている。

2013年末まではブラジル全土で住宅ブームを謳歌していたにも関わらず、昨年から経済停滞の影響を受けて新築住宅販売は不振に陥っているとサンパウロ不動産関連業者組合チーフエコノミストのセルソ・ペトルシ氏は説明している。

ブラジル資産調査会社(Embraesp)の発表によると、9月のサンパウロ市内の新築住宅販売リリース軒数は前年同月比74.3%減少の1,057軒、前月比でも39.9%減少、今年初め9か月間でも過去最低並みのリリース軒数を記録している。

またブラジル貯蓄・不動産信用機関協会(Abecip)の発表によると、今年初め9か月間の新築住宅購入向けクレジット枠は、前年同期比25.3%減少の620億レアルに留まっている。

ブラジルは未だに経済リセッションからの脱出の見通しが不透明で失業率の増加や住宅セクターを含むすべての製造部門やサービス部門の景況感悪化で、新築住宅購入を控える傾向に陥っていると経済調査財団(Fipe)の調査員Eduardo Zylberstajn氏は説明している。

また新築住宅購入向けクレジット供給は主にポウパンサ預金に依存しているにも関わらず、今年はすでに570億レアルのポウパンサ預金が引き出されており、住宅クレジット供給に支障をきたしている。(2015年11月11日付けエスタード紙)



2019/06/06 » 連邦貯蓄金庫は住宅クレジット金利を引き下げ
2019/06/03 » 今年第1四半期のサンパウロ市の住宅売買件数は二桁増加
2019/05/29 » 今年第1四半期の住宅販売件数は前年同期比9.7%増加
2019/04/15 » 今年2月の新築住宅販売は前年同月比50%増加
2019/04/09 » 今年3月の建材販売は前年同月比2.9%増加
2019/04/01 » 今年1月の過去12カ月間の不動産売買は二桁増加
2019/03/21 » 今年は中規模不動産会社が飛躍的成長か
2019/03/08 » 今年は7年ぶりに賃貸オフィスや倉庫が上昇サイクル入り
2019/02/25 » 昨年最終四半期の不動産会社の売上は好調に推移
2019/02/21 » 今年のサンパウロ市内の新築住宅販売は二桁増加予想
2019/02/13 » 建設業界は100万人の雇用に繋がるインフラ整備プロジェクト再開を要請
2019/02/01 » 2019年の住宅購入向けクレジットは過熱か
2019/01/17 » 昨年の建築資材販売は3年ぶりに増加に転じた
2018/11/29 » 建材販売活性化でジョイントベンチャー立上
2018/10/23 » 過去5年間の商業テナント賃料は42.5%下落
2018/09/28 » 住宅賃貸インフレ指数は10%増加にも関わらず、借り手市場で値上げ不可
2018/09/26 » 建設業界は51か月間連続で低調に推移
2018/09/05 » 過去3年半でインフレ指数を差引いた実質住宅価格は18%下落
2018/08/27 » 2014年以降の不動産差押物件は約7万軒に達している
2018/07/16 » 今年も建設業部門の回復目処立たず

バックナンバー »