Câmara do Japão
Português
検索: OK

商業

検索期間を指定してください: OK
【2015年は小売販売が過去12年で初めて前年割れへ】 2015/06/17

2015年に小売業界は、過去12年で初めて販売が前年を下回る可能性が出てきた。4月までの12か月間で見ると業界は、数量ベースでは、依然としてその前の期を0.2%上回っているが、ブラジル地理統計院(IBGE)によると、調査対象の8業種のうち5業種で、同じ期間に販売が既に落ち込んでいる。

このほど販売量がマイナスに転じたのはハイパーマーケット及びスーパーマーケットで、この業種は、自動車販売と建築資材販売を除外した通常小売販売指数の集計でほぼ半分の比重を持つ。業界の販売は、この数か月にわたって下降線をたどっている家計収入に極めて敏感なのが特徴だ。

「2015年の場合、(販売の落ち込みに対して)商業部門が聖域なはずがない」と、全国財・サービス・観光・商業連合(CNC)のエコノミスト、ファビオ・ベンテス氏は指摘する。同氏は4月の結果を受けて2015年の見通しを下方修正し、-1.1%と予想する。仮に年間で販売が前年を下回れば、2003年以降で初めてのこととなる。ARXインベスチメントスのチーフエコノミスト、ソランジェ・スロー氏のさらにその下、前年比-2.5%もの落ち込みを予想している。

12か月間の累積小売販売の動向は、突発的な増減の影響を受けにくく、業界の大まかな傾向を示すには好都合であるが、この指数が、2013年の年明け以降、悪化を続けている。理由の1つは、家具と家電、自動車のように連邦政府が減税を通じて消費を後押ししてきた品目の販売悪化。もう1つは、この期間に記録された、所得の伸びが鈍化したことと、労働市場の環境悪化、負債の増加といった要因である。このようにブラジル人は、次第に、可処分所得の限界に近づいているのだ。

4月の場合、状況は一層悪化した。月間の小売販売量は、前年同月比-3.5%と、4月としては2003年以降で最悪の落ち込みだ。これは、業界がこの12か月で業績を大きく悪化させていることを示している。

「消費者は予算に限りがあるし、既に所得も目減りしている上、景気の動向もはっきりしない。こうした悲観的な状況では、家計消費が落ち込むのは当たり前だ」と、ブラジル地理統計院(IBGE)ののジュリアーナ・パイヴァ・バスコンセロス・サービス業及び商業調査主任は言う。

家計所得が直接的に影響するハイパーマーケット及びスーパーマーケット業界は、4月の販売が、前年同月比ー2.3%と落ち込んだ。その結果、12か月間でもその前の期と比較して-0.6%と、マイナスに転じた格好だ。この業界で12か月の累積販売が落ち込んだのは、2004年の年明け以来である。

2015年下半期は予定される公共料金の調整がわずかなことで、CNCは、インフレ率が今後勢いを失うと予想しており、このことは、家庭の可処分所得の縮小の影響を受けているスーパーマーケットの販売を後押しする模様だ。それでも、こうした状況にもかかわらず、所得の落ち込みは業界に影響を与え続ける模様だ。

ベンテス氏は、「この業界が持ち直すにしても、年明け以降の大きな落ち込みをカバーするには至らない」と話す。その上で、「食料品なら何でも不可欠な商品というわけではないし、それだけに、所得の落ち込みが足を引っ張る」と指摘、スーパーマーケット業界の販売が2015年に前年比-0.3%にとどまるという見方を示した。

国内主要6大都市圏を対象にIBGEが実施するIBGEの月例雇用調査によると、4月は、労働者の実収入が2014年4月と比較して-3.8%縮小した。

グラデュアル・インベスチメントのチーフエコノミスト、アンドレー・ペルフェイト氏は、労働市場の動向が今後も悪化しそうなことが懸念材料だと指摘する。「2015年のブラジル経済に影響する変数があるとすれば、それは労働市場だ。給与にさらに打撃を与え、インフレにも悪影響を与えるだろう。従って、この問題は小売業界にも跳ね返る」と分析する。

またベンテス氏は、「小売業界にとって、現在の国内問題は、2008年の国際金融危機よりもはるかに有害だ」と指摘した。(2015年6月17日付けエスタード紙)
 

 



2020/10/09 » 8月の小売販売量は前月比3.4%増加(2020年10月8日付けヴァロール紙)
2020/10/07 » COVID-19パンデミックで閉鎖していたショッピングセンターの6,000店舗が再開(2020年10月7日付けヴァロール紙)
2020/09/23 » 過去6ヶ月のオンラインコマース販売伸び率が6年間の伸び率に相当(2020年9月22日付けエスタード紙)
2020/09/11 » 今年7月の一般小売販売は前月比5.2%増加(2020年9月10日付けヴァロール紙)
2020/08/13 » 6月の小売販売はスーパーマーケット下牽引して8.0%増加(2020年8月12日付けエスタード紙)
2020/08/12 » 600レアルの緊急補助金支給は小売販売の売上減少に歯止め(2020年8月11日付けエスタード紙)
2020/08/11 » メルカードリブレ社の第2四半期のブラジル国内の純益は前年同期比61%増加(2020年8月10日付けヴァロール紙)
2020/07/09 » 今年5月の一般小売販売は前月比二桁増加の13.9%急増(2020年7月8日付けのヴァロール紙)
2020/07/06 » 6月の1日平均の電子インボイス発行は、前月比15.6%増加の239億レアルを記録(2020年7月5日付けエスタード紙)
2020/06/30 » COVID-19パンデミックで書籍販売はオンライン販売限定で大幅減少も5月中旬以降は僅かに回復傾向(2020年6月29日付けヴァロール紙)
2020/06/24 » ショッピングセンターの売上は68.7%減少の最悪期は過ぎたか(2020年6月23日付けエスタード紙)
2020/06/17 » 4月の一般小売販売量は前月比マイナス16.8%で過去最悪の落込み幅を記録(2020年6月16日付けヴァロール紙/ブラジル地理統計院(IBGE)サイトから抜粋)
2020/06/12 » パンデミック90日間のインターネット販売は71%増加(2020年6月11日付けヴァロール紙)
2020/06/04 » サンパウロ市の恋人の日の小売販売は前年比33%減少予想(2020年6月3日付けエスタード紙)
2020/05/14 » 今年3月の一般小売販売はスーパーマーケットの通常営業にも拘らず、前月比マイナス2.5%の落込みを記録(2020年5月13日付けエスタード紙)
2020/05/11 » Via Varejo社並びにCentauro社はキャッシュフロー強化のため増資で資金調達 (2020年5月11日付けエスタード紙)
2020/05/07 » メルカードリブレはEコマースに拍車をかけ、ブラジルのスーパー業界に参入(2020年5月6日付けヴァロールエコノミコ紙)
2020/04/30 » 下落傾向だった電化製品の販売が2020年4月第3週に入って2%拡大(2020年4月30日付けバロール紙)
2020/04/29 » 2020年4月のICSでサービス業にもパンデミック禍が直撃していることが判明し第2四半期のGDPにも赤信号(2020年4月29日付けバロール紙)
2020/04/27 » サンゴバンが2020年の業績を下方修正し前年比-15%も想定(2020年4月27日付けバロール紙)

バックナンバー »