Câmara do Japão
Português
検索: OK

自動車

検索期間を指定してください: OK
2020年の新車生産は前年比7.3%増加の316万台予想 2020/01/08

全国自動車工業会(Anfavea)では、2020年のバスやトラックを含む自動車生産は、経済回復に伴って国内販売が牽引して前年比7.3%増加、2014年並みの316万台を予想している。

今年の自動車生産台数316万台は、生産能力500万台に対して設備稼働率は僅か60%に過ぎないために製造コスト高となっているが、設備稼働率が75%~80%に達すれば健全製造コストに達するとPwC Brasil社のMarcelo Cioffiパートナーは指摘している。

今年の自動車メーカ各社は、ブラジル国内での開発車を含めて40種類に及ぶ新車モデルをリリースする一方で、人口が2億人を抱える世界有数のマーケットから撤退しないために、依然として本社からの資金供与を余儀なくされているのが現状となっている。

ブラジルの自動車業界の平均サラリーは、有望な人材流出を防ぐために製造業部門でもトップを占めているが、昨年の自動車業界は4,900人の従業員解雇を余儀なくされ、現在の自動車業界の雇用は12万5,600人と過去10年間で最低水準まで落ち込んでいると全国自動車工業会(Anfavea)のルイス・カルロス・モラレス会長は指摘している。

昨年の自動車業界の生産は製造業部門のGDP比では22%を占め、またブラジルの国内総生産GDP比では4.0%を占めており、自動車メーカや部品サプライヤーなど自動車関連部門の雇用総数は130万人を占めている。

2019年1月~9月の本社からブラジルの自動車メーカー支店には総額83億ドルに達する資金供与や投資が行われたものの、前年比では22.0%減少。2014年~2019年9月の期間は64億ドルを海外本社から供与されていた一方で、本社への利益・配当金送金は18億6,000万ドルに留まっている。

ブラジル国内の経済リセッション突入する前の2008年~2013年の6年間の本社への利益・配当金送金は256億ドルに対して、海外本社からブラジル支店への資金供与や投資総額は140億ドルと中銀の統計で判明している。

2020年の自動車生産予想316万台は、国内販売は前年比9.4%増加の305万台が牽引すると予想、2019年の国内販売は前年比8.6%増加の278万台と過去5年間で最高記録していた。

2020年の自動車生産316万台の予想は、今年のGDP伸び率が2.5%、雇用の回復、コントロールされているインフレ指数、継続する過去最低の政策誘導金利(Selic)、企業経営者並びに一般消費者のプラスの景況感を基に算出されている。

2019年の新車輸出は、アルゼンチンの為替危機の影響を受けて前年比32%減少の42万8,200台に留まった。今年は前年比11.0%減少の38万1,000台と2014年以降では、最低の輸出台数に減少すると全国自動車工業会(Anfavea)では予想している。

2019年のアルゼンチン向け新車輸出は前年比52%と大幅減少、今年も輸出の回復は見込めないと(Anfavea)のルイス・カルロス・モラレス会長は指摘、またチリやコロンビア向け自動車輸出も反政府デモなどで混乱しているために回復は見込めない。(2020年1月8日付けエスタード紙)



2020/06/03 » 5月の新車販売はCOVID-19パンデミックで74.7%減少(2020年6月2日付けエスタード紙)
2020/05/26 » 5月の新車販売は4月並みの最悪の繰返し予想(2020年5月25日付けエスタード紙)
2020/05/12 » フィアット社はコロナウイルス感染予防プロトコルに従って生産再開(2020年5月11日付けエスタード紙)
2020/05/11 » 今年4月の自動車生産は新型コロナウイルスのパンデミックの影響で自動車メーカーの軒並み生産中止で99.3%減少(2020年5月8日付けエスタード紙)
2020/05/06 » 今年4月の新車販売は76%の壊滅的な下落を記録(2020年5月5日付けエスタード紙)
2020/05/05 » ルノー、ボルボ、BMWが自動車生産再開(2020年5月4日付けエスタード紙)
2020/04/28 » メルコスール加盟国としての貿易交渉を放棄したアルゼンチン政府による一方的な二国間自動車貿易協定の破棄を自動車業界が懸念(2020年4月28日付けバロール紙)
2020/04/27 » パンデミック危機によるレアル安がFCAの製造再開後のコストに影響へ(2020年4月27日付けバロール紙)
2020/04/27 » COVID-19の感染拡大で工場の操業を停止していたVWが20年5月に生産を再開 (2020年4月24日付けバロール紙)
2020/04/23 » 自動車メーカーが工場の稼働を開始 従業員のルーチンは抜本的変化 (2020年4月23日付けバロール紙)
2020/04/22 » ワーゲン社は労働時間短縮にも拘らず、給与維持で合意
2020/04/20 » 連邦収税局が一部の車両整備に関連したPIS/Cofinsを税クレジ(2020年4月20日付けバロール紙)
2020/04/17 » Volkswagenは部品現地調達でサプライヤーとパートナーシップを検討
2020/04/17 » 日産が新規投資計画を撤回し製造ラインの停止措置を5月20日まで延長(2020年4月17日付けバロール紙)
2020/04/16 » 自動車メーカーは来年1月支払い開始の新車ローンキャンペーン発表
2020/04/16 » 直販契約を通じて20年4月上旬に現代自動車が販売ランキング2位に浮上(2020年4月16日付けバロール紙)
2020/04/16 » パンデミック危機でマイカーローンが20年3月末から20日以上にわたって中断(2020年4月16日付けバロール紙)
2020/04/15 » 南大河州のトラックやキッチン用品メーカーが部分的生産再開
2020/04/15 » BMWがパンデミックで稼働を停止していた国内工場の稼働再開日を先送り(2020年4月15日付けバロール紙)
2020/04/14 » 2020年3月に二輪車が製造台数を拡大する一方で販売は下落(2020年4月14日バロール・オンライン)

バックナンバー »