Câmara do Japão
Português
検索: OK

自動車

検索期間を指定してください: OK
アルゼンチンと新たな2国間自動車協定の締結 2019/09/09

今月6日にパウロ・ゲデス経済相とアルゼンチンのダンテ・シカ工業生産相は、現行の自動車協定が2020年6月末の有効期限終了するために、翌7月から発効する新たな2国間自動車協定の締結を発表した。

新自動車協定は2020年7月1日発効、2029年6月30日をもって終了、両国間の自動車貿易自由化は9年間先送りされるが、自動車および自動車部品の貿易バランスを維持するための均衡係数は、現行の1対1.5から最大1対3.0まで拡大する。

ブラジルからアルゼンチン向け自動車並びに自動車パーツは、現行の1.5ドル対1.0ドルから1.7ドル対1.0ドルに変更、2020年7月~2023年6月までは1.8ドル対1.0ドル、2028年7月~2029年6月は、3.0ドル対1.0ドルが予定されている。

2029年7月から貿易均衡係数や貿易関税は廃止され、両国間の自動車貿易は完全な自由化となるが、メルコスール・EUの自由貿易協定(FTA)は、発効後15年かけて自動車貿易を自由化するために、両国はEU よりも5年間早く自由化する。

2020年7月1日発効する新自動車協定では、両国の域内現地調達率は60%から50%に引き下げられ、電気自動車およびハイブリット車に関しては優遇政策が適用される。

また新自動車協定では、アルゼンチン並びにブラジルの自動車工場誘致のために優遇税制を導入する州政府は新自動車協定の適用を除外されるために、州政府間の税制戦争発生を防ぐ効果がある。(2019年9月7日付けエスタード紙)



2020/05/26 » 5月の新車販売は4月並みの最悪の繰返し予想(2020年5月25日付けエスタード紙)
2020/05/12 » フィアット社はコロナウイルス感染予防プロトコルに従って生産再開(2020年5月11日付けエスタード紙)
2020/05/11 » 今年4月の自動車生産は新型コロナウイルスのパンデミックの影響で自動車メーカーの軒並み生産中止で99.3%減少(2020年5月8日付けエスタード紙)
2020/05/06 » 今年4月の新車販売は76%の壊滅的な下落を記録(2020年5月5日付けエスタード紙)
2020/05/05 » ルノー、ボルボ、BMWが自動車生産再開(2020年5月4日付けエスタード紙)
2020/04/28 » メルコスール加盟国としての貿易交渉を放棄したアルゼンチン政府による一方的な二国間自動車貿易協定の破棄を自動車業界が懸念(2020年4月28日付けバロール紙)
2020/04/27 » パンデミック危機によるレアル安がFCAの製造再開後のコストに影響へ(2020年4月27日付けバロール紙)
2020/04/27 » COVID-19の感染拡大で工場の操業を停止していたVWが20年5月に生産を再開 (2020年4月24日付けバロール紙)
2020/04/23 » 自動車メーカーが工場の稼働を開始 従業員のルーチンは抜本的変化 (2020年4月23日付けバロール紙)
2020/04/22 » ワーゲン社は労働時間短縮にも拘らず、給与維持で合意
2020/04/20 » 連邦収税局が一部の車両整備に関連したPIS/Cofinsを税クレジ(2020年4月20日付けバロール紙)
2020/04/17 » Volkswagenは部品現地調達でサプライヤーとパートナーシップを検討
2020/04/17 » 日産が新規投資計画を撤回し製造ラインの停止措置を5月20日まで延長(2020年4月17日付けバロール紙)
2020/04/16 » 自動車メーカーは来年1月支払い開始の新車ローンキャンペーン発表
2020/04/16 » 直販契約を通じて20年4月上旬に現代自動車が販売ランキング2位に浮上(2020年4月16日付けバロール紙)
2020/04/16 » パンデミック危機でマイカーローンが20年3月末から20日以上にわたって中断(2020年4月16日付けバロール紙)
2020/04/15 » 南大河州のトラックやキッチン用品メーカーが部分的生産再開
2020/04/15 » BMWがパンデミックで稼働を停止していた国内工場の稼働再開日を先送り(2020年4月15日付けバロール紙)
2020/04/14 » 2020年3月に二輪車が製造台数を拡大する一方で販売は下落(2020年4月14日バロール・オンライン)
2020/04/13 » トヨタが工場再開を2020年6月22日に延期(2020年4月13日付けバロール・オンライン)

バックナンバー »