Câmara do Japão
Português
検索: OK

商業

検索期間を指定してください: OK
機械・設備業界の50社が肺換気装置を製造するなどパンデミック対策を推進(2020年4月23日付けバロール紙) 2020/04/23

ブラジル機械装置工業会(Abimaq)が加盟企業50社からなるグループを組織し、医療用の小物や医療機器、部品を製造する。同協会のジョゼー・ベローゾ理事長によると、グループに参画する企業は人工呼吸器と肺換気装置に加えて、フェイスシールド、部品及びコンポーネントを製造する外、組み立てシステムの支援と機械加工サービス、部品のレーザー切断、製品の検証試験などのサービスを実施する。

ベローゾ理事長によると、「企業の大半は、今回の異例の生産に対して工場を対応させた。このイニシアティブに対する投資がどのような規模になるかは把握していない」という。

フェイスシールドの製造に向けて準備を進めるメーカーの1社が、ドイツの多国籍企業でサンパウロ州タウバテ市の工場で航空産業用の部品を製造するティッセンクルップ・アウトマタだ。同社は5月中旬までに12万個のフェイスシールドを製造する予定。同社のジョゼー・ウィルマル・デ・メーロ・フィーリョ社長は、同社の組み立て作業をこのフェイスシールドの製造にすべて集約すると話す。

メーロ・フィーリョ社長はさらに、ブラジルでも新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックが始まった3月にティッセンクルップは3Dプリンターによるフェイスシールドの製造に着手したが、このプロセスは時間がかかるため、サプライヤーとより迅速な製造を可能にするため連絡を取り合ったと強調した。

「今では組み立てと部品の流通に全てを集約した。これによって、組み立てラインを立ち上げ、この生産に携わる1万人の軍人を割り当てるために陸軍とも連絡を取った。目標は、1日に3,000個から4,000個を生産し、合計12万個を製造することだ」という。

メーロ・フィーリョ社長によると、製品は保健局と受け入れ資格を有する病院に供給される。「バーレ・ド・パライバ市に加え、リオデジャネイロ市とマナウス市にもフェイスシールドを供給する。製品を必要とする当局は、受け入れの登録をする」。

スーパーマーケットや病院で使用される冷蔵設備や冷凍設備向けのコンプレッサーを製造するテクマセ・ド・ブラジル(Tecumseh do Brasil)の場合、人工呼吸器と肺換気装置の検証試験のために研究室の利用を可能にする。同社のオメロ・クレン・ブセロ(Homero Cremm Busnelo)マーケティング及び渉外担当取締役によると、先週、同社はブラジリアに拠点を置く企業でこの種の設備を製造するCPMHと同社の研究室で検証試験を実施する契約を交わした。

「この種の検証試験は余りに独特かつ専門的なため、検証試験を実施する研究所を見つけること難しい。現在、我々は国家衛生庁(Anvisa)と検証試験実施の資格認定を受ける段階にある」と同取締役はコメントした。(2020年4月23日付けバロール紙)



2020/10/09 » 8月の小売販売量は前月比3.4%増加(2020年10月8日付けヴァロール紙)
2020/10/07 » COVID-19パンデミックで閉鎖していたショッピングセンターの6,000店舗が再開(2020年10月7日付けヴァロール紙)
2020/09/23 » 過去6ヶ月のオンラインコマース販売伸び率が6年間の伸び率に相当(2020年9月22日付けエスタード紙)
2020/09/11 » 今年7月の一般小売販売は前月比5.2%増加(2020年9月10日付けヴァロール紙)
2020/08/13 » 6月の小売販売はスーパーマーケット下牽引して8.0%増加(2020年8月12日付けエスタード紙)
2020/08/12 » 600レアルの緊急補助金支給は小売販売の売上減少に歯止め(2020年8月11日付けエスタード紙)
2020/08/11 » メルカードリブレ社の第2四半期のブラジル国内の純益は前年同期比61%増加(2020年8月10日付けヴァロール紙)
2020/07/09 » 今年5月の一般小売販売は前月比二桁増加の13.9%急増(2020年7月8日付けのヴァロール紙)
2020/07/06 » 6月の1日平均の電子インボイス発行は、前月比15.6%増加の239億レアルを記録(2020年7月5日付けエスタード紙)
2020/06/30 » COVID-19パンデミックで書籍販売はオンライン販売限定で大幅減少も5月中旬以降は僅かに回復傾向(2020年6月29日付けヴァロール紙)
2020/06/24 » ショッピングセンターの売上は68.7%減少の最悪期は過ぎたか(2020年6月23日付けエスタード紙)
2020/06/17 » 4月の一般小売販売量は前月比マイナス16.8%で過去最悪の落込み幅を記録(2020年6月16日付けヴァロール紙/ブラジル地理統計院(IBGE)サイトから抜粋)
2020/06/12 » パンデミック90日間のインターネット販売は71%増加(2020年6月11日付けヴァロール紙)
2020/06/04 » サンパウロ市の恋人の日の小売販売は前年比33%減少予想(2020年6月3日付けエスタード紙)
2020/05/14 » 今年3月の一般小売販売はスーパーマーケットの通常営業にも拘らず、前月比マイナス2.5%の落込みを記録(2020年5月13日付けエスタード紙)
2020/05/11 » Via Varejo社並びにCentauro社はキャッシュフロー強化のため増資で資金調達 (2020年5月11日付けエスタード紙)
2020/05/07 » メルカードリブレはEコマースに拍車をかけ、ブラジルのスーパー業界に参入(2020年5月6日付けヴァロールエコノミコ紙)
2020/04/30 » 下落傾向だった電化製品の販売が2020年4月第3週に入って2%拡大(2020年4月30日付けバロール紙)
2020/04/29 » 2020年4月のICSでサービス業にもパンデミック禍が直撃していることが判明し第2四半期のGDPにも赤信号(2020年4月29日付けバロール紙)
2020/04/27 » サンゴバンが2020年の業績を下方修正し前年比-15%も想定(2020年4月27日付けバロール紙)

バックナンバー »