Câmara do Japão
Português
検索: OK

商業

検索期間を指定してください: OK
(特別記事)収入の46%が負債に消えるCクラス 2012/08/22

ブラジルの家庭は、とりわけCクラスを中心に、専門家が推奨する水準を超えて負債を抱えている。プロテステ(ブラジル消費者保護協会)の研究によると、ブラジル国内では世帯所得に対して平均で42%に相当する負債を抱えており、これは、理想的な水準とされる30%を上回る。この比率は、所得層別にCクラスだけを見た場合、さらに上昇して46.3%という高い水準を示す。

同協会によると、ブラジルの家庭がこのように重い負債を抱えるに至ったのは、高金利と家計支出に対する計画性の欠如、融資を受けるための敷居が低いことなど、複数の事情が組み合わさった結果である。

プロテステは今回、Cクラス(全体の50.5%)とBクラス(同27.5%)を中心に、サンパウロ州内とリオデジャネイロ州内の200世帯を対象に聞き取り調査を実施。調査対象の家庭は、平均すると、世帯所得が2,401レアル、負債は1,009.45レアルだった。このデータをさらに詳細に見ると、過半数の世帯(56.6%)が、500レアル以下の負債を抱えていた。しかしながら、少なくないグループ(38%)が5,000レアル以上の負債を抱えており、これが平均を1,000レアルに引き上げる要因になった。この負債には、家賃と基礎的サービス(水道代や電気代など)は含まれていない。調査対象になった家庭では、平均すると3件の負債を抱えていると回答、しかも、これらの家庭の5分の1が、(利下げサイクルが始まった)4月以降に新たな負債を抱え込んだと答えた。クレジットカードの利用は、家計が健全性を失う大きな原因の1つになっており、56%の家庭が1枚あるいは2枚のカードを保有、38.1%の家庭が、決済期日に支払いを済ませることができないと回答した。


債務不履行の減少


14日には2つの指標が発表され、債務不履行が7月に前月と比較してどのように推移したかを浮き彫りにした。セラザ・エクスペリアン消費者債務不履行指数によると、7月は、前月と比較して債務不履行の登録件数が1.5%減少。さらに、クレジット保護サービスセンター(SCPC)を運営するボア・ヴィスタ・セルヴィッソスによる集計でも、新たに債務不履行に陥った消費者の数が、4%減少した。

セラザが計測する指数が前月比でマイナスを記録するのは、2か月連続。6月にも同指数は、5月と比較して0.5%減少していた。セラザのエコノミスト、カルロス・エンリケ・アルメイダ氏は、「今回の結果は、経済効果につながる所得税還付の影響。同様に、負債返済計画の再交渉が強力に進められているという事情もある」とコメント。

前年7月と比較した場合、債務不履行は10.5%増加した。

ボア・ヴィスタ・セルヴィッソスの調査では、債務不履行の減少は、主に小売業界がけん引した。季節的要因で調整すると、小売業界での債務不履行の登録件数は、9%減少した。(2012年8月15日付エスタード紙)



2020/10/09 » 8月の小売販売量は前月比3.4%増加(2020年10月8日付けヴァロール紙)
2020/10/07 » COVID-19パンデミックで閉鎖していたショッピングセンターの6,000店舗が再開(2020年10月7日付けヴァロール紙)
2020/09/23 » 過去6ヶ月のオンラインコマース販売伸び率が6年間の伸び率に相当(2020年9月22日付けエスタード紙)
2020/09/11 » 今年7月の一般小売販売は前月比5.2%増加(2020年9月10日付けヴァロール紙)
2020/08/13 » 6月の小売販売はスーパーマーケット下牽引して8.0%増加(2020年8月12日付けエスタード紙)
2020/08/12 » 600レアルの緊急補助金支給は小売販売の売上減少に歯止め(2020年8月11日付けエスタード紙)
2020/08/11 » メルカードリブレ社の第2四半期のブラジル国内の純益は前年同期比61%増加(2020年8月10日付けヴァロール紙)
2020/07/09 » 今年5月の一般小売販売は前月比二桁増加の13.9%急増(2020年7月8日付けのヴァロール紙)
2020/07/06 » 6月の1日平均の電子インボイス発行は、前月比15.6%増加の239億レアルを記録(2020年7月5日付けエスタード紙)
2020/06/30 » COVID-19パンデミックで書籍販売はオンライン販売限定で大幅減少も5月中旬以降は僅かに回復傾向(2020年6月29日付けヴァロール紙)
2020/06/24 » ショッピングセンターの売上は68.7%減少の最悪期は過ぎたか(2020年6月23日付けエスタード紙)
2020/06/17 » 4月の一般小売販売量は前月比マイナス16.8%で過去最悪の落込み幅を記録(2020年6月16日付けヴァロール紙/ブラジル地理統計院(IBGE)サイトから抜粋)
2020/06/12 » パンデミック90日間のインターネット販売は71%増加(2020年6月11日付けヴァロール紙)
2020/06/04 » サンパウロ市の恋人の日の小売販売は前年比33%減少予想(2020年6月3日付けエスタード紙)
2020/05/14 » 今年3月の一般小売販売はスーパーマーケットの通常営業にも拘らず、前月比マイナス2.5%の落込みを記録(2020年5月13日付けエスタード紙)
2020/05/11 » Via Varejo社並びにCentauro社はキャッシュフロー強化のため増資で資金調達 (2020年5月11日付けエスタード紙)
2020/05/07 » メルカードリブレはEコマースに拍車をかけ、ブラジルのスーパー業界に参入(2020年5月6日付けヴァロールエコノミコ紙)
2020/04/30 » 下落傾向だった電化製品の販売が2020年4月第3週に入って2%拡大(2020年4月30日付けバロール紙)
2020/04/29 » 2020年4月のICSでサービス業にもパンデミック禍が直撃していることが判明し第2四半期のGDPにも赤信号(2020年4月29日付けバロール紙)
2020/04/27 » サンゴバンが2020年の業績を下方修正し前年比-15%も想定(2020年4月27日付けバロール紙)

バックナンバー »