Câmara do Japão
Português
検索: OK
(508)

建設・不動産

検索期間を指定してください: OK
ゼネコン大手のカマルゴ・コレア社は課徴金支払いで自社資産売却 2015/10/05

ラヴァ・ジャット作戦による国庫庁への賠償金や罰金支払いによるゼネコン大手カマルゴ・コレアグループの課徴金支出総額は、7億レアルに達すると予想されている。

談合やカルテルにかかわった企業であっても、公正取引委員会などの立ち入り調査や捜索前に証拠や書類をそろえて自己申告すれば、課徴金や刑事告発を免除または減額されるリニエンシー(leniency)制度をカマルゴ・コレアグループは、告発されている他の22社とともに申し出ている。

カマルゴ・コレアグループは、課徴金支払い調達のためにHavaianasブランドを擁するグループ傘下のAlpargatas社、セメント大手の InterCement社 、電力エネルギーのCPFL 社などの株式放出を検討している。

カマルゴ・コレアグループが100%の株式を独占しているセメント大手InterCement社の資産は、カマルゴ・コレアグループ売上の31.2%に相当、また同カマルゴ・コレアの建設・エンジニアリング部門は24.2%を占めている。

23.6%の株式を所有している電力エネルギーコンセッションCPFL社は同グループ売上の16.2%を占めており、また履物・衣類セクターのAlpargatas社の44.12%を占める時価総額は同グループ売上の14.2%に匹敵する。

また高速道路コンセッションCCRの17.0%の株式は同グループ売り上げの4.8%に匹敵、Atlantico Sul造船の33.3%の株式は同グループ売り上げの3.3%、不動産投資セクターは同グループ売り上げの2.0%を占めている。

カマルゴ・コレア社はセバスティアン・カマルゴ氏(Sebastiao Camargo)によって1939年に設立、国家プロジェクトのブラジリア首都建設などに多岐にわたる国家プロジェクトに参加して不動の地位を確立したが、現在のグループの負債総額は157億レアルに達している。

課徴金支出総額7億レアル以外にも、InterCement社は日本の公正取引委員会に相当する経済防衛行政審議会(Cade)からブラジル国内のセメント業界は寡占状態にある同一業種の企業が競争を避けて利益を確保するため、価格・生産量・販路などについて協定を結ぶカルテルを形成していたと指摘され、2億4,170万レアルの罰金をかけられている。(2015年10月5日付けエスタード紙)



2019/10/09 » 連邦貯蓄金庫は住宅クレジット金利を引下げ
2019/09/30 » 連邦政府は中間層向けリーディング住宅プログラム発表か
2019/09/11 » 連邦政府は経済活性化でFGTS資金を大衆住宅建設プログラムに投入
2019/09/10 » 連邦政府はFGTSの住宅建設資金の独占廃止を検討
2019/09/06 » 今年のセメント販売は年初予想を上回る3.4%増加か
2019/06/06 » 連邦貯蓄金庫は住宅クレジット金利を引き下げ
2019/06/03 » 今年第1四半期のサンパウロ市の住宅売買件数は二桁増加
2019/05/29 » 今年第1四半期の住宅販売件数は前年同期比9.7%増加
2019/04/15 » 今年2月の新築住宅販売は前年同月比50%増加
2019/04/09 » 今年3月の建材販売は前年同月比2.9%増加
2019/04/01 » 今年1月の過去12カ月間の不動産売買は二桁増加
2019/03/21 » 今年は中規模不動産会社が飛躍的成長か
2019/03/08 » 今年は7年ぶりに賃貸オフィスや倉庫が上昇サイクル入り
2019/02/25 » 昨年最終四半期の不動産会社の売上は好調に推移
2019/02/21 » 今年のサンパウロ市内の新築住宅販売は二桁増加予想
2019/02/13 » 建設業界は100万人の雇用に繋がるインフラ整備プロジェクト再開を要請
2019/02/01 » 2019年の住宅購入向けクレジットは過熱か
2019/01/17 » 昨年の建築資材販売は3年ぶりに増加に転じた
2018/11/29 » 建材販売活性化でジョイントベンチャー立上
2018/10/23 » 過去5年間の商業テナント賃料は42.5%下落

バックナンバー »