Câmara do Japão
Português
検索: OK

商業

検索期間を指定してください: OK
パン・デ・アスーカルとカルフールの合併でサンパウロ州内のマーケットシェアは69%に達する 2011/07/04

ブラジル・スーパーマーケット協会(Abras)のニールセン社に依頼した調査によると昨年のブラジルのスーパー業界の売上は2,016億レアル、そのうちサンパウロ州内の売上は613億レアル、パン・デ・アスーカル社とカルフール社の売上は651億レアルとなっている。

そのうち両社のサンパウロ州内の売上合計は426億レアルで69%と寡占状態にあり、また合併によりさらにマーケットシェアが拡大すると予想されており、競合スーパーでは買収・合併などを余儀なくされる。

両社の合併で事業が重なるロジスティック部門の人事部などでは人員削減が余儀なくされるが、合併によるシナジー効果は18億レアルが見込まれている。

また両社のスーパーが重なる地点での店舗閉鎖など小売業界の合併では平均売上が5%減少、しかし供給業者との価格交渉は圧倒的に優位になるために、食品メーカーは収益性の減少を余儀なくされる。

全ての大手スーパーは食品大手でブランドが消費者に浸透しているサジア社やペルジガン社の品揃えは不可欠であるが、今後はパン・デ・アスーカル社とカルフール社との同じ製品の卸売価格で不利に立たされる。(2011年7月3日付けエスタード紙)。


 



2020/08/13 » 6月の小売販売はスーパーマーケット下牽引して8.0%増加(2020年8月12日付けエスタード紙)
2020/08/12 » 600レアルの緊急補助金支給は小売販売の売上減少に歯止め(2020年8月11日付けエスタード紙)
2020/08/11 » メルカードリブレ社の第2四半期のブラジル国内の純益は前年同期比61%増加(2020年8月10日付けヴァロール紙)
2020/07/09 » 今年5月の一般小売販売は前月比二桁増加の13.9%急増(2020年7月8日付けのヴァロール紙)
2020/07/06 » 6月の1日平均の電子インボイス発行は、前月比15.6%増加の239億レアルを記録(2020年7月5日付けエスタード紙)
2020/06/30 » COVID-19パンデミックで書籍販売はオンライン販売限定で大幅減少も5月中旬以降は僅かに回復傾向(2020年6月29日付けヴァロール紙)
2020/06/24 » ショッピングセンターの売上は68.7%減少の最悪期は過ぎたか(2020年6月23日付けエスタード紙)
2020/06/17 » 4月の一般小売販売量は前月比マイナス16.8%で過去最悪の落込み幅を記録(2020年6月16日付けヴァロール紙/ブラジル地理統計院(IBGE)サイトから抜粋)
2020/06/12 » パンデミック90日間のインターネット販売は71%増加(2020年6月11日付けヴァロール紙)
2020/06/04 » サンパウロ市の恋人の日の小売販売は前年比33%減少予想(2020年6月3日付けエスタード紙)
2020/05/14 » 今年3月の一般小売販売はスーパーマーケットの通常営業にも拘らず、前月比マイナス2.5%の落込みを記録(2020年5月13日付けエスタード紙)
2020/05/11 » Via Varejo社並びにCentauro社はキャッシュフロー強化のため増資で資金調達 (2020年5月11日付けエスタード紙)
2020/05/07 » メルカードリブレはEコマースに拍車をかけ、ブラジルのスーパー業界に参入(2020年5月6日付けヴァロールエコノミコ紙)
2020/04/30 » 下落傾向だった電化製品の販売が2020年4月第3週に入って2%拡大(2020年4月30日付けバロール紙)
2020/04/29 » 2020年4月のICSでサービス業にもパンデミック禍が直撃していることが判明し第2四半期のGDPにも赤信号(2020年4月29日付けバロール紙)
2020/04/27 » サンゴバンが2020年の業績を下方修正し前年比-15%も想定(2020年4月27日付けバロール紙)
2020/04/27 » ポストパンデミックで低廉な中国製品が国際市場を席巻しかねないと工業が政府に懸念を伝達(2020年4月27日付けバロール紙)
2020/04/24 » COVID-19パンデミックにも拘らず、ブラジル国内の43ショッピングセンターが部分的営業再開
2020/04/23 » 新型コロナウイルスのパンデミック終結後もテレワーク業態が定着へ(2020年4月23日付けバロール紙)
2020/04/23 » 機械・設備業界の50社が肺換気装置を製造するなどパンデミック対策を推進(2020年4月23日付けバロール紙)

バックナンバー »