Câmara do Japão
Português
検索: OK

商業

検索期間を指定してください: OK
COVID-19パンデミックで閉鎖していたショッピングセンターの6,000店舗が再開(2020年10月7日付けヴァロール紙) 2020/10/07

COVID-19パンデミックによる外出自粛要請や必需品以外営業禁止などの要因で、ショッピングセンターは壊滅的な影響を受けていたが、外出自粛や営業許可緩和に伴って回復してきている。

ブラジル・ショッピングセンター協会(Abrasce)の調査によると、今年3月のショッピングセンターの売上は、COVID-19前の90%を維持していたが、9月末は26.5%まで落ち込んでいた。今年4月から8月までショッピングセンターの1万1,000店舗は閉鎖を余儀なくされていたが、9月には6,000店舗が営業再開している。

ショッピングセンターの営業再開は営業自粛緩和以外にも過去最低の銀行金利、大規模な小売業者がショッピングセンターでのネットワーク拡大、フランチャイズ投資家が出店加速でスペースの一部を占めるている。

大型小売店舗網が積極的にショッピングセンター内に出店してスペースを拡大、また低金利で商機の投資家がフランチャイズ店舗を積極的に出店していると国内最大の39カ所のショッピングセンターを運営しているAliansce Sonae社のFelipe Andrade取締役は指摘している。

COVID-19パンデミック前のショッピングセンター内の空き店舗率は4.5%~5.0%で推移していたが、現在の空き店舗率は8.5%~9.0%で推移、今年末には7.0%の水準まで低下するとAbrasceは予想している。

毎年11月第4木曜日に催される感謝祭(Thanksgiving Day)翌日のブラジルでのブラックフライデー商戦並びに12月のクリスマス商戦を前に、ショッピングセンター内の空き店舗率は減少すると予想されている。

サンパウロ州、ミナス州、リオ州並びにゴイアス州でショッピングセンターを運営するCommercial Properties (CCP)社では、オンライン販売だけを行っていた小売販売店のショッピングセンター内の実店舗への進出、サンパウロ州以外のショッピングセンターでの影響をしていた小売販売のサンパウロへの進出を指摘している。

外出自粛要請や営業停止要請による影響で、今年3月~9月の7ヶ月間のショッピングセンターの売上減少は590億レアルに達するとAbrasceでは予測している。



2020/11/25 » ブラックフライデー商戦は売上記録更新の可能性も割引は低率か(2020年11月24日付けエスタード紙)
2020/11/19 » 今年のブラックフライデー商戦売上は37億4,000万レアルで記録更新予想(2020年11月18日付けエスタード紙)
2020/11/12 » 9月の一般小売販売量は前月比0.6%増加(2020年11月11日付けヴァロール紙)
2020/10/09 » 8月の小売販売量は前月比3.4%増加(2020年10月8日付けヴァロール紙)
2020/10/07 » COVID-19パンデミックで閉鎖していたショッピングセンターの6,000店舗が再開(2020年10月7日付けヴァロール紙)
2020/09/23 » 過去6ヶ月のオンラインコマース販売伸び率が6年間の伸び率に相当(2020年9月22日付けエスタード紙)
2020/09/11 » 今年7月の一般小売販売は前月比5.2%増加(2020年9月10日付けヴァロール紙)
2020/08/13 » 6月の小売販売はスーパーマーケット下牽引して8.0%増加(2020年8月12日付けエスタード紙)
2020/08/12 » 600レアルの緊急補助金支給は小売販売の売上減少に歯止め(2020年8月11日付けエスタード紙)
2020/08/11 » メルカードリブレ社の第2四半期のブラジル国内の純益は前年同期比61%増加(2020年8月10日付けヴァロール紙)
2020/07/09 » 今年5月の一般小売販売は前月比二桁増加の13.9%急増(2020年7月8日付けのヴァロール紙)
2020/07/06 » 6月の1日平均の電子インボイス発行は、前月比15.6%増加の239億レアルを記録(2020年7月5日付けエスタード紙)
2020/06/30 » COVID-19パンデミックで書籍販売はオンライン販売限定で大幅減少も5月中旬以降は僅かに回復傾向(2020年6月29日付けヴァロール紙)
2020/06/24 » ショッピングセンターの売上は68.7%減少の最悪期は過ぎたか(2020年6月23日付けエスタード紙)
2020/06/17 » 4月の一般小売販売量は前月比マイナス16.8%で過去最悪の落込み幅を記録(2020年6月16日付けヴァロール紙/ブラジル地理統計院(IBGE)サイトから抜粋)
2020/06/12 » パンデミック90日間のインターネット販売は71%増加(2020年6月11日付けヴァロール紙)
2020/06/04 » サンパウロ市の恋人の日の小売販売は前年比33%減少予想(2020年6月3日付けエスタード紙)
2020/05/14 » 今年3月の一般小売販売はスーパーマーケットの通常営業にも拘らず、前月比マイナス2.5%の落込みを記録(2020年5月13日付けエスタード紙)
2020/05/11 » Via Varejo社並びにCentauro社はキャッシュフロー強化のため増資で資金調達 (2020年5月11日付けエスタード紙)
2020/05/07 » メルカードリブレはEコマースに拍車をかけ、ブラジルのスーパー業界に参入(2020年5月6日付けヴァロールエコノミコ紙)

バックナンバー »