Câmara do Japão
Português
検索: OK

商業

検索期間を指定してください: OK
基本消費財セット向け減税でインフレ率を下方修正 2013/03/13

今月8日、ジウマ・ロウセフ大統領は、食料品や衛生用品などの基本消費財セットに対する社会統合基金(PIS)/社会保険融資納付金(Cofins)の減税を発表したために、民間のコンサルタント社は今年のインフレ率を平均0.3%下方修正している。

連邦政府は今回の基本消費財セット減税政策の導入で、インフレ指数である広範囲消費者物価指数(IPCA)の0.6%引下げ効果を見込んでおり、中銀による政策誘導金利(Selic)の引上げを避ける狙いがあった。

LCA コンサルタント社は、減税政策の導入で今年のIPCA指数を5.44%から5.30%、テンデンシアス社は5.8%から5.6%、Rosenberg社は5.80%から5.5%とそれぞれ下方修正しているが、下半期にはガソリン価格の再値上げが見込まれている。

今年2月の過去12カ月間のIPCA指数は6.31%、3月のIPCA指数は許容上限値6.5%を上回る6.59%が予想されていたが、基本消費財セット減税政策の導入で6.49%と僅かに許容上限値を下回ると予想されている。

2月のサンパウロ市西部地区の51品目から構成される基本消費財セット価格は351.11レアル、減税政策対象の牛肉、コーヒー、大豆油、マーガリン、歯磨き粉、トイレットペーパー、砂糖並びに石鹸の8品目の減税で341レアルに減少している。(2013年3月13日付けエスタード紙)


 



2019/07/12 » 5月の一般小売販売は食料品価格上昇で低迷
2019/06/17 » マガジン・ルイーザ社がNetshoes社を4億5,000万レアルで買収
2019/06/13 » 今年4月の小売販売は前月比マイナス0.6%
2019/05/27 » 今年第1四半期の小売販売は閉店が開店を上回った
2019/05/10 » 今年3月の小売販売は前月比0.3%増加
2019/04/15 » 今年初め2カ月間の一般消費は5.2%下落
2019/04/10 » 今年2月の一般小売販売は前月並みで浮上せず
2019/03/18 » 過去3年間で25%の有名ブランド撤退
2019/03/14 » 今年1月の一般小売販売は0.4%増加に留まる
2019/03/08 » 今年のEコマースは前年比15.0%増加予想
2019/02/19 » 小売販売が経済リセッション前の水準に戻るには2020年か
2019/02/14 » 2018年の小売販売は前年比2.3%増加
2019/01/16 » 昨年11月の小売販売は2000年以降では最高記録
2018/11/26 » ブラックフライデーの不正割引宣伝がトップ
2018/11/21 » 今年のブラックフライディー商戦は32億7,000万レアル予想
2018/11/14 » 今年9月の小売販売はPIS/ PASEP引出減少でマイナス1.3%に落込む
2018/09/14 » 今年7月の小売販売は予想に反してマイナスを記録
2018/08/13 » 2018年6月の小売販売は2カ月連続で前月比割れ
2018/07/24 » 日系二世のドラッグストアチェーンが急拡大
2018/07/13 » 6月の小売販売はトラック運転手抗議デモの影響を引きずっている

バックナンバー »