Câmara do Japão
Português
検索: OK

商業

検索期間を指定してください: OK
昨年の小売販売は2001年以降では最悪を記録 2016/02/17

ブラジル地理統計院(IBGE)の月間小売販売調査によると、クレジット販売による金利上昇並びに高止まりするインフレ指数、実質賃金の減少、正規雇用の減少などの要因で、2015年の小売販売は前年比4.3%と大幅に減少して2001年から統計を取り始めて最悪の落込みを記録している。

また2015年の自動車ならびに建材を含む広範囲小売販売は、前年比8.6%と大幅に減少して2004年以降では最大の落込みを記録、経済回復が不透明な経済リセッションの継続が鮮明となっている。

14.25% に据え置かれた政策誘導金利(Selic)や1月のインフレ指数が1.0%を突破、新車販売の不振、世界的な株価の低迷や継続する国際コモディティ価格の低迷などの要因で、2016年上半期の小売販売は継続して低調に推移すると予想されている。

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)エコノミストのファービオ・ベンテス氏は今年の小売販売は前年比3.9%減少、自動車ならびに建材を含む広範囲小売販売は7.8%減少を予想している。

2015年12月の自動車ならびに建材を含まない小売販売は、11月のブラックフライディーによる大幅割引セールの影響で前月比マイナス2.7%、前年同月比マイナス7.1%、2015年通期ではマイナス4.3%、前記同様に燃料・潤滑油セクターは0.5%増加、マイナス1.0%、マイナス6.2%、スーパー・食品・飲料・嗜好品セクターはマイナス1.0%、マイナス3.7%、マイナス2.5%であった。

また前記同様に繊維・衣料・履物セクターはマイナス2.1%、マイナス10.3%、マイナス8.7%、家具・家電セクターはマイナス8.7%、マイナス17.7%、マイナス1.4%、医薬品・香水・医療機器セクターは0.4%増加、3.1%増加、3.0%増加している。

前記同様に情報機器・事務機器・通信機器セクターはマイナス1.4%、マイナス14.9%、マイナス10.9%、書籍類・印刷物・製本セクターはマイナス9.1%、マイナス15.4%、マイナス1.7%、その他の日用雑貨・装身具類セクターはマイナス3.6%、マイナス7.9%、マイナス1.3%となっている。

また前記同様に自動車ならびに建材を含む広範囲小売販売はマイナス0.9%、マイナス11.0%、マイナス8.6%、そのうち四輪・二輪・部品セクターは0.4%増加、マイナス20.0%、マイナス17.8%、建材セクターは1.1%増加、マイナス13.0%、マイナス8.4%となっている。

サンパウロ州商業連合(Fecomercio‐SP)エコノミストのファービオ・ピナ氏は、11%近いインフレで実質賃金が大幅に減少、個人向けクレジットが8.0%減少、また昨年は160万人が失業して改善に兆しが不透明で、今年の小売販売は昨年並みに低調に推移すると予想している。(2016年2月17日付けエスタード紙)

 



2020/10/09 » 8月の小売販売量は前月比3.4%増加(2020年10月8日付けヴァロール紙)
2020/10/07 » COVID-19パンデミックで閉鎖していたショッピングセンターの6,000店舗が再開(2020年10月7日付けヴァロール紙)
2020/09/23 » 過去6ヶ月のオンラインコマース販売伸び率が6年間の伸び率に相当(2020年9月22日付けエスタード紙)
2020/09/11 » 今年7月の一般小売販売は前月比5.2%増加(2020年9月10日付けヴァロール紙)
2020/08/13 » 6月の小売販売はスーパーマーケット下牽引して8.0%増加(2020年8月12日付けエスタード紙)
2020/08/12 » 600レアルの緊急補助金支給は小売販売の売上減少に歯止め(2020年8月11日付けエスタード紙)
2020/08/11 » メルカードリブレ社の第2四半期のブラジル国内の純益は前年同期比61%増加(2020年8月10日付けヴァロール紙)
2020/07/09 » 今年5月の一般小売販売は前月比二桁増加の13.9%急増(2020年7月8日付けのヴァロール紙)
2020/07/06 » 6月の1日平均の電子インボイス発行は、前月比15.6%増加の239億レアルを記録(2020年7月5日付けエスタード紙)
2020/06/30 » COVID-19パンデミックで書籍販売はオンライン販売限定で大幅減少も5月中旬以降は僅かに回復傾向(2020年6月29日付けヴァロール紙)
2020/06/24 » ショッピングセンターの売上は68.7%減少の最悪期は過ぎたか(2020年6月23日付けエスタード紙)
2020/06/17 » 4月の一般小売販売量は前月比マイナス16.8%で過去最悪の落込み幅を記録(2020年6月16日付けヴァロール紙/ブラジル地理統計院(IBGE)サイトから抜粋)
2020/06/12 » パンデミック90日間のインターネット販売は71%増加(2020年6月11日付けヴァロール紙)
2020/06/04 » サンパウロ市の恋人の日の小売販売は前年比33%減少予想(2020年6月3日付けエスタード紙)
2020/05/14 » 今年3月の一般小売販売はスーパーマーケットの通常営業にも拘らず、前月比マイナス2.5%の落込みを記録(2020年5月13日付けエスタード紙)
2020/05/11 » Via Varejo社並びにCentauro社はキャッシュフロー強化のため増資で資金調達 (2020年5月11日付けエスタード紙)
2020/05/07 » メルカードリブレはEコマースに拍車をかけ、ブラジルのスーパー業界に参入(2020年5月6日付けヴァロールエコノミコ紙)
2020/04/30 » 下落傾向だった電化製品の販売が2020年4月第3週に入って2%拡大(2020年4月30日付けバロール紙)
2020/04/29 » 2020年4月のICSでサービス業にもパンデミック禍が直撃していることが判明し第2四半期のGDPにも赤信号(2020年4月29日付けバロール紙)
2020/04/27 » サンゴバンが2020年の業績を下方修正し前年比-15%も想定(2020年4月27日付けバロール紙)

バックナンバー »