Câmara do Japão
Português
検索: OK

商業

検索期間を指定してください: OK
今年9月の小売販売はPIS/ PASEP引出減少でマイナス1.3%に落込む 2018/11/14

ブラジル地理統計院(IBGE)の月間小売調査(PMC)によると、2018年9月の自動車や建材部門を含まない前月比の小売販売は、社会統合基金(PIS)/公務員厚生年金(PASEP)引出総額が8月から大幅に減少した影響でマイナス1.3%を記録、9月としては2000年以降では最大の落込みを記録している。

Valor Data社による金融機関の調査では、今年9月の小売販売は前月比マイナス0.2%の予想であったが、高い失業率や一般消費者の景況感回復の遅れが消費者の財布の紐を占めている。

更に9月の社会統合基金(PIS)/公務員厚生年金(PASEP)引出総額は、8月の110億レアルを大幅に下回る25億レアルに留まったために、スーパーマーケットでの一般消費が低迷している。

しかし今年第3四半期の小売販売は、5月下旬から11日間継続したトラック運転手の国道封鎖抗議デモの影響で低迷していた第2四半期の小売販売並みにはなると予想されている。

LCAコンサルタント社では、今年第3四半期の小売販売は前四半期比2.3%増加、前年同期比でも3.0%増加を予想、ジェツリオ・ヴァルガス財団ブラジル経済研究所(Ibre/FGV)では1.9%増加、2.7%増加を予想している。

またイタウー銀行では、今年10月の小売販売は前月比0.5%増加を予想、MCM Consultores社では、今年10月の小売販売は前月比0.0%、自動車や建材部門を含む広範囲小売販売は0.9%増加を予想している。

今年9月の自動車や建材部門を含まない小売販売は前月比マイナス1.3%、過去12カ月間では2.3%増加、前記同様にセクター別小売販売の燃料・潤滑油セクターはマイナス2.0%、マイナス5.8%と低迷している。

またハイパー・スーパーマーケット・食品・飲料・嗜好品セクターはマイナス1.2%、4.4%増加、繊維・衣料・履物セクターは0.6%増加、マイナス3.0%、家具・家電セクターは2.0%増加、マイナス1.0%、医薬品・香水・医療機器セクターはマイナス0.4%、5.4%増加している。

書籍類・印刷物・製本セクターはマイナス1.0%、マイナス10.1%、情報機器・事務機器・通信機器セクターはマイナス0.2%、マイナス0.2%、日用雑貨・装身具類セクターはマイナス1.0%、7.3%増加。

自動車や建材を含む広範囲小売販売はマイナス1.5%、5.2%増加、四輪・二輪・部品はマイナス0.1%、15.7%増加、建材セクターはマイナス1.7%、3.9%増加であった。(2018年11月14日付けヴァロール紙)



2019/07/12 » 5月の一般小売販売は食料品価格上昇で低迷
2019/06/17 » マガジン・ルイーザ社がNetshoes社を4億5,000万レアルで買収
2019/06/13 » 今年4月の小売販売は前月比マイナス0.6%
2019/05/27 » 今年第1四半期の小売販売は閉店が開店を上回った
2019/05/10 » 今年3月の小売販売は前月比0.3%増加
2019/04/15 » 今年初め2カ月間の一般消費は5.2%下落
2019/04/10 » 今年2月の一般小売販売は前月並みで浮上せず
2019/03/18 » 過去3年間で25%の有名ブランド撤退
2019/03/14 » 今年1月の一般小売販売は0.4%増加に留まる
2019/03/08 » 今年のEコマースは前年比15.0%増加予想
2019/02/19 » 小売販売が経済リセッション前の水準に戻るには2020年か
2019/02/14 » 2018年の小売販売は前年比2.3%増加
2019/01/16 » 昨年11月の小売販売は2000年以降では最高記録
2018/11/26 » ブラックフライデーの不正割引宣伝がトップ
2018/11/21 » 今年のブラックフライディー商戦は32億7,000万レアル予想
2018/11/14 » 今年9月の小売販売はPIS/ PASEP引出減少でマイナス1.3%に落込む
2018/09/14 » 今年7月の小売販売は予想に反してマイナスを記録
2018/08/13 » 2018年6月の小売販売は2カ月連続で前月比割れ
2018/07/24 » 日系二世のドラッグストアチェーンが急拡大
2018/07/13 » 6月の小売販売はトラック運転手抗議デモの影響を引きずっている

バックナンバー »