Câmara do Japão
Português
検索: OK

自動車

検索期間を指定してください: OK
2019年の自動車販売は今年以下の予想 2018/10/16

全国自動車販売業者連盟(Fenabrave)の発表によると、2019年のバスやトラックを含む新車登録台数(販売)は前年比5.0%~10.0%増加に留まると予想、今年の自動車販売は、前年比13.0%増加の246万台を見込んでいる。

来年の新車販売が前年比5.0%~10.0%増加するためには、低金利の維持、低いクレジット延滞率、企業経営者並びに一般消費者の景況感改善、失業率の改善、2017年12月31日で終了した自動車技術革新政策(Inovar Auto)に替わる環境にやさしいエコカーを優遇するROTA2030プログラムの年内の国会承認を前提としている。

極右候補のジャイール・ボウソナロ候補(社会自由党-PSL)かフェルナンド・ハダジ候補(労働者党-PT)のどちらが大統領になっても新大統領による経済政策の発表を待たなければ予測が難しいとフォード社のRogelio Golfarb副社長はコメントしている。

またワーゲン社のPablo DiSi社長は、アルゼンチンの金融危機で自動車輸出が減少して設備稼働率は落ちているにも関わらず、同社は2020年までに70億レアルを投資して20機種の新車をリリースすると説明、既に過去12カ月間には11機種をリリースしている。

またFCA Fiat ChrylerのAntonio Filosa社長は、ペルナンブーコ州のDeep工場若しくはミナス州のフィアット工場で新機種の自動車生産を検討しているが、2023年までに総額140億レアルを投資して、ブラジル及びアルゼンチンで25機種の新車リリースを予定している。

今年初め9カ月間の新車販売は前年同期比14.0%増加の184万6,000台、今年10月の新車販売のうちレンタカー会社向けの新車販売は、最高30%割引を余儀なくされるために、収益率は悪いにも関わらず、多くの自動車メーカーでは、法人向け新車販売は42%に達すると予想、2013年の法人向け新車販売比率は僅か24.0%であった。

今年のバスやトラック販売は前年比35.0%増加の8万6,000台、生産は12万台がそれぞれ予想、設備稼働率は75%に達しており、来年の販売は二桁増加をVolkswagen Caminhões e Ônibus社のロベルト・コルテス社長は予想している。(2018年10月16日付けエスタード紙)

 



2019/10/10 » 二輪販売好調で部品供給不足で生産が追い付かない
2019/10/08 » 今年の自動車生産は年初予想を20万台下回るか
2019/09/27 » 自動車メーカーは在庫調整で長期集団休暇を採用か
2019/09/09 » アルゼンチンと新たな2国間自動車協定の締結
2019/09/06 » 全国自動車工業会は来週今年の自動車生産の下方修正を発表予定
2019/09/04 » CAOAはフォード社SBC工場買収で中国Changan社の自動車生産
2019/08/07 » 輸出減少に伴って自動車生産も下方修正
2019/07/05 » アルゼンチンの経済リセッションで自動車輸出台数を下方修正
2019/07/04 » EUとメルコスールFTA締結は自動車メーカーの競争力強化が不可欠
2019/07/04 » 新車の法人販売が約50%近くに達している
2019/06/26 » GM社並びにVW社は今年の自動車輸出は50万台を割ると予想
2019/06/07 » 今年の自動車生産を下方修正
2019/06/04 » 今年初め5か月間の新車販売は既に100万台突破
2019/05/22 » スカニア社は代替え燃料トラック生産に14億ドルの投資発表
2019/05/08 » 今年初め4か月間の自動車生産は輸出失速で停滞
2019/04/11 » 今年の二輪生産は110万台に上方修正
2019/04/05 » 今年3月の自動車業界の雇用は1,000人減少
2019/04/02 » Caoa社がフォード社のSBC工場買収で4,500人の雇用維持
2019/04/02 » 今年3月の新車販売は二桁増加
2019/03/20 » GM社はブラジル撤退から一転して100億レアルの投資発表

バックナンバー »