Câmara do Japão
Português
検索: OK

商業

検索期間を指定してください: OK
COVID-19パンデミックにも拘らず、ブラジル国内の43ショッピングセンターが部分的営業再開 2020/04/24

新型コロナウイルのパンデミックの影響で、外出自粛措置や必需品以外の営業自粛措置などの要請を受けて、スーパーや薬局以外の小売店やショッピングセンターは、州政府の要請に従って営業自粛を余儀なくされていたにも拘らず、ブラジル国内の19都市の43か所のショッピングセンターが営業を一部再開している。     

医師で感染症に熟知しているゴイアス州のロナウド・カイアード知事(民主党・DEM)は、先週コロナウイルス感染拡大状況に沿った外出自粛措置の緩やかな解除措置を発表していた。

今月22日の時点でブラジル国内の43か所のショッピングセンターが営業を再開しているが、先週末までブラジルの577か所の全てのショッピングセンターは、連邦政府の外出自粛措置の要請を受け入れていた。今月17日サンパウロ州のジョアン・ドリア知事は、3月24日から州内全域645市を対象に出されている外出自粛令を5月10日まで延長すると発表していた。

 não acontece de maneira organizada. Em cada região é uma realidade”, explica.
「必需品以外の営業自粛措置のシナリオが激変している。各州政府の営業自粛措置の要請で温度差があり、各州のショッピングセンター営業自粛措置の継続で混乱が生じている」とブラジル・ショッピングセンター協会(Abrasce)のGlauco Humai会長は指摘している。また5月中に大半のショッピングセンターは営業を再開しているとGlauco Humai会長は予想している。

ブラジル国内のショッピングセンターを牽引するBRMallsグループは、ブラジル国内に31か所のショッピングセンターを擁しているが、すでにマット・グロッソ州カンポ・グランデ市並びに南大河州カシアス・ド・スール市の2か所のショッピングセンターの営業を再開している。

「現地の市役所や州政府の営業自粛措置の要請に従って、部分的営業再開に留まっている。しかし何時迄営業再開を継続することができるか分からない。それは連邦政府の判断次第」とBRMallsグループのJini Nogueira営業担当取締役は説明している。

大半の小売販売業者は、5月10日に「母の日」以前に営業再開すの許可が下りることに期待している。22日サンパウロ商業連盟(FACESP)並びにサンパウロ商業会(ACSP)は、5月1日からの部分的営業再開の要請をしたが、先週17日にジョアン・ドリア知事は、外出自粛令を5月10日までの延長を発表していた経緯があった。

再開したショッピングセンターは地元の市役所の特別措置に従って、営業時間は12時~20時、社会的距離を確保するための食堂街のテーブル配置の配慮を余儀なくされているが、映画館は引き続き閉鎖されている。

大手小売販売のRiachuelo社は、ブラジル全国に張り巡らされている店舗の2.0%に相当する南大河州、サンタ・カタリーナ州並びにミナス州に擁している6店舗の試験的な再開を予定している。

また試験的再開予定のRiachuelo社の店舗は、呼吸、循環並びに代謝その他の重篤な急性機能不全の患者を24時間体制で管理し、より効果的な治療を施すことが可能な集中治療室(ICU)や公衆衛生網に余裕のある都市に限定している。(2020年4月23日付けエスタード紙サイトより抜粋)



2020/09/23 » 過去6ヶ月のオンラインコマース販売伸び率が6年間の伸び率に相当(2020年9月22日付けエスタード紙)
2020/09/11 » 今年7月の一般小売販売は前月比5.2%増加(2020年9月10日付けヴァロール紙)
2020/08/13 » 6月の小売販売はスーパーマーケット下牽引して8.0%増加(2020年8月12日付けエスタード紙)
2020/08/12 » 600レアルの緊急補助金支給は小売販売の売上減少に歯止め(2020年8月11日付けエスタード紙)
2020/08/11 » メルカードリブレ社の第2四半期のブラジル国内の純益は前年同期比61%増加(2020年8月10日付けヴァロール紙)
2020/07/09 » 今年5月の一般小売販売は前月比二桁増加の13.9%急増(2020年7月8日付けのヴァロール紙)
2020/07/06 » 6月の1日平均の電子インボイス発行は、前月比15.6%増加の239億レアルを記録(2020年7月5日付けエスタード紙)
2020/06/30 » COVID-19パンデミックで書籍販売はオンライン販売限定で大幅減少も5月中旬以降は僅かに回復傾向(2020年6月29日付けヴァロール紙)
2020/06/24 » ショッピングセンターの売上は68.7%減少の最悪期は過ぎたか(2020年6月23日付けエスタード紙)
2020/06/17 » 4月の一般小売販売量は前月比マイナス16.8%で過去最悪の落込み幅を記録(2020年6月16日付けヴァロール紙/ブラジル地理統計院(IBGE)サイトから抜粋)
2020/06/12 » パンデミック90日間のインターネット販売は71%増加(2020年6月11日付けヴァロール紙)
2020/06/04 » サンパウロ市の恋人の日の小売販売は前年比33%減少予想(2020年6月3日付けエスタード紙)
2020/05/14 » 今年3月の一般小売販売はスーパーマーケットの通常営業にも拘らず、前月比マイナス2.5%の落込みを記録(2020年5月13日付けエスタード紙)
2020/05/11 » Via Varejo社並びにCentauro社はキャッシュフロー強化のため増資で資金調達 (2020年5月11日付けエスタード紙)
2020/05/07 » メルカードリブレはEコマースに拍車をかけ、ブラジルのスーパー業界に参入(2020年5月6日付けヴァロールエコノミコ紙)
2020/04/30 » 下落傾向だった電化製品の販売が2020年4月第3週に入って2%拡大(2020年4月30日付けバロール紙)
2020/04/29 » 2020年4月のICSでサービス業にもパンデミック禍が直撃していることが判明し第2四半期のGDPにも赤信号(2020年4月29日付けバロール紙)
2020/04/27 » サンゴバンが2020年の業績を下方修正し前年比-15%も想定(2020年4月27日付けバロール紙)
2020/04/27 » ポストパンデミックで低廉な中国製品が国際市場を席巻しかねないと工業が政府に懸念を伝達(2020年4月27日付けバロール紙)
2020/04/24 » COVID-19パンデミックにも拘らず、ブラジル国内の43ショッピングセンターが部分的営業再開

バックナンバー »