Câmara do Japão
Português
検索: OK

商業

検索期間を指定してください: OK
エポック社が本格的にブラジルに進出 2013/05/08

シルバニアファミリーシリーズなどで知られている日本の玩具メーカーエポック社は、サンパウロに事務所を設立して、自社の玩具の輸入並びに大手小売チェーンへの商品配送を開始して、本格的にブラジルに進出した。

エポック社は2010年から代理店を通してブラジルで自社の玩具を販売、同社では今年末までに700店舗の小売店で販売を予定、3年後には1,600店舗での販売を目標にしている。

同社では初めに世界40カ国で販売されているシルバニアファミリーシリーズの拡販を目指しており、中国の自社工場で生産された製品を販売するが、輸入玩具は重税のために50%のコスト高に結びつくために、ブラジル国内の玩具生産の可能性もある。

エポック社では、今後3年間に1,000万レアルを投資して年間平均50%の販売増加を見込んでおり、年末までに営業員を含む20人以上の従業員の採用を予定、しかしロジスティック部門はアウトソーシングを予定している。

同社の2011年の売上は2億5,000万ドル、ブラジルの売上は同社の1.0%から2.0%を占めるにすぎないが、日本以外の主要なマーケットは英国、フランス、米国、ロシア、中国並びにシンガポールとなっている。

昨年のブラジルの玩具セクターの売上は前年比12%増加の38億7,000万レアル、国産玩具製品の比率は52%と輸入玩具と拮抗、今年の玩具販売は前年比11%増加が予想されている。(2013年5月8日付けヴァロール紙)

 

 



2019/12/04 » ブラックフライディーの小売販売は記録更新
2019/12/02 » 販売好調のブラックフライディーで経済回復兆候か
2019/11/14 » 9月の小売販売は最終四半期回復を示唆
2019/11/13 » 南米のEコマース最大手のメルカドリブレの不渡り増加
2019/11/13 » スタートアップPitzi社が6,000万レアルの資金調達
2019/10/22 » FGTS先払いやボルサ・ファミリアの13か月サラリーで145億レアルの消費活性
2019/09/30 » 今年のクリスマス商戦向け臨時雇用は10万人突破予想
2019/09/12 » 今年7月の一般小売販売はクレジットが牽引して1.0%増加
2019/09/05 » FGTS並びにPISの預金引出による一般消費は130億レアル予想
2019/09/04 » ブラックフライデー商戦は過去2番目の売上に留まるか
2019/08/08 » 今年6月の一般小売は前年比僅か0.1%増加で期待外れ
2019/08/05 » アルバイト感覚でネットショップ開設が急増
2019/07/12 » 5月の一般小売販売は食料品価格上昇で低迷
2019/06/17 » マガジン・ルイーザ社がNetshoes社を4億5,000万レアルで買収
2019/06/13 » 今年4月の小売販売は前月比マイナス0.6%
2019/05/27 » 今年第1四半期の小売販売は閉店が開店を上回った
2019/05/10 » 今年3月の小売販売は前月比0.3%増加
2019/04/15 » 今年初め2カ月間の一般消費は5.2%下落
2019/04/10 » 今年2月の一般小売販売は前月並みで浮上せず
2019/03/18 » 過去3年間で25%の有名ブランド撤退

バックナンバー »