Câmara do Japão
Português
検索: OK

商業

検索期間を指定してください: OK
FGTS先払いやボルサ・ファミリアの13か月サラリーで145億レアルの消費活性 2019/10/22

500レアルまでの現役サラリーマンの勤続期間保障基金(FGTS)預金や凍結預金の先払い政策導入で120億レアル、また貧困層向け生活扶助のボルサファミリア受給者向けの13か月サラリー支払いで25億レアル、総額145億レアルが消費市場に流入されると経済省のAdolfo Sachsida長官はその経済効果を強調している。

FGTS預金は9月13日から500レアルまでの預金引出が開始される一方で、社会統合基金(PIS)/公務員厚生年金(PASEP)の引出は8月から開始され、今年8月から12月末までの引出総額は300億レアルが見込まれている。

今年末までに消費市場に投入が見込まれている300億レアルは、ブラジル国内では2011年から開始された米国の習慣を採用した毎年11月第4木曜日に催される感謝祭(Thanksgiving Day)翌日のブラジルでのブラックフライデー商戦やクリスマス商戦を活性化させる効果があり、また年明けの小売販売も活性化が継続すると予想されている。

Adolfo Sachsida長官は、今年のGDP伸び率は0.85%が予想されていたが、FGTS預金や社会統合基金(PIS)/公務員厚生年金(PASEP)の引出効果で1.00%近くに上昇、2020年のGDP伸び率は2.17%に達すると見込んでいる。

FGTS預金は9月13日から500レアルまでの預金引出が開始され、過去40日間で既に3730万人の労働者が154億レアルを引き出していると連邦貯蓄金庫では発表している。

サンパウロ商業会(ACSP)では、今年のブラックフライデー商戦やクリスマス商戦は前年比2.0%増加を予想していたが、ボルサ・ファミリア受給者向けの13か月サラリーの25億レアルの臨時歳出で、予想を上回る売り上げに繋がると上方修正している。

また現役サラリーマンの13か月サラリー支給で消費市場には2,300億レアル~2,400億レアル、勤続期間保障基金(FGTS)預金などの400億レアルで消費市場の活性化が見込まれている。(2019年10月22日付けエスタード紙)



2019/12/04 » ブラックフライディーの小売販売は記録更新
2019/12/02 » 販売好調のブラックフライディーで経済回復兆候か
2019/11/14 » 9月の小売販売は最終四半期回復を示唆
2019/11/13 » 南米のEコマース最大手のメルカドリブレの不渡り増加
2019/11/13 » スタートアップPitzi社が6,000万レアルの資金調達
2019/10/22 » FGTS先払いやボルサ・ファミリアの13か月サラリーで145億レアルの消費活性
2019/09/30 » 今年のクリスマス商戦向け臨時雇用は10万人突破予想
2019/09/12 » 今年7月の一般小売販売はクレジットが牽引して1.0%増加
2019/09/05 » FGTS並びにPISの預金引出による一般消費は130億レアル予想
2019/09/04 » ブラックフライデー商戦は過去2番目の売上に留まるか
2019/08/08 » 今年6月の一般小売は前年比僅か0.1%増加で期待外れ
2019/08/05 » アルバイト感覚でネットショップ開設が急増
2019/07/12 » 5月の一般小売販売は食料品価格上昇で低迷
2019/06/17 » マガジン・ルイーザ社がNetshoes社を4億5,000万レアルで買収
2019/06/13 » 今年4月の小売販売は前月比マイナス0.6%
2019/05/27 » 今年第1四半期の小売販売は閉店が開店を上回った
2019/05/10 » 今年3月の小売販売は前月比0.3%増加
2019/04/15 » 今年初め2カ月間の一般消費は5.2%下落
2019/04/10 » 今年2月の一般小売販売は前月並みで浮上せず
2019/03/18 » 過去3年間で25%の有名ブランド撤退

バックナンバー »