Câmara do Japão
Português
検索: OK

商業

検索期間を指定してください: OK
パン・デ・アスーカルとカルフールの合併でサンパウロ州内のマーケットシェアは69%に達する 2011/07/04

ブラジル・スーパーマーケット協会(Abras)のニールセン社に依頼した調査によると昨年のブラジルのスーパー業界の売上は2,016億レアル、そのうちサンパウロ州内の売上は613億レアル、パン・デ・アスーカル社とカルフール社の売上は651億レアルとなっている。

そのうち両社のサンパウロ州内の売上合計は426億レアルで69%と寡占状態にあり、また合併によりさらにマーケットシェアが拡大すると予想されており、競合スーパーでは買収・合併などを余儀なくされる。

両社の合併で事業が重なるロジスティック部門の人事部などでは人員削減が余儀なくされるが、合併によるシナジー効果は18億レアルが見込まれている。

また両社のスーパーが重なる地点での店舗閉鎖など小売業界の合併では平均売上が5%減少、しかし供給業者との価格交渉は圧倒的に優位になるために、食品メーカーは収益性の減少を余儀なくされる。

全ての大手スーパーは食品大手でブランドが消費者に浸透しているサジア社やペルジガン社の品揃えは不可欠であるが、今後はパン・デ・アスーカル社とカルフール社との同じ製品の卸売価格で不利に立たされる。(2011年7月3日付けエスタード紙)。


 



2019/07/12 » 5月の一般小売販売は食料品価格上昇で低迷
2019/06/17 » マガジン・ルイーザ社がNetshoes社を4億5,000万レアルで買収
2019/06/13 » 今年4月の小売販売は前月比マイナス0.6%
2019/05/27 » 今年第1四半期の小売販売は閉店が開店を上回った
2019/05/10 » 今年3月の小売販売は前月比0.3%増加
2019/04/15 » 今年初め2カ月間の一般消費は5.2%下落
2019/04/10 » 今年2月の一般小売販売は前月並みで浮上せず
2019/03/18 » 過去3年間で25%の有名ブランド撤退
2019/03/14 » 今年1月の一般小売販売は0.4%増加に留まる
2019/03/08 » 今年のEコマースは前年比15.0%増加予想
2019/02/19 » 小売販売が経済リセッション前の水準に戻るには2020年か
2019/02/14 » 2018年の小売販売は前年比2.3%増加
2019/01/16 » 昨年11月の小売販売は2000年以降では最高記録
2018/11/26 » ブラックフライデーの不正割引宣伝がトップ
2018/11/21 » 今年のブラックフライディー商戦は32億7,000万レアル予想
2018/11/14 » 今年9月の小売販売はPIS/ PASEP引出減少でマイナス1.3%に落込む
2018/09/14 » 今年7月の小売販売は予想に反してマイナスを記録
2018/08/13 » 2018年6月の小売販売は2カ月連続で前月比割れ
2018/07/24 » 日系二世のドラッグストアチェーンが急拡大
2018/07/13 » 6月の小売販売はトラック運転手抗議デモの影響を引きずっている

バックナンバー »