Câmara do Japão
Português
検索: OK

商業

検索期間を指定してください: OK
FGTS並びにPISの預金引出による一般消費は130億レアル予想 2019/09/05

連邦政府は新社会保障改革案の国会承認が10月以降にずれ込むために、年内の国内経済活性化の一環として一般消費者の消費拡大するために、現役サラリーマンの勤続期間保障基金(FGTS)預金や凍結預金引出を承認した。

FGTS預金は9月13日から500レアルまでの預金引出が開始される一方で、社会統合基金(PIS)/公務員厚生年金(PASEP)の引出は8月から開始されるが、今年8月から12月末までの引出総額は300億レアルが見込まれている。

勤続期間保障基金(FGTS)並びに社会統合基金(PIS)の引出総額300億レアルの90%以上を占める280億レアルは、勤続期間保障基金(FGTS)の預金であり、残り20億レアルは社会統合基金(PIS)となっている。

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)では、引出総額300億レアルの使い道として122億レアルは負債返済に充てられると予想、一般消費は96億レアル、預金並びに先々の消費は47億レアル、外食や旅行への消費は35億レアルが見込まれている。

96億レアルの小売販売での一般消費として、衣類・履物向けには33億レアル、スーパーは25億レアル、家電・家具は17億レアル、日用雑貨・電気電子製品9億レアル、その他の製品は12億レアルが予想されている。

勤続期間保障基金(FGTS)並びに社会統合基金(PIS)の引出総額の70%は第4四半期であり、ブラックフライデーや年末商戦の消費に結び付くことを全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)では期待している。

2015年末までに正当な理由で解雇されたり、辞任を申し入れたりして会社を辞めた人が、退職後も引き出せずにいた勤続期間保障基金(FGTS)に積み立てられた凍結預金の引き出しがミッシェル・テーメル政権時の2017年3月10日から開始され、7月31日で終了。440億レアルの凍結預金引出を記録、そのうち46%は負債軽減や資本財購入に結び付いていた経緯があった。(2019年9月5日付けエスタード紙)



2019/12/04 » ブラックフライディーの小売販売は記録更新
2019/12/02 » 販売好調のブラックフライディーで経済回復兆候か
2019/11/14 » 9月の小売販売は最終四半期回復を示唆
2019/11/13 » 南米のEコマース最大手のメルカドリブレの不渡り増加
2019/11/13 » スタートアップPitzi社が6,000万レアルの資金調達
2019/10/22 » FGTS先払いやボルサ・ファミリアの13か月サラリーで145億レアルの消費活性
2019/09/30 » 今年のクリスマス商戦向け臨時雇用は10万人突破予想
2019/09/12 » 今年7月の一般小売販売はクレジットが牽引して1.0%増加
2019/09/05 » FGTS並びにPISの預金引出による一般消費は130億レアル予想
2019/09/04 » ブラックフライデー商戦は過去2番目の売上に留まるか
2019/08/08 » 今年6月の一般小売は前年比僅か0.1%増加で期待外れ
2019/08/05 » アルバイト感覚でネットショップ開設が急増
2019/07/12 » 5月の一般小売販売は食料品価格上昇で低迷
2019/06/17 » マガジン・ルイーザ社がNetshoes社を4億5,000万レアルで買収
2019/06/13 » 今年4月の小売販売は前月比マイナス0.6%
2019/05/27 » 今年第1四半期の小売販売は閉店が開店を上回った
2019/05/10 » 今年3月の小売販売は前月比0.3%増加
2019/04/15 » 今年初め2カ月間の一般消費は5.2%下落
2019/04/10 » 今年2月の一般小売販売は前月並みで浮上せず
2019/03/18 » 過去3年間で25%の有名ブランド撤退

バックナンバー »