Câmara do Japão
Português
検索: OK

商業

検索期間を指定してください: OK
豊富な運転資金とオンライン販売企業は新型コロナウイルスに対応可能 2020/04/13

Itaú BBA社の調査によると、新型コロナウイルスのパンデミック危機の16社の上場小売業界の長期ファイナンス及びオンライン販売調査で、Mercado Livre社, Raia Drogasil社, Carrefour社, Magazine Luiza社並びにVivara社の調査結果を発表している。

新型コロナウイルス感染拡大で外出自粛措置にも拘らず、小売業界の中で必需品販売の薬局並びにスーパーマーケットは、通常営業を許可されている一方で、家電や高価格商品販売関連の小売販売は壊滅的な影響を受けている。

Magazine Luiza社は、運転資金に余裕があり尚且つオンライン販売比率が売り上げ全体の45%を占めており、今では書籍、消費財並びに美容関連商品までオンライン販売を行っているために、冷蔵庫、オーブンやセルラーなどの耐久消費財販売に特化しているコンペチターと益々差をつけてマーケットシェアを拡大しているとItaú BBA社のEduardo Galanternick取締役は指摘している。

薬局チェーンRaia Drogasil社は、新型コロナウイルス感染拡大で外出自粛措置の危機にも拘らず、すでに危機前に高齢者向けの薬の宅配を始めていたために、この危機で宅配コストは上昇したが、顧客満足度は上昇しているとMarcílio Pousada会長は指摘している。

ニッチ市場開拓中の高級装身具販売のVivara社は、自社製品を擁して業界のリーダーであるが、新型コロナウイルス感染拡大で外出自粛措置の危機を乗切るのは難しいにも拘らず、金関連商品販売に代わる安価な自社製の銀関連商品販売で、マーケットシェア拡大の可能性をItaú BBA社は指摘している。

オンライン販売特化のMercado Livre社は、非専属販売員制度でコスト削減を図っており、また3月17日~4月2日間の食品、衛生用品並びに美容関連商品などの消費財販売は、前年同期比132%増加している。

国内外のパック旅行などを事業の柱としているブラジル最大手の旅行会社CVC社は、新型コロナウイルス感染拡大で外出自粛措置などで壊滅的な影響を被っている。今後数か月間で運転資金に余裕がなくなると予想されているが、同社では規模の小さいユニークなアイデアで危機脱出を模索している。

家電や家具販売のCasas Bahia社を傘下に持つVia Varejo社のオンライン販売比率は僅かでそれ程の結果は出ていないが、今年初めからオンライン販売を強化して販売比率は徐々に上昇してきているとItaú BBA 社は指摘している。尚CVC社, Via Varejo社, Vivara社, Carrefour社並びに eGuararapes社からはコメントなし。(2020年4月13日付けエスタード紙サイトから抜粋)



2020/10/09 » 8月の小売販売量は前月比3.4%増加(2020年10月8日付けヴァロール紙)
2020/10/07 » COVID-19パンデミックで閉鎖していたショッピングセンターの6,000店舗が再開(2020年10月7日付けヴァロール紙)
2020/09/23 » 過去6ヶ月のオンラインコマース販売伸び率が6年間の伸び率に相当(2020年9月22日付けエスタード紙)
2020/09/11 » 今年7月の一般小売販売は前月比5.2%増加(2020年9月10日付けヴァロール紙)
2020/08/13 » 6月の小売販売はスーパーマーケット下牽引して8.0%増加(2020年8月12日付けエスタード紙)
2020/08/12 » 600レアルの緊急補助金支給は小売販売の売上減少に歯止め(2020年8月11日付けエスタード紙)
2020/08/11 » メルカードリブレ社の第2四半期のブラジル国内の純益は前年同期比61%増加(2020年8月10日付けヴァロール紙)
2020/07/09 » 今年5月の一般小売販売は前月比二桁増加の13.9%急増(2020年7月8日付けのヴァロール紙)
2020/07/06 » 6月の1日平均の電子インボイス発行は、前月比15.6%増加の239億レアルを記録(2020年7月5日付けエスタード紙)
2020/06/30 » COVID-19パンデミックで書籍販売はオンライン販売限定で大幅減少も5月中旬以降は僅かに回復傾向(2020年6月29日付けヴァロール紙)
2020/06/24 » ショッピングセンターの売上は68.7%減少の最悪期は過ぎたか(2020年6月23日付けエスタード紙)
2020/06/17 » 4月の一般小売販売量は前月比マイナス16.8%で過去最悪の落込み幅を記録(2020年6月16日付けヴァロール紙/ブラジル地理統計院(IBGE)サイトから抜粋)
2020/06/12 » パンデミック90日間のインターネット販売は71%増加(2020年6月11日付けヴァロール紙)
2020/06/04 » サンパウロ市の恋人の日の小売販売は前年比33%減少予想(2020年6月3日付けエスタード紙)
2020/05/14 » 今年3月の一般小売販売はスーパーマーケットの通常営業にも拘らず、前月比マイナス2.5%の落込みを記録(2020年5月13日付けエスタード紙)
2020/05/11 » Via Varejo社並びにCentauro社はキャッシュフロー強化のため増資で資金調達 (2020年5月11日付けエスタード紙)
2020/05/07 » メルカードリブレはEコマースに拍車をかけ、ブラジルのスーパー業界に参入(2020年5月6日付けヴァロールエコノミコ紙)
2020/04/30 » 下落傾向だった電化製品の販売が2020年4月第3週に入って2%拡大(2020年4月30日付けバロール紙)
2020/04/29 » 2020年4月のICSでサービス業にもパンデミック禍が直撃していることが判明し第2四半期のGDPにも赤信号(2020年4月29日付けバロール紙)
2020/04/27 » サンゴバンが2020年の業績を下方修正し前年比-15%も想定(2020年4月27日付けバロール紙)

バックナンバー »