Câmara do Japão
Português
検索: OK

商業

検索期間を指定してください: OK
第3四半期の小売業界は好調に推移 2008/11/19

第3四半期の小売業界は好調に推移したが、9月中頃から金融危機の影響が及んできたために前四半期比では2.0%の増加に留まったが、前年同四半期では12.9%と大幅に増加した。

しかし第3四半期の鉱工業部門は2.7%と前四半期の0.9%を大幅に上回る伸び率を記録、前年同期比でも6.7%と大幅増加を記録したが、金融危機によ るクレジットの流動性縮小による販売低下や在庫の増加で、今後は在庫調整のための一斉休暇や生産縮小を余儀なくされる。

特に自動車工業部 門は格安長期ローン販売でCクラス層への販売が好調で生産記録を更新していたが、9月の金融危機の発生で販売が記録的に落ち込んで、メーカーの在庫は29 日分であったが、10月の在庫は38日分まで増加したために、各メーカーは一斉休暇で在庫調整を図っている。

9月の小売業界は前月比 4.0%、前年同月比16.0%と大幅に増加、特にクレジット販売が好調であった家電、家具、自動車パーツなどは好調に推移したが、IT関連機器は前年同 月比50.6%増加、自動車部門は28.8%増加していたが、10月の新車登録台数は前月比11.0%減少している。

今後は在庫調整のために大バーゲンセールが自動車部門以外でも行なわれると予想されるが、特に運転資金が不足しているメーカーではバーゲンセールを余儀なくされ、インフレ低下効果が期待できるが、手元資金に余裕のあるメーカーは来年初めまでは行わないと予想される。

今年9ヶ月間の小売部門全体の伸び率は前年同期比10.4%増加、IT関連機器33.7%、四輪・二輪20.7%、建材11.5%、家具・家電 21.3%、繊維・衣料・履物9.5%、書籍・印刷物10.8%、医薬品12.9%それぞれ増加している。(2008年11月19日付けヴァロール紙)



2019/11/14 » 9月の小売販売は最終四半期回復を示唆
2019/11/13 » 南米のEコマース最大手のメルカドリブレの不渡り増加
2019/11/13 » スタートアップPitzi社が6,000万レアルの資金調達
2019/10/22 » FGTS先払いやボルサ・ファミリアの13か月サラリーで145億レアルの消費活性
2019/09/30 » 今年のクリスマス商戦向け臨時雇用は10万人突破予想
2019/09/12 » 今年7月の一般小売販売はクレジットが牽引して1.0%増加
2019/09/05 » FGTS並びにPISの預金引出による一般消費は130億レアル予想
2019/09/04 » ブラックフライデー商戦は過去2番目の売上に留まるか
2019/08/08 » 今年6月の一般小売は前年比僅か0.1%増加で期待外れ
2019/08/05 » アルバイト感覚でネットショップ開設が急増
2019/07/12 » 5月の一般小売販売は食料品価格上昇で低迷
2019/06/17 » マガジン・ルイーザ社がNetshoes社を4億5,000万レアルで買収
2019/06/13 » 今年4月の小売販売は前月比マイナス0.6%
2019/05/27 » 今年第1四半期の小売販売は閉店が開店を上回った
2019/05/10 » 今年3月の小売販売は前月比0.3%増加
2019/04/15 » 今年初め2カ月間の一般消費は5.2%下落
2019/04/10 » 今年2月の一般小売販売は前月並みで浮上せず
2019/03/18 » 過去3年間で25%の有名ブランド撤退
2019/03/14 » 今年1月の一般小売販売は0.4%増加に留まる
2019/03/08 » 今年のEコマースは前年比15.0%増加予想

バックナンバー »