Câmara do Japão
Português
検索: OK

商業

検索期間を指定してください: OK
経済リセッションの影響でクリスマス商戦向け発注が低調 2016/11/07

家電メーカーが集中しているマナウスフリーゾーンの電機メーカーへの大手家電販売からの発注は、例年10月に開始されるにも関わらず、今年は経済リセッションの影響で小売販売店の在庫調整が進んでいないために遅れている。

現在のマナウスフリーゾーンの音響機器並びに映像機器メーカーの製造ラインの稼働率は、経済リセッションの影響を受けて販売が大幅に落ち込んでいるために50%にも達していないとアマゾナス州工業センター(Cienam)のウイルソン・ペリコ会長は指摘している。

2015年末のマナウスフリーゾーンの電機・電子メーカーの雇用総数は4万1,200人であったが、今年8月末の雇用総数は3万1,400人と約1万人減少しているとマナウスフリーゾーン監督庁(Suframa)では発表している。

また例年10月から翌年1月にかけてマナウスフリーゾーンの家電メーカーの雇用は、臨時工を中心に前年同期比6.0%~7.0%増加するにも関わらず、今年は過去25年間で最低の製品発注レベルに落ち込んでいる影響で、各家電メーカーでは、臨時採用を見合わせているとCienamのウイルソン・ペリコ会長は説明している。

今年初め8か月間のマナウスフリーゾーンの電機・電子メーカーの前年同期比のセクター別生産比較では、ホームシアター生産は前年同期比82.7%下落、全地球測位システム(GPS)は75.6%と大幅に減少している。

また前記同様に普及型エアコンは前年同期比67.9%減少、スプリット型ルームエアコンは60.3%減少、音響機器は51.1%減少、電子レンジは40.6%減少、タブレットPCは36.5%減少、液晶テレビは19.8%減少、ポータブル コンピューターは3.3%減少、唯一セルラーは6.0%増加している。

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の小売販売調査によると、35%の小売販売店の家電製品を含む耐久消費財在庫は、通常を上回る過剰在庫を抱えており、非耐久消費財の過剰在庫は28.1%となっている。(2016年11月7日付けエスタード紙)



2019/07/12 » 5月の一般小売販売は食料品価格上昇で低迷
2019/06/17 » マガジン・ルイーザ社がNetshoes社を4億5,000万レアルで買収
2019/06/13 » 今年4月の小売販売は前月比マイナス0.6%
2019/05/27 » 今年第1四半期の小売販売は閉店が開店を上回った
2019/05/10 » 今年3月の小売販売は前月比0.3%増加
2019/04/15 » 今年初め2カ月間の一般消費は5.2%下落
2019/04/10 » 今年2月の一般小売販売は前月並みで浮上せず
2019/03/18 » 過去3年間で25%の有名ブランド撤退
2019/03/14 » 今年1月の一般小売販売は0.4%増加に留まる
2019/03/08 » 今年のEコマースは前年比15.0%増加予想
2019/02/19 » 小売販売が経済リセッション前の水準に戻るには2020年か
2019/02/14 » 2018年の小売販売は前年比2.3%増加
2019/01/16 » 昨年11月の小売販売は2000年以降では最高記録
2018/11/26 » ブラックフライデーの不正割引宣伝がトップ
2018/11/21 » 今年のブラックフライディー商戦は32億7,000万レアル予想
2018/11/14 » 今年9月の小売販売はPIS/ PASEP引出減少でマイナス1.3%に落込む
2018/09/14 » 今年7月の小売販売は予想に反してマイナスを記録
2018/08/13 » 2018年6月の小売販売は2カ月連続で前月比割れ
2018/07/24 » 日系二世のドラッグストアチェーンが急拡大
2018/07/13 » 6月の小売販売はトラック運転手抗議デモの影響を引きずっている

バックナンバー »