Câmara do Japão
Português
検索: OK

商業

検索期間を指定してください: OK
ブラジルの小売3社が世界ランク250社に入る 2010/01/26

米国の小売業界の雑誌"Stores"の1月号の2008年の世界小売ランキング250社のうちでブラジルのパン・デ・アスーカル社が92位、カーザス・バイア社131位並びにロージャス・アメリカーナス社が200位と3社がランキング入りした。

世界トップ250社の売上総額は前年比5.5%増加の3兆8,000億ドル、上位10社の売上総額は1兆2,000億ドルと前年の全体の29.6%から30.2%と占有率が上昇している。

世界の小売の売上トップはウオ-ル・マート4,012億ドルで2000年から継続して世界トップを維持、2位は1,279億ドルのカーレフ-ル、3位はドイツのメトロで990億ドル、4位には英国資本のテスコで962億ドルとなっている。

5位は売上を799億ドルまで伸ばしたドイツのSchwarzグループ、6位は760億ドルの米国のThe Kroger、7位には売上が712億ドルに減少した米国のThe Home Depot、8位は米国のCostco  9位にはドイツのAldi  10位は米国のTargetが入っている。(2010年1月26日付けエスタード紙)



2020/06/04 » サンパウロ市の恋人の日の小売販売は前年比33%減少予想(2020年6月3日付けエスタード紙)
2020/05/14 » 今年3月の一般小売販売はスーパーマーケットの通常営業にも拘らず、前月比マイナス2.5%の落込みを記録(2020年5月13日付けエスタード紙)
2020/05/11 » Via Varejo社並びにCentauro社はキャッシュフロー強化のため増資で資金調達 (2020年5月11日付けエスタード紙)
2020/05/07 » メルカードリブレはEコマースに拍車をかけ、ブラジルのスーパー業界に参入(2020年5月6日付けヴァロールエコノミコ紙)
2020/04/30 » 下落傾向だった電化製品の販売が2020年4月第3週に入って2%拡大(2020年4月30日付けバロール紙)
2020/04/29 » 2020年4月のICSでサービス業にもパンデミック禍が直撃していることが判明し第2四半期のGDPにも赤信号(2020年4月29日付けバロール紙)
2020/04/27 » サンゴバンが2020年の業績を下方修正し前年比-15%も想定(2020年4月27日付けバロール紙)
2020/04/27 » ポストパンデミックで低廉な中国製品が国際市場を席巻しかねないと工業が政府に懸念を伝達(2020年4月27日付けバロール紙)
2020/04/24 » COVID-19パンデミックにも拘らず、ブラジル国内の43ショッピングセンターが部分的営業再開
2020/04/23 » 新型コロナウイルスのパンデミック終結後もテレワーク業態が定着へ(2020年4月23日付けバロール紙)
2020/04/23 » 機械・設備業界の50社が肺換気装置を製造するなどパンデミック対策を推進(2020年4月23日付けバロール紙)
2020/04/22 » パンデミックに関連した企業救済でBNDESは病院役にならないと政府(2020年4月22日付けバロール紙)
2020/04/22 » パンデミック危機により商工業で解雇の動き 300万人が失職へ(2020年4月22日付けバロール紙)
2020/04/21 » 営業自粛措置で「母の日」商戦の先送り検討
2020/04/17 » 検疫隔離による小売店の閉店が履物業界の生産流通チェーン全体に債務不履行となって圧迫(2020年4月17日付けバロール紙)
2020/04/14 » 検疫隔離措置で営業休止中の店舗にショッピングセンターが立ち退きを要求(2020年4月14日付けバロール・オンライン
2020/04/14 » 日系企業が中国から撤退するのを日本政府が希望しているとフォーブス誌が報道(2020年4月10日付けフォーリャ紙)
2020/04/13 » 豊富な運転資金とオンライン販売企業は新型コロナウイルスに対応可能
2020/04/09 » COVID-19の検疫隔離措置にMPEが耐えられるのは12日間(2020年4月9日付けバロール紙)
2020/04/09 » COVID-19 訴訟を通じて企業が賃貸料を再交渉(2020年4月9日付けバロール紙)

バックナンバー »