Câmara do Japão
Português
検索: OK

商業

検索期間を指定してください: OK
AMAZONがブラジルで電気製品のネット販売開始でコンペチターは驚愕 2017/10/18

コンピュータネットワーク上での電子的情報通信によって商品やサービスを売買したり分配したりする「eコマース」市場でのAMAZON社によるセルラー電話や情報通信機器、白物家電販売開始は、黒船到来とローカルコンペチターは驚愕している。

米国資本アマゾン社は、ブラジルに2012年に「eコマース」市場での書籍販売で進出、書籍市場では10%のマーケットシェアを確保していたが、漸くブラジル「eコマース」市場で41%のマーケットを占める電気電子機器販売を開始する。

「eコマース」市場のローカルコンペチターのMagazine Luiza社の先週の株価は、今月18日からのアマゾン社による電気電子機器の販売開始のニュースの影響で19.86%下落、昨日17日の株価も7.94%下落している。

またAmericana.comの先週の株価は22.95%下落、昨日17日の株価も5.6%下落してわずか1週間で30%近い下落を記録、前記同様にVia Varejo社は14.48%下落している。

ブラジル国内の「eコマース」市場の内訳は、セルラー電話販売が22.3%を占めてトップ、次いで家電が18.8%、電気製品が9.6%、情報機器が9.2%、家庭内デコレーション関連が8.3%、衣類・アクセサリーが6.4%、化粧品・香水類が4.8%、スポーツ・レジャー用品が3.8%、食料品・飲料が2.4%、自動車用品が2.3%、その他が12.1%を占めている。

南米一のネットショップサイトのアルゼンチン資本Mercado Livre社のStelleo Tolda取締役は、アマゾン社によるeコマース市場での電気製品販売開始が非常に遅れたことに驚いているが、今年上半期のeコマース市場での電気製品販売は前年同期比51%増加している。(2017年10月18日付けエスタード紙)



2019/09/30 » 今年のクリスマス商戦向け臨時雇用は10万人突破予想
2019/09/12 » 今年7月の一般小売販売はクレジットが牽引して1.0%増加
2019/09/05 » FGTS並びにPISの預金引出による一般消費は130億レアル予想
2019/09/04 » ブラックフライデー商戦は過去2番目の売上に留まるか
2019/08/08 » 今年6月の一般小売は前年比僅か0.1%増加で期待外れ
2019/08/05 » アルバイト感覚でネットショップ開設が急増
2019/07/12 » 5月の一般小売販売は食料品価格上昇で低迷
2019/06/17 » マガジン・ルイーザ社がNetshoes社を4億5,000万レアルで買収
2019/06/13 » 今年4月の小売販売は前月比マイナス0.6%
2019/05/27 » 今年第1四半期の小売販売は閉店が開店を上回った
2019/05/10 » 今年3月の小売販売は前月比0.3%増加
2019/04/15 » 今年初め2カ月間の一般消費は5.2%下落
2019/04/10 » 今年2月の一般小売販売は前月並みで浮上せず
2019/03/18 » 過去3年間で25%の有名ブランド撤退
2019/03/14 » 今年1月の一般小売販売は0.4%増加に留まる
2019/03/08 » 今年のEコマースは前年比15.0%増加予想
2019/02/19 » 小売販売が経済リセッション前の水準に戻るには2020年か
2019/02/14 » 2018年の小売販売は前年比2.3%増加
2019/01/16 » 昨年11月の小売販売は2000年以降では最高記録
2018/11/26 » ブラックフライデーの不正割引宣伝がトップ

バックナンバー »