Câmara do Japão
Português
検索: OK

商業

検索期間を指定してください: OK
過去6ヶ月のオンラインコマース販売伸び率が6年間の伸び率に相当(2020年9月22日付けエスタード紙) 2020/09/23

COVID-19パンデミックの影響で、外出自粛要請並びに必需品以外営業自粛要請は、実店舗 (リアル店舗)での購入ができない一方で、仮想商店街(オンラインモール)の小売販売が急上昇してきている。

今年初め6か月間のサンパウロ州のオンラインコマースの小売販売比率は、昨年12月の小売販売全体の2.9%から3.7%と0.8%上昇、これは2013年~2019年の6年間の伸び率に匹敵するとサンパウロ州商業連盟(Fecomercio-SP)のKelly Carvalhoアシスタントは説明している。

今年上半期のサンパウロ市内のオンラインコマース販売は、昨年末の3.6%から5.0%と僅か6か月間で1.4%増加、2013年から2019年の6年間の伸び率1.1%を上回っている。

2020年12月末のサンパウロ市の小売販売全体に占めるオンライン販売は、6.0%~7.0%に増加すると予想、ニューヨークのオンライン販売比率の10.0%に接近する。また今年末のサンパウロ州のオンライン販売比率は5.0%に上昇すると予想されている。

COVID-19パンデミックの影響で、オンライン販売は日常的な小売販売として定着してきており、COVID-19ワクチンの接種が広がる迄この傾向は継続すると予想されている。アプリケーションに加えて自身のプラットフォームを持たない零細企業家が仮想商店街加入によるオンライン販売が加速的に小売販売の形態を変える役目を負っている。

Fecomércio-SPのエコノミストは、このマーケットプレイスセクターの懸念は、新しいデジタル経済に課税しようとする連邦政府の試みに関するものであり、オンラインストアによる税金の支払いを監視し、店舗がしはらわなければ徴収する義務があると指摘している。

バイア州とリオデジャネイロ州政府はオンライン販売に関するICMS税関連の徴収はすでに発生、税制改革案では同じメカニズムを採用するのは連邦政府の意図であるとケリー氏は説明している

サンパウロ市だけでなく、メトロポリタンのABC都市の昨年末のオンライン販売比率は3.2%であったが、半年後の今年6月末は4.4%と僅か6か月間で1.2%上昇、沿岸都市も3.8%に上昇している。

COVID-19パンデミックの影響で、 実店舗 (リアル店舗)から仮想商店街(オンラインモール)での購入比率が増加、また今年上半期のオンライン販売の平均購入価格は17.5%増加したが、リアル店舗での平均購入価格は9.4%増加に留まっている。

COVID-19パンデミック直後のオンライン販売は高価格の資本財比率が高かったが、COVID-19パンデミックの不透明な先行きによる今後数か月間の雇用や収入不安で、高価な資本財購入は慎重になると見込まれている。



2020/10/09 » 8月の小売販売量は前月比3.4%増加(2020年10月8日付けヴァロール紙)
2020/10/07 » COVID-19パンデミックで閉鎖していたショッピングセンターの6,000店舗が再開(2020年10月7日付けヴァロール紙)
2020/09/23 » 過去6ヶ月のオンラインコマース販売伸び率が6年間の伸び率に相当(2020年9月22日付けエスタード紙)
2020/09/11 » 今年7月の一般小売販売は前月比5.2%増加(2020年9月10日付けヴァロール紙)
2020/08/13 » 6月の小売販売はスーパーマーケット下牽引して8.0%増加(2020年8月12日付けエスタード紙)
2020/08/12 » 600レアルの緊急補助金支給は小売販売の売上減少に歯止め(2020年8月11日付けエスタード紙)
2020/08/11 » メルカードリブレ社の第2四半期のブラジル国内の純益は前年同期比61%増加(2020年8月10日付けヴァロール紙)
2020/07/09 » 今年5月の一般小売販売は前月比二桁増加の13.9%急増(2020年7月8日付けのヴァロール紙)
2020/07/06 » 6月の1日平均の電子インボイス発行は、前月比15.6%増加の239億レアルを記録(2020年7月5日付けエスタード紙)
2020/06/30 » COVID-19パンデミックで書籍販売はオンライン販売限定で大幅減少も5月中旬以降は僅かに回復傾向(2020年6月29日付けヴァロール紙)
2020/06/24 » ショッピングセンターの売上は68.7%減少の最悪期は過ぎたか(2020年6月23日付けエスタード紙)
2020/06/17 » 4月の一般小売販売量は前月比マイナス16.8%で過去最悪の落込み幅を記録(2020年6月16日付けヴァロール紙/ブラジル地理統計院(IBGE)サイトから抜粋)
2020/06/12 » パンデミック90日間のインターネット販売は71%増加(2020年6月11日付けヴァロール紙)
2020/06/04 » サンパウロ市の恋人の日の小売販売は前年比33%減少予想(2020年6月3日付けエスタード紙)
2020/05/14 » 今年3月の一般小売販売はスーパーマーケットの通常営業にも拘らず、前月比マイナス2.5%の落込みを記録(2020年5月13日付けエスタード紙)
2020/05/11 » Via Varejo社並びにCentauro社はキャッシュフロー強化のため増資で資金調達 (2020年5月11日付けエスタード紙)
2020/05/07 » メルカードリブレはEコマースに拍車をかけ、ブラジルのスーパー業界に参入(2020年5月6日付けヴァロールエコノミコ紙)
2020/04/30 » 下落傾向だった電化製品の販売が2020年4月第3週に入って2%拡大(2020年4月30日付けバロール紙)
2020/04/29 » 2020年4月のICSでサービス業にもパンデミック禍が直撃していることが判明し第2四半期のGDPにも赤信号(2020年4月29日付けバロール紙)
2020/04/27 » サンゴバンが2020年の業績を下方修正し前年比-15%も想定(2020年4月27日付けバロール紙)

バックナンバー »