Câmara do Japão
Português
検索: OK

商業

検索期間を指定してください: OK
今年のクリスマス商戦向け臨時雇用は10万人突破予想 2019/09/30

ブラジル小売販売業者連盟(CNDL)並びにブラジル・クレジット保護サービス(SPC Brasil)の調査によると、今年末のクリスマス商戦向け臨時雇用は10万3,000人に達すると予想されている。

今年7月の小売販売は4カ月連続で増加、今年初め7か月間の小売販売は前年同期比0.8%増加、サービス業部門も1.2%増加しているとブラジル・クレジット保護サービス(SPC Brasil)チーフエコノミストのマルセラ・カワウチ氏は、指摘している。

今年の年末商戦向け小売部門並びにサービス部門の臨時雇用の平均給与は1,597レアルを予想、小売販売業の企業経営者の43%は去年よりも商品在庫の増加を見込んでいる。

年末商戦向け小売部門並びにサービス部門の臨時雇用形態では、労働手帳に記載しない非正規雇用が全体の48.9%、正規雇用は44.7%、アウトソーシングの比率は最も低いと予想されている。

経済リセッション直前の2014年の年末商戦向けの臨時雇用は30万人を突破していたものの、経済リセッション中の2017年は5万1,000人、2018年は5万9,200人に留まっていたが、今年は昨年の2倍近い10万人突破が予想されている。

年内の国内経済活性化の一環として一般消費者の消費拡大するために、現役サラリーマンの勤続期間保障基金(FGTS)預金や凍結預金引出を承認。FGTS預金は9月13日から500レアルまでの預金引出が開始される一方で、社会統合基金(PIS)/公務員厚生年金(PASEP)の引出は8月から開始、今年8月から12月末までの引出総額は300億レアルが見込まれている。

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)では、引出総額300億レアルの使い道として、一般消費は131億レアル、122億レアルは負債返済に充てられると予想されている。

CNC商業連合チーフエコノミストのファービオ・ベンテス氏は、2015年末までに正当な理由で解雇されたり、辞任を申し入れたりして会社を辞めた人が、退職後も引き出せずにいた勤続期間保障基金(FGTS)に積み立てられた凍結預金の引き出しが2017年3月10日から開始され、7月31日で終了した時のFGTS凍結預金の引出総額440億レアルであった。

しかし経済リセッションによる失業率の高止まりで引出された凍結預金の大半が負債返済に充てられ、小売販売での消費は僅か110億レアルに留まっていたが、今年末は一般消費拡大が見込まれている。(2019年9月30日付けエスタード紙)



2019/11/13 » 南米のEコマース最大手のメルカドリブレの不渡り増加
2019/11/13 » スタートアップPitzi社が6,000万レアルの資金調達
2019/10/22 » FGTS先払いやボルサ・ファミリアの13か月サラリーで145億レアルの消費活性
2019/09/30 » 今年のクリスマス商戦向け臨時雇用は10万人突破予想
2019/09/12 » 今年7月の一般小売販売はクレジットが牽引して1.0%増加
2019/09/05 » FGTS並びにPISの預金引出による一般消費は130億レアル予想
2019/09/04 » ブラックフライデー商戦は過去2番目の売上に留まるか
2019/08/08 » 今年6月の一般小売は前年比僅か0.1%増加で期待外れ
2019/08/05 » アルバイト感覚でネットショップ開設が急増
2019/07/12 » 5月の一般小売販売は食料品価格上昇で低迷
2019/06/17 » マガジン・ルイーザ社がNetshoes社を4億5,000万レアルで買収
2019/06/13 » 今年4月の小売販売は前月比マイナス0.6%
2019/05/27 » 今年第1四半期の小売販売は閉店が開店を上回った
2019/05/10 » 今年3月の小売販売は前月比0.3%増加
2019/04/15 » 今年初め2カ月間の一般消費は5.2%下落
2019/04/10 » 今年2月の一般小売販売は前月並みで浮上せず
2019/03/18 » 過去3年間で25%の有名ブランド撤退
2019/03/14 » 今年1月の一般小売販売は0.4%増加に留まる
2019/03/08 » 今年のEコマースは前年比15.0%増加予想
2019/02/19 » 小売販売が経済リセッション前の水準に戻るには2020年か

バックナンバー »