Câmara do Japão
Português
検索: OK

商業

検索期間を指定してください: OK
COVID-19のパンデミックがプリペイド式携帯市場に大きな被害を与えると市場が予測(2020年4月8日付けバロール紙) 2020/04/08

新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックが続く中、中国の電話通信事業者は2020年1―2月の2か月間だけで約2,100万人の顧客が減少した。ブラジルでは、直近のデータは検疫隔離措置が講じられる以前の2月であるが、2020年は、顧客がプリペイド・プランからポストペイ・プランに移行する流れが中断し、携帯電話回線数も減少すると見られている。

国家通信監督庁(Anatel)が発表した2月のデータをまとめたコンサルティング会社のテレコ(Teleco)によると、国内の移動体通信の回線数は、2015年5月にピークとなる2億8,417万回線に達した後、2月末時点で2億2656万回線となった。2019年の回線数は下降線をたどりつつも、その下落が減速する傾向を見せていた。年間の12か月の内、6か月で回線数が増加したためである。

テレコのエドゥアルド・チュード(Eduardo Tude)理事によると、「2020年は、既に回線数が成長軌道に復帰する傾向にあった」と話す。当初の見通しでは、実利用者数の増加だけでなく、M2M用ポストペイSIMカードも成長が加速すると期待されていた。同理事は、「3月は恐らく、プリペイド式を中心に、既に大きな落ち込みを記録していたことだろう」と、中国国内の回線減がプリペイド式に集中していたことを引き合いに出して言及した。

世界最大のキャリア、中国移動通信(China Mobile)は、1月と2月の2か月で、800万回線の顧客を失った。のみならず、顧客(回線)数は9億4,216万回線となった。ブラジル国内では、キャリアの店舗の営業中止と景気の後退といった要因が、携帯電話端末の販売台数と消費者の4G技術への移行に影響を与えるとコンサルティング会社フロスト&サリバン(Frost & Sullivan)のレナット・パスキーニ(Renato Pasquini)ブラジル担当取締役は指摘する。テレコがまとめたデータによると、2月末時点で4G回線へのアクセスは移動体通信の69%で、6か月前の21019年8月の64.7%を上回っている。

パスキーニ取締役は、「キャリア各社には端末とSIMカードをオンラインで販売する条件を整えているが、それだけではパンデミック発生前の営業活動と販売を維持するには不十分だ」と強調する。

フロスト&サリバンの最新の、パンデミックが発生する前の予測に基づくと、ブラジル国内の移動体通信の回線数は2020年に減少し、2021年にようやく増加傾向を示すとしていた。この回線数の回復の背景には、M2MとIoTが背景にある。「このシナリオでは、総回線数が2024年に2億4,920万回線を記録すると想定していた」とパスキーニ取締役は強調した。

パスキーニ取締役によると、これらの試算はプリペイド式及びモデムの回線数のより減少をベースにしており、見直しの必要はないと受け止める。「プリペイド式がより安価な低額式あるいは家計とバランスをとった別方式に移行するとしても、総回線数は変化しない。というのも、ブロードバンドの移動体通信は、既に生活に必須のものになっているからだ」と話す。

またあるアナリストは匿名を条件に、実際のところブラジル市場は安定に向かって進んでいると指摘する。つまり各キャリアは、わずかしか増加しない同一の顧客の集団というパイをそれぞれに奪い合う状況なのだという。このアナリストは、安定化のプロセスが減速する可能性はあるが、大きく変化する状況にはならないだろうという。「キャリアがより強く意識しているのは、通信料の拡大、彼らのネットワークにおける(サービスの)無制限の利用だ」という。

この人物は、パンデミックを封じ込めるために導入された規制による経済活動の収縮は、法人のプロジェクトに直接的に関係しているM2M通信の進捗を含め、業界に影響する可能性があると指摘した。(2020年4月8日付けバロール紙)



2021/04/15 » マガジン・ルイザ社はJovem Nerd社で昨年から17社目の企業買収(2021年4月14日付けエスタード紙)
2021/04/08 » 緊急給付金支給再開で小売業界には、127億5,000万レアルの経済効果インパクト(2021年4月7日付けヴァロール紙)
2021/03/25 » カルフール(Carrefour)は75億レアルでBig Brasil グループを傘下に収める(2021年3月24日付けエスタード紙)
2021/03/19 » 昨年の包装関連部門の生産は前年比0.5%増加(2021年3月18日付けエスタード紙)
2021/03/15 » 今年1月の一般小売販売は、スーパーの売上不振でマイナス0.2%(2021年3月12日付けエスタード紙)
2021/03/12 » 今年1月のスーパーマーケットの売上は、前年同月比12.0%増加(2021年3月11日付けヴァロール紙)
2021/03/10 » 小売販売大手マガジン・ルイザ社の昨年第4四半期の売上は、57.6%増加で100億レアル突破(2021年3月9日付けヴァロール紙)
2021/03/05 » 赤レベルの全面外出自粛規制再開でショッピングセンターのテナントオーナーは従業員解雇を示唆(2021年3月4日付けエスタード紙)
2021/03/04 » マガジン・ルイザ社はスーパー向けネットショッピングVipCommerce社を買収(2021年3月3日付けエスタード紙)
2021/03/02 » COVID-19パンデミックで2020年の小売店舗閉鎖は7万5,200店舗(2021年3月1日付けエスタード紙)
2021/02/23 » 今年2月の一般消費者の購買意欲は、5ヶ月連続増加から一転してマイナスに転じる(2021年2月22日付けヴァロール紙)
2021/02/11 » 2020年12月の一般小売販売は、マイナス6.1%の大幅下落(2021年2月10日付けヴァロール紙)
2021/02/09 » 昨年の正規雇用はオンライン販売関係が大幅増加(2021年2月8日付けヴァロール紙)
2021/02/03 » 卸売り大手Assai社はIPOで資金調達、今後5年間で123店舗オープン(2021年2月2日付けヴァロール紙)
2021/01/18 » 2020年11月の一般小売販売は7ヶ月ぶりに前月比マイナスを記録(2021年1月15日付けIBGEサイトより抜粋)
2021/01/08 » マデイラマデイラ社は今年初めてのブラジル資本のユニコーン企業(2021年1月7日付けヴァロール紙)
2020/12/11 » 今年10月の小売販売量は前月比0.9%増加(2020年12月10日付けIBGEサイトより抜粋)
2020/11/25 » ブラックフライデー商戦は売上記録更新の可能性も割引は低率か(2020年11月24日付けエスタード紙)
2020/11/19 » 今年のブラックフライデー商戦売上は37億4,000万レアルで記録更新予想(2020年11月18日付けエスタード紙)
2020/11/12 » 9月の一般小売販売量は前月比0.6%増加(2020年11月11日付けヴァロール紙)

バックナンバー »