Câmara do Japão
Português
検索: OK

商業

検索期間を指定してください: OK
今年6月の一般小売は前年比僅か0.1%増加で期待外れ 2019/08/08

ブラジル地理統計院(IBGE)の月間小売調査(PMC)によると、2019年6月の自動車並びに建材を除く一般小売販売は、高止まりする失業率並びに停滞する国内経済、一般家庭の負債増加などの要因で前月比僅か0.1%増加に留まって、期待外れの小売販売を記録している。

しかし9月13日から500レアルまでの現役サラリーマンの勤続期間保障基金(FGTS)預金や凍結預金の引出開始並びに上院での年金法案可決の予想による景況感の回復などの要因で、今年下半期の一般小売販売は回復すると予想されている。

Valor Data社の24社の金融機関対象の調査では、今年6月の一般小売販売は前月比0.5%増加、自動車並びに建材を含む広範囲小売販売は0.6%増加が予想されていたにも拘らず、それぞれ予想を下回った。

中銀の発表によると、今年6月の一般消費者の負債額は2016年4月以降では最高の負債額を抱えており、6月の過去12カ月間の平均負債額は44.04%増加している。

第1四半期の広範囲小売販売は前期比0.5%増加、第2四半期は自動車販売が牽引して前期比1.2%増加しているとテンデンシアス・コンスルトリア社エコノミストのイザベラ・タヴァーレス氏は指摘している。

2019年6月の一般小売販売は前月比0.1%増加、前年同月比マイナス0.3%、第2四半期は前四半期比マイナス0.3%、6月の過去12カ月間の一般小売販売は1.1%増加している。

前記同様に今年6月の一般小売販売の燃料・潤滑油セクターはマイナス1.4%、0.5%増加、マイナス1.1%、マイナス2.1%、ハイパー・スーパーマーケット・食料品・飲料・嗜好品セクターは0.0%、0.7%増加、マイナス1.6%、1.0%であった。

また繊維・衣料・履物セクターは1.5%増加、マイナス1.1%、マイナス3.4%、マイナス0.1%、家具・家電セクターはマイナス1.0%、マイナス6.5%、1.3%増加、マイナス2.0%であった。

医薬品・香水・化粧品・医療機器セクターは0.3%増加、5.0%増加、1.0%増加、6.1%増加、書籍類・印刷物・製本セクターはマイナス0.8%、マイナス26.2%、1.9%増加、マイナス24.6%、情報機器・事務機器・通信機器セクターマイナス2.4%、マイナス8.8%、マイナス4.9%、0.3%増加、日用雑貨・装身具類セクターは0.1%増加、マイナス0.8%、マイナス1.1%、6.0%増加。

前記同様に今年6月の広範囲小売販売は0.0%、1.7%増加、1.2%増加、3.7%増加、二輪・四輪・部品セクターは3.6%増加、10.0%増加、4.3%増加、12.4%増加、建材セクターはマイナス1.2%、マイナス3.6%、1.1%増加、3.0%増加を記録していた。(2019年8月8日付けヴァロール紙)



2019/12/04 » ブラックフライディーの小売販売は記録更新
2019/12/02 » 販売好調のブラックフライディーで経済回復兆候か
2019/11/14 » 9月の小売販売は最終四半期回復を示唆
2019/11/13 » 南米のEコマース最大手のメルカドリブレの不渡り増加
2019/11/13 » スタートアップPitzi社が6,000万レアルの資金調達
2019/10/22 » FGTS先払いやボルサ・ファミリアの13か月サラリーで145億レアルの消費活性
2019/09/30 » 今年のクリスマス商戦向け臨時雇用は10万人突破予想
2019/09/12 » 今年7月の一般小売販売はクレジットが牽引して1.0%増加
2019/09/05 » FGTS並びにPISの預金引出による一般消費は130億レアル予想
2019/09/04 » ブラックフライデー商戦は過去2番目の売上に留まるか
2019/08/08 » 今年6月の一般小売は前年比僅か0.1%増加で期待外れ
2019/08/05 » アルバイト感覚でネットショップ開設が急増
2019/07/12 » 5月の一般小売販売は食料品価格上昇で低迷
2019/06/17 » マガジン・ルイーザ社がNetshoes社を4億5,000万レアルで買収
2019/06/13 » 今年4月の小売販売は前月比マイナス0.6%
2019/05/27 » 今年第1四半期の小売販売は閉店が開店を上回った
2019/05/10 » 今年3月の小売販売は前月比0.3%増加
2019/04/15 » 今年初め2カ月間の一般消費は5.2%下落
2019/04/10 » 今年2月の一般小売販売は前月並みで浮上せず
2019/03/18 » 過去3年間で25%の有名ブランド撤退

バックナンバー »