Câmara do Japão
Português
検索: OK

商業

検索期間を指定してください: OK
600レアルの緊急補助金支給は小売販売の売上減少に歯止め(2020年8月11日付けエスタード紙) 2020/08/12

連邦政府によるCOVID-19パンデミック対応の月額600レアルの緊急補助金(auxílio emergencial)支給で、2020年の小売業界の売上は、前年比マイナス13.8%予想からマイナス6.7%予想に修正、売上減少総額は、1,410億レアル、小売業界の98万人相当の雇用減少をサンパウロ州商業連盟(Fecomercio-SP)では予想している。 

 緊急補助金(auxílio emergencial)は非正規雇用者、シングルマザーなどの女性の世帯主、個人・零細企業主、社会保障院(INSS)の審査待ちの勤労不可能な高齢者や障害者に対する最低賃金額を支給する継続扶助(Benefício de Prestação Continuada–BPC)申請者の救済目的で連邦政府が4月から実施している。

「パウロ・ゲデス経済相は、一時的にパウロ・ケインズになった」と、全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)のチーフ・エコノミストのカルロス・タデウ・デ・フレイタス氏は、雇用を創出し、消費を奨励する経済における国家の役割を提唱した英国のジョン・メイナード・ケインズ(1883-1946)の名前の語呂合いで説明。ケインズの経済理論は不況や失業を克服するためには、政府が積極的に経済に介入するべきであるとの立場をとり、1970年代までマクロ経済学の主流をなしていた.

今年の小売業界の売上はCOVID-19パンデミックの影響で、昨年よりも1,410億レアルの減少が予想されている。また今年の小売店舗の閉鎖は20万2000店舗が見込まれているが、そのうち19万7,000店舗は小規模店舗に集中、また98万人の従業員の解雇が予想されている。

連邦政府による4月~8月の5ヶ月間の月額600レアルの緊急補助金(auxílio emergencial)が支給されていなければ、小売業界だけでなく製造業に従事している従業員の給与や雇用に更なる悪影響を及ぼしていた。

COVID-19パンデミックで最も影響を受けているのは衣料業界で、今年の衣料業界の売上は前年比25.0%減少予想。外出自粛や必需品以外の営業自粛要請があった今年4月の衣料業界の売上は、前年同月比マイナス81.0%の壊滅的な打撃を受けていた。

今年の小売業界の売上は、必需品販売で通常営業が許可されていたスーパーマーケットや薬局を除いた小売業が影響を受けているが、緊急補助金は落込み幅の減少効果に繋がっている。

経済省は今年12月までの緊急補助金支給の延長を検討しているにも関わらず、既に緊急補助金支給による臨時財政支出は515億レアルに達しているために、支給額の減少が検討されている。



2020/09/23 » 過去6ヶ月のオンラインコマース販売伸び率が6年間の伸び率に相当(2020年9月22日付けエスタード紙)
2020/09/11 » 今年7月の一般小売販売は前月比5.2%増加(2020年9月10日付けヴァロール紙)
2020/08/13 » 6月の小売販売はスーパーマーケット下牽引して8.0%増加(2020年8月12日付けエスタード紙)
2020/08/12 » 600レアルの緊急補助金支給は小売販売の売上減少に歯止め(2020年8月11日付けエスタード紙)
2020/08/11 » メルカードリブレ社の第2四半期のブラジル国内の純益は前年同期比61%増加(2020年8月10日付けヴァロール紙)
2020/07/09 » 今年5月の一般小売販売は前月比二桁増加の13.9%急増(2020年7月8日付けのヴァロール紙)
2020/07/06 » 6月の1日平均の電子インボイス発行は、前月比15.6%増加の239億レアルを記録(2020年7月5日付けエスタード紙)
2020/06/30 » COVID-19パンデミックで書籍販売はオンライン販売限定で大幅減少も5月中旬以降は僅かに回復傾向(2020年6月29日付けヴァロール紙)
2020/06/24 » ショッピングセンターの売上は68.7%減少の最悪期は過ぎたか(2020年6月23日付けエスタード紙)
2020/06/17 » 4月の一般小売販売量は前月比マイナス16.8%で過去最悪の落込み幅を記録(2020年6月16日付けヴァロール紙/ブラジル地理統計院(IBGE)サイトから抜粋)
2020/06/12 » パンデミック90日間のインターネット販売は71%増加(2020年6月11日付けヴァロール紙)
2020/06/04 » サンパウロ市の恋人の日の小売販売は前年比33%減少予想(2020年6月3日付けエスタード紙)
2020/05/14 » 今年3月の一般小売販売はスーパーマーケットの通常営業にも拘らず、前月比マイナス2.5%の落込みを記録(2020年5月13日付けエスタード紙)
2020/05/11 » Via Varejo社並びにCentauro社はキャッシュフロー強化のため増資で資金調達 (2020年5月11日付けエスタード紙)
2020/05/07 » メルカードリブレはEコマースに拍車をかけ、ブラジルのスーパー業界に参入(2020年5月6日付けヴァロールエコノミコ紙)
2020/04/30 » 下落傾向だった電化製品の販売が2020年4月第3週に入って2%拡大(2020年4月30日付けバロール紙)
2020/04/29 » 2020年4月のICSでサービス業にもパンデミック禍が直撃していることが判明し第2四半期のGDPにも赤信号(2020年4月29日付けバロール紙)
2020/04/27 » サンゴバンが2020年の業績を下方修正し前年比-15%も想定(2020年4月27日付けバロール紙)
2020/04/27 » ポストパンデミックで低廉な中国製品が国際市場を席巻しかねないと工業が政府に懸念を伝達(2020年4月27日付けバロール紙)
2020/04/24 » COVID-19パンデミックにも拘らず、ブラジル国内の43ショッピングセンターが部分的営業再開

バックナンバー »