Câmara do Japão
Português
検索: OK

商業

検索期間を指定してください: OK
1月の小売販売は予想を下回るマイナス0.7% 2017/03/31

ブラジル地理統計院(IBGE)の月間小売調査(PMC)によると、今年1月の自動車や建材を含まない小売販売は前月比マイナス0.7%を記録、調査対象の24金融機関の平均予想マイナス0.4%を下回って依然として低迷している。

しかし前記同様に自動車や建材を含む広範囲小売販売もマイナス0.2%を記録して、今年第1四半期の国内総生産(GDP)伸び率は下方修正を余儀なくされると予想されている。

多くのエコノミストは、インフレ指数(Selic)の低下傾向並びに政策誘導金利(Selic)の切下げサイクル入りしているにも関わらず、一般消費者の軽減しない負債や高止まりする失業率などの要因で、一般消費者の景況感が好転していない。

勤続期間保障基金(FGTS)に積み立てられた凍結預金の引出期間は今年3月10日~7月31日迄、凍結預金の引出総額は400億レアルに達するものの、凍結預金は初めに負債返済に宛がわれると予想されている。

勤続期間保障基金(FGTS)の凍結預金の引出総額の40%は消費市場に流れると予想されているにも関わらず、高い失業率及び引き締められているクレジットなどの要因で、小売販売の上昇傾向が顕著になるのは、今年下半期からになるとコンサルタント会社Parallaxis社のエコノミストは比較的悲観的な予想している。

今年1月の自動車や建材を含まない小売販売は前月比マイナス0.7%、過去12カ月間ではマイナス5.9%、そのうち燃料・潤滑油セクターの小売販売はマイナス4.4%、マイナス8.8%、前記同様にスーパー・食品・飲料・嗜好品セクターは0.2%増加、マイナス3.2%となっている。

また前記同様に繊維・衣料・履物セクターはマイナス4.1%増加、マイナス10.4%、家具・家電セクターはマイナス0.1%、マイナス10.6%、家具・家電セクターはマイナス1.1%、マイナス2.6%、書籍類・印刷物・製本セクターはマイナス1.9%、マイナス16.7%、事務機器・通信機器・情報機器セクターはマイナス4.8%、マイナス10.7%、その他の日用雑貨・装身具類 セクターはマイナス1.8%、マイナス8.8%となっている。

前記同様に自動車や建材を含む広範囲小売販売はマイナス0.2%、マイナス7.9%、そのうち二輪・四輪・自動車部品セクターは0.3%増加、マイナス9.2%、建材セクターはマイナス0.8%、マイナス9.2%であった。(2017年3月31日付けヴァロール紙)



2019/07/12 » 5月の一般小売販売は食料品価格上昇で低迷
2019/06/17 » マガジン・ルイーザ社がNetshoes社を4億5,000万レアルで買収
2019/06/13 » 今年4月の小売販売は前月比マイナス0.6%
2019/05/27 » 今年第1四半期の小売販売は閉店が開店を上回った
2019/05/10 » 今年3月の小売販売は前月比0.3%増加
2019/04/15 » 今年初め2カ月間の一般消費は5.2%下落
2019/04/10 » 今年2月の一般小売販売は前月並みで浮上せず
2019/03/18 » 過去3年間で25%の有名ブランド撤退
2019/03/14 » 今年1月の一般小売販売は0.4%増加に留まる
2019/03/08 » 今年のEコマースは前年比15.0%増加予想
2019/02/19 » 小売販売が経済リセッション前の水準に戻るには2020年か
2019/02/14 » 2018年の小売販売は前年比2.3%増加
2019/01/16 » 昨年11月の小売販売は2000年以降では最高記録
2018/11/26 » ブラックフライデーの不正割引宣伝がトップ
2018/11/21 » 今年のブラックフライディー商戦は32億7,000万レアル予想
2018/11/14 » 今年9月の小売販売はPIS/ PASEP引出減少でマイナス1.3%に落込む
2018/09/14 » 今年7月の小売販売は予想に反してマイナスを記録
2018/08/13 » 2018年6月の小売販売は2カ月連続で前月比割れ
2018/07/24 » 日系二世のドラッグストアチェーンが急拡大
2018/07/13 » 6月の小売販売はトラック運転手抗議デモの影響を引きずっている

バックナンバー »