Câmara do Japão
Português
検索: OK

貿易

検索期間を指定してください: OK
今年5月の貿易収支は59億8,100万ドルの黒字計上 2018/06/04

2018年5月の輸出総額は、前年同月比1.9%増加の192億4,100万ドル、輸入総額は、14.5%増加の132億6,000万ドル、貿易収支は、59億8,100万ドルの黒字を計上している。

今年初め5か月間の輸出総額は、前年同期比6.5%増加の936億2,500万ドル、輸入総額は、14.6%増加の674億7,000万ドル、貿易収支は、261億5,500万ドルの黒字を計上している。

5月の輸出では、5月の第3週の1日当たりの平均輸出額10億6,300万ドルに対して、下旬に発生したトラック運転手の国道封鎖による抗議デモの影響で、第4週並びに第5週は36%減少に相当する6億7,800万ドルに留まったと商工サービス省(MDIC)輸出振興部のエルロン・ブランドン理事は説明している。

今年5月の食肉用の牛生体輸出ならびに原油、大豆派生品、銅鉱石、牛肉を中心とした第一次産品輸出は、前年同月比18.4%増加の108億6,800万ドル、完成品輸出は17.3%減少の54億2,500万ドル、半完成品輸出は9.5%減少の24億ドルを記録している。

5月の大豆派生品輸出はトラック運転手の国道封鎖による抗議デモにも関わらず、港湾ターミナルの大豆派生品在庫が牽引して1,200万トンで月間記録を更新、今年初め5か月間でも前年同期比7.0%増加の3,600万トンで記録更新している。

5月の輸出先として、アジア向けは前年同期比18.3%増加した一方で、米国向けは24.2%、中近東17.6%、メルコスール16.7%、中米・カリブ地域11.7%、太平洋地域8.9%、アフリカ諸国3.5%、ヨーロッパ連合国向け輸出は1.4%とそれぞれ減少。輸出先トップ5は中国、米国、アルゼンチン、オランダ、チリとなっている。

今年初め5か月間の輸出では第一次産品は5.6%、完成品9.5%、半完成品は1.2%それぞれ増加、輸出先ではヨーロッパ連合国向け輸出は前年同期比24.4%、中米・カリブ地域15.3%、メルコスール8.6%、太平洋地域6.5%、アジア3.1%、アフリカ0.6%それぞれ増加した一方で、中近東19.4%並びに米国向けは1.3%それぞれ減少している。

また5月の資本財輸入では、機械・装置、航空機、発電所関連設備・機器、エレベーター、工作機械、車両、消費財では自動車、医薬品、オリーブ油、輸入先トップ5は中国並びに米国、ドイツ、アルゼンチン、韓国となっている。

今年初め5か月間の輸入では、前年同期比では燃料・潤滑油は32.6%、資本財24.5%、消費財15.6%、中間財9.6%それぞれ増加、輸入先トップ5は中国並びに米国、ドイツ、アルゼンチン、韓国となっている。(2018年6月4日のMDICサイトより抜粋)

 



2019/01/11 » 昨年のブラジルの履物輸出は二桁減少
2018/12/13 » ボルソナロ政権の発足でEUとメルコスールのFTA交渉が難航するとメルケル首相がコメント
2018/12/13 » WTOの判断がボルソナロ政権の産業政策の方向性を決定へ
2018/12/12 » 2018年に市場の開放を最も促進したのがブラジルだとWTOがレポート
2018/12/07 » メルコスールとEUは今月中に実務者会談で合意を目指す
2018/12/05 » 今年11月までの貿易総額は既に昨年を上回る3,880億ドルを記録
2018/11/27 » 米中貿易摩擦の影響で10月の輸出拡大
2018/11/19 » 米中貿易摩擦で今年の輸出総額は2,300億ドル予想
2018/11/13 » 2015年の輸入関税総額は1,300億レアル
2018/11/12 » 米中貿易摩擦で中国向け輸出拡大
2018/11/05 » ボウソナロ新政権の貿易政策は輸出にダメージか
2018/10/26 » 第1回中国国際輸入博覧会にブラジルの87企業が参加
2018/10/15 » コモディティ輸出増加で完成品輸出比率が減少
2018/10/02 » アルゼンチン金融危機で9月の輸出は32%減少
2018/10/02 » トランプ大統領はブラジルの貿易政策を批判
2018/09/26 » 米国は履物輸入税緩和でブラジル製履物輸出に追い風
2018/09/10 » アルゼンチンの為替危機で履物輸出が大幅減少
2018/09/03 » 米中貿易摩擦はブラジルにとって漁夫の利
2018/08/30 » トランプ大統領、ブラジル製鉄鋼製品の輸入関税クオータ制の一部免除
2018/08/20 » 製造業部門の輸入が加速

バックナンバー »