Câmara do Japão
Português
検索: OK

商業

検索期間を指定してください: OK
2016年のサンパウロ州小売業界は2年連続で減少予想 2015/12/07

サンパウロ州商業連合(Fecomercio‐SP)の予想によると、2016年のサンパウロ州小売業界の売上総額は前年比5.1%減少の5,040億レアルに留まると予想、今年は前年比7.0%減少の5,307億レアルが予想されている。

サンパウロ州商業連合(Fecomercio‐SP)では、来年のブラジルのGDP伸び率はマイナス3.0%と今年に引き続いて同率の経済停滞になると予想、2年連続でのGDP伸び率マイナスは、1930年以来の経済リセッションに陥っているとFecomercio‐SPのアントニオ・カルロス・ボルジェス取締役は説明している。

またFecomercio‐SPでは、来年のインフレ指数を7.0%、今年は10%、前記同様にSelic金利は14.00%、14.25%、ドルの為替はR$4.20、R$4.00、個人向けクレジットは前年同様マイナス5.0%、サラリーは前年同様マイナス3.0%をそれぞれ予想している。

ジウマ・ロウセフ大統領に対する罷免請求による大統領退陣の可能性など先の見通せない政治問題で国際的な信用下落、財政再建政策の停滞、商業銀行の金利上昇に伴うクレジット金利の上昇、インフレ高騰による一般消費の冷え込みや失業率増加などの要因で、現在のブラジルの信用格付け変更をアントニオ・カルロス・ボルジェス取締役は憂慮している。

10月中旬に格付け会社フィッチは、ブラジルの信用格付け「BBB」から1段階引き下げて投資適格級としては最低の「BBB-」を付与して投資適格級をかろうじて維持しているにも関わらず、2016年初めに投機的等級の「BB+」に格下げされる可能性が現実的になってきているとアントニオ・カルロス・ボルジェス取締役は予想している。

2015年のサンパウロ州小売販売部門調査では、30セクターのうち医薬品・香水セクター並びにスーパーマーケットセクターは前年比2.0%それぞれ増加予想、しかしその他の18セクターでは軒並み前年を下回ると予想されている。

2015年の自動車部品・アクセサリーセクターの小売販売は前年比マイナス3.0%の103億7,600万レアル、自動車販売ディーラーセクターは前年比マイナス16.6%の633億7,700万レアル、家電・電気機器・デパート小売りセクターはマイナス15.1%減少の439億2,400万レアル、建材セクターはマイナス12.2%減少の380億7,300万レアルとなっている。

前記同様に家具・装飾セクターはマイナス11.8%の75億5,400万レアル、衣類・繊維・履物セクターはマイナス461億4,100万レアル、その他の小売りセクターはマイナス9.9%の1,105億6,400万レアル、医薬品・香水セクターは前年比2.0%増加の357億8,400万レアル、スーパーマーケットもセクター前年比2.0%増加の1,749億200万レアルであった。(2015年12月7日付けヴァロール紙)

 



2020/10/09 » 8月の小売販売量は前月比3.4%増加(2020年10月8日付けヴァロール紙)
2020/10/07 » COVID-19パンデミックで閉鎖していたショッピングセンターの6,000店舗が再開(2020年10月7日付けヴァロール紙)
2020/09/23 » 過去6ヶ月のオンラインコマース販売伸び率が6年間の伸び率に相当(2020年9月22日付けエスタード紙)
2020/09/11 » 今年7月の一般小売販売は前月比5.2%増加(2020年9月10日付けヴァロール紙)
2020/08/13 » 6月の小売販売はスーパーマーケット下牽引して8.0%増加(2020年8月12日付けエスタード紙)
2020/08/12 » 600レアルの緊急補助金支給は小売販売の売上減少に歯止め(2020年8月11日付けエスタード紙)
2020/08/11 » メルカードリブレ社の第2四半期のブラジル国内の純益は前年同期比61%増加(2020年8月10日付けヴァロール紙)
2020/07/09 » 今年5月の一般小売販売は前月比二桁増加の13.9%急増(2020年7月8日付けのヴァロール紙)
2020/07/06 » 6月の1日平均の電子インボイス発行は、前月比15.6%増加の239億レアルを記録(2020年7月5日付けエスタード紙)
2020/06/30 » COVID-19パンデミックで書籍販売はオンライン販売限定で大幅減少も5月中旬以降は僅かに回復傾向(2020年6月29日付けヴァロール紙)
2020/06/24 » ショッピングセンターの売上は68.7%減少の最悪期は過ぎたか(2020年6月23日付けエスタード紙)
2020/06/17 » 4月の一般小売販売量は前月比マイナス16.8%で過去最悪の落込み幅を記録(2020年6月16日付けヴァロール紙/ブラジル地理統計院(IBGE)サイトから抜粋)
2020/06/12 » パンデミック90日間のインターネット販売は71%増加(2020年6月11日付けヴァロール紙)
2020/06/04 » サンパウロ市の恋人の日の小売販売は前年比33%減少予想(2020年6月3日付けエスタード紙)
2020/05/14 » 今年3月の一般小売販売はスーパーマーケットの通常営業にも拘らず、前月比マイナス2.5%の落込みを記録(2020年5月13日付けエスタード紙)
2020/05/11 » Via Varejo社並びにCentauro社はキャッシュフロー強化のため増資で資金調達 (2020年5月11日付けエスタード紙)
2020/05/07 » メルカードリブレはEコマースに拍車をかけ、ブラジルのスーパー業界に参入(2020年5月6日付けヴァロールエコノミコ紙)
2020/04/30 » 下落傾向だった電化製品の販売が2020年4月第3週に入って2%拡大(2020年4月30日付けバロール紙)
2020/04/29 » 2020年4月のICSでサービス業にもパンデミック禍が直撃していることが判明し第2四半期のGDPにも赤信号(2020年4月29日付けバロール紙)
2020/04/27 » サンゴバンが2020年の業績を下方修正し前年比-15%も想定(2020年4月27日付けバロール紙)

バックナンバー »