Câmara do Japão
Português
検索: OK
(508)

建設・不動産

検索期間を指定してください: OK
5月の住宅価格は0.9%増加に留まる 2012/06/05

5月の6大都市圏並びに連邦直轄地ブラジリア市の1平方メートル当たりの住宅価格は0.9%増加に留まって、経済調査院(Fipe)が調査を開始した2010年9月からでは最も小さな伸び率に留まっている。

低い失業率並びにインフレを上回る実質賃金の上昇、低金利で長期返済型の住宅クレジットの拡大などで、過去数年間に亘って住宅ブームが継続していたために、住宅価格の上昇が続いていた。

5月の住宅価格は、調査対象の7都市圏のうち3都市圏でインフレ指数を下回る伸び率に留まり、4月のサルバドール市の住宅価格はマイナス0.6%、5月はマイナス1.3%と2カ月連続で低下している。

しかし、5月のベロ・オリゾンテ市の住宅価格は0.43%、ブラジリア市も0.46%とそれぞれ増加、5月のサンパウロ市の住宅価格は1.2%増加、今年5カ月間では6.3%増加しているにも関わらず、昨年同期の12%の値上がりの半分に低下している。

7都市圏の1平方メートル当たりの平均住宅価格は6,594レアル、最も高いのはブラジリア市の8,254レアル、リオ市が7,991レアルで2位、サンパウロ市は6,448レアル、最も住宅価格が低かったのはサルバドール市の3,618レアルであった。(2012年6月5日付けエスタード紙)


 



2019/06/06 » 連邦貯蓄金庫は住宅クレジット金利を引き下げ
2019/06/03 » 今年第1四半期のサンパウロ市の住宅売買件数は二桁増加
2019/05/29 » 今年第1四半期の住宅販売件数は前年同期比9.7%増加
2019/04/15 » 今年2月の新築住宅販売は前年同月比50%増加
2019/04/09 » 今年3月の建材販売は前年同月比2.9%増加
2019/04/01 » 今年1月の過去12カ月間の不動産売買は二桁増加
2019/03/21 » 今年は中規模不動産会社が飛躍的成長か
2019/03/08 » 今年は7年ぶりに賃貸オフィスや倉庫が上昇サイクル入り
2019/02/25 » 昨年最終四半期の不動産会社の売上は好調に推移
2019/02/21 » 今年のサンパウロ市内の新築住宅販売は二桁増加予想
2019/02/13 » 建設業界は100万人の雇用に繋がるインフラ整備プロジェクト再開を要請
2019/02/01 » 2019年の住宅購入向けクレジットは過熱か
2019/01/17 » 昨年の建築資材販売は3年ぶりに増加に転じた
2018/11/29 » 建材販売活性化でジョイントベンチャー立上
2018/10/23 » 過去5年間の商業テナント賃料は42.5%下落
2018/09/28 » 住宅賃貸インフレ指数は10%増加にも関わらず、借り手市場で値上げ不可
2018/09/26 » 建設業界は51か月間連続で低調に推移
2018/09/05 » 過去3年半でインフレ指数を差引いた実質住宅価格は18%下落
2018/08/27 » 2014年以降の不動産差押物件は約7万軒に達している
2018/07/16 » 今年も建設業部門の回復目処立たず

バックナンバー »