Câmara do Japão
Português
検索: OK

商業

検索期間を指定してください: OK
アラブ系並びにユダヤ系商人がブラス地区の小売業界を席捲 2018/04/02

繊維問屋街として半世紀以上に亘って知名度の高いサンパウロ旧市街地のブラス地区では、長年に亘ってアラブ系やユダヤ系商人が繊維製品で商いを行っていたが、過去10年間以上に亘って、営業許可を持たない露天商の路上での安売りとの競争を余儀なくされていた。

また営業許可を持たない露天商は、低価格でのコピー商品販売などで不当競争を余儀なくされていた老舗のアラブ系やユダヤ系商店グループは、対抗措置として、初めにショッピングセンターMega Polo Modaを設立して対抗した。

ブラス地区並びに隣接のパリ地区には、すでに11ショッピングセンターが設立されており、年間売上は16億レアル、間口の狭いBOX小売店を擁しているオーナーは、すでに5000人以上に達している。
ブラス地区でも最も訪問客の多いShopping Vautier Premiumは、ビスケットメーカーのTostins社の工場跡に建設され、1,500店舗に達するBOXを擁しており、ブラジル全国から再販の仕入れに各地方の商店主が買い出しでにぎわっている。

ブラス地区でのショッピングセンター設立は12年前にレバノン系とユダヤ系商人が開始、初めにショッピングセンターMega Polo Moda1及び2を建設して、周辺のショッピングセンター開発の起爆剤となった。

ブラス区のショッピングセンター開発にはファッション関連小売販売大手のC&A社、Riachuelo社、ブラジルで最も伝統的な主にディナーナイフ・フォーク・スプーンなどのカトラリー製品メーカーで、世界120カ国以上の市場に進出しているトラモンチーナ社の宣伝を手掛けたジューリオ・タカノ氏が先導役を担っている。

ショッピングセンターMega Polo Moda1及び2では、他州から購買に来る大口顧客に対して、ショッピングセンター内に顧客専用の事務所や休憩場所を提供して便宜を図っている。

ショッピングセンターMega Polo Modaのアデリーノ・バジリオリ営業取締役は、サンパウロ市内及び他州でのショッピングセンター設立のために、ホールディング企業設立を検討している。

ショッピングセンターMega Polo Modaは、今年8月にゴイアス州ゴイアニア市に200店舗以上のBOXを擁するショッピングセンターを設立、繊維・衣類製品以外にも化粧品分野の小売販売もターゲットにしている。

ブラス地区のショッピングセンターへのBOXでの小売販売には、伝統的に電気製品販売が主流のGaleria Page内にBOXを構えていた人にも開放している一方で、希望者には正規の営業許可取得を義務付けている。

ブラス地区の11カ所のショッピングセンターとして、ショッピングセンターMega Polo Moda1及び2、Page Bras、 Porto Bras、 Vautie、r  Vautier Premium、 New Mall 、Total、 HD Mall、 ALL Bras、 Fashion Brasが全国から訪れる顧客獲得に凌ぎを削っている。(2018年4月1日付けエスタード紙)



2020/10/09 » 8月の小売販売量は前月比3.4%増加(2020年10月8日付けヴァロール紙)
2020/10/07 » COVID-19パンデミックで閉鎖していたショッピングセンターの6,000店舗が再開(2020年10月7日付けヴァロール紙)
2020/09/23 » 過去6ヶ月のオンラインコマース販売伸び率が6年間の伸び率に相当(2020年9月22日付けエスタード紙)
2020/09/11 » 今年7月の一般小売販売は前月比5.2%増加(2020年9月10日付けヴァロール紙)
2020/08/13 » 6月の小売販売はスーパーマーケット下牽引して8.0%増加(2020年8月12日付けエスタード紙)
2020/08/12 » 600レアルの緊急補助金支給は小売販売の売上減少に歯止め(2020年8月11日付けエスタード紙)
2020/08/11 » メルカードリブレ社の第2四半期のブラジル国内の純益は前年同期比61%増加(2020年8月10日付けヴァロール紙)
2020/07/09 » 今年5月の一般小売販売は前月比二桁増加の13.9%急増(2020年7月8日付けのヴァロール紙)
2020/07/06 » 6月の1日平均の電子インボイス発行は、前月比15.6%増加の239億レアルを記録(2020年7月5日付けエスタード紙)
2020/06/30 » COVID-19パンデミックで書籍販売はオンライン販売限定で大幅減少も5月中旬以降は僅かに回復傾向(2020年6月29日付けヴァロール紙)
2020/06/24 » ショッピングセンターの売上は68.7%減少の最悪期は過ぎたか(2020年6月23日付けエスタード紙)
2020/06/17 » 4月の一般小売販売量は前月比マイナス16.8%で過去最悪の落込み幅を記録(2020年6月16日付けヴァロール紙/ブラジル地理統計院(IBGE)サイトから抜粋)
2020/06/12 » パンデミック90日間のインターネット販売は71%増加(2020年6月11日付けヴァロール紙)
2020/06/04 » サンパウロ市の恋人の日の小売販売は前年比33%減少予想(2020年6月3日付けエスタード紙)
2020/05/14 » 今年3月の一般小売販売はスーパーマーケットの通常営業にも拘らず、前月比マイナス2.5%の落込みを記録(2020年5月13日付けエスタード紙)
2020/05/11 » Via Varejo社並びにCentauro社はキャッシュフロー強化のため増資で資金調達 (2020年5月11日付けエスタード紙)
2020/05/07 » メルカードリブレはEコマースに拍車をかけ、ブラジルのスーパー業界に参入(2020年5月6日付けヴァロールエコノミコ紙)
2020/04/30 » 下落傾向だった電化製品の販売が2020年4月第3週に入って2%拡大(2020年4月30日付けバロール紙)
2020/04/29 » 2020年4月のICSでサービス業にもパンデミック禍が直撃していることが判明し第2四半期のGDPにも赤信号(2020年4月29日付けバロール紙)
2020/04/27 » サンゴバンが2020年の業績を下方修正し前年比-15%も想定(2020年4月27日付けバロール紙)

バックナンバー »