Câmara do Japão
Português
検索: OK

自動車

検索期間を指定してください: OK
自動車業界は2022年までに150億レアルを投資 2017/10/10

昨日、ドイツ資本メルセデス・ベンツ社は、ブラジル国内のバスやトラック生産工場向けに24億レアルの投資計画を発表、また今年3月以降では、自動車メーカーやトラックメーカー8社が2022年までに総額150億レアルに達する投資計画を発表している。

2013年~2016年のトラックやバスを含む自動車生産は、国内経済リセッションに伴って壊滅的な打撃を受けて42%減少した影響で、自動車業界の従業員3万5,000人が解雇されていた。

2013年のトラックやバスを含む自動車生産は、370万台に達していたにも関わらず、未曾有の経済リセッションの影響で2016年の自動車生産は220万台まで減少、しかし今年は景気回復や輸出拡大で270万台まで回復すると全国自動車工業会(Anfavea)では予想している。

メルセデス・ベンツ社では、2018年~2022年の5年間にサンパウロ州サン・ベルナルド・ド・カンポス工場並びにミナス州ジュイス・デ・フォーラ工場の設備投資更新や最先端テクノロジー導入に24億レアルを投資する。メルセデス・ベンツ社は、2010年に今後の5か年投資計画として総額25億レアルの投資を発表していた。

連邦政府による適格な経済政策採用でインフレ指数を最低水準まで引下、ブラジルの国際信用の回復、また農業機械や鉱業機械販売も自動車業界活性化を牽引しているとブラジル並びにラテンアメリカメルセデス・ベンツ社のPhilipp Schiemer社長は、今後の自動車業界の再活性化は疑問の余地がないと強調している。

今後のブラジル経済の回復に伴って自動車販売は堅調に増加すると予想、ワーゲン社の今後4年間のブラジル国内の自動車販売は、40%増加をブラジルワーゲン社のPablo Di Si社長は予想している。

しかし2012年のブラジル国内の自動車販売は380万台に達したものの、2016年には46%減少の僅か200万台に留まって、生産コストや人材コスト削減でレイオフや集団休暇、時短操業などを余儀なくされて自動車業界やサプライヤーは壊滅的な打撃を受けていた。

2005年のブラジルの自動車輸出は72万4,000台に達していたが、2014年には33万4,000台と半分以下に減少していた。しかしアルゼンチンの好景気や二国間の自動車貿易協定締結、新しいマーケット開拓が牽引して、今年の自動車輸出は、74万5,000台で記録更新が予想されている。

ワーゲン社の今年初め9カ月間の自動車輸出は、アルゼンチン向けが牽引して前年同期比62%増加、しかしトルコやエジプト、チリなどの新市場開拓には、技術競争力向上が不可欠であるとPablo Di Si社長は説明している。

ブラジル国内に進出している各自動車メーカーの投資比較では、Scania社はサンパウロ州サン・ベルナルド・ド・カンポス工場の工場近代化や生産開発に26億レアルを投資する。

またGM社はサンパウロ州サン・カエターノ・ド・スール工場並びにサンタ・カタリーナ州ジョインヴィーレ工場、南大河州グラヴァタイ工場に45億レアルを投資、ワーゲン社はサンパウロ州アンシエッタ工場で新しいPolo車並びに Virtus車開発に26億レアルを投資する。

Volvo社も工場近代化向け設備投資一新やニューモデル車開発、ディーラー向けに総額10億レアルの投資を予定、トヨタ社はソロカバ工場に新たに10億レアルを投資、ルノー社は生産ライン増強に7億5,000万レアルを投資,MAN社はリオ州レゼンデ工場の近代化やニューモデル車開発に1億9,000万レアルの投資する。(2017年10月10日付けUOLサイトから抜粋)



2017/12/13 » 二輪車業界は2018年の回復に期待
2017/12/12 » ブラジルとアルゼンチンは仕様書が同一の自動車生産へ
2017/12/04 » 2017年11月の新車販売は14.63%増加
2017/11/13 » Caoaグループは中国自動車メーカーのブラジルChery社の50%株式取得
2017/11/09 » 今年10月の自動車生産は前年同月比42%増加
2017/10/23 » 過去2年間の自動車メーカーは本社から総額187億ドルの借入
2017/10/10 » 自動車業界は2022年までに150億レアルを投資
2017/10/06 » 今年9月の自動車生産は前年同月比39%増加
2017/10/03 » 今年9月の新車販売は11万9,200台を記録
2017/09/25 » Rota2030プログラム発表が省庁間の優遇税制の駆け引きで長引く可能性
2017/09/14 » GM社並びに MAN社は自動車やトラック増産で1,000人の新規雇用発表
2017/09/05 » ベンツ社は希望退職強制同意で提訴された
2017/09/04 » 8月の新車販売は過去20カ月で最高
2017/08/15 » ワーゲン社ではニューモデル投入で3交代制勤務復活
2017/08/14 » 自動車メーカーはロボット導入で自動化促進
2017/08/07 » 自動車輸出好調で生産増加
2017/08/02 » 7月の新車販売は前月比1.9%増加
2017/07/04 » 今年上半期の新車販売は2013年以降で初めて上昇に転じた
2017/06/07 » 5月の自動車輸出は7万3,400台で記録更新
2017/06/02 » 5月の新車販売は16.7%増加

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

 

【会議所 トピックス】

 

12月5日「ブラジルPortal ÚnicoプログラムとOEA制度ついての説明会」プレゼン資料掲載

Pdf「Portal Unico貿易共通ポータルサイト(開発商工サービス省)」(日本語)

Pdf「Portal Único(MDIC)」(ポル語)

Pdf「OEA制度主要課題(EY)」(日本語)

Pdf「OEA Desafios Principais(EY)」(ポル語)

Pdf「OEA制度(財務省)」(日本語)

Pdf「OEA (Receita Federal)」(ポル語)

 

「ブラジルeSocialシステム セミナー」(2017年11月21日開催ハードコピー用プレゼンテーション資料)

PdfE-ソーシャル変更点及びソリューション

PdfeSocial課題と留意点

 

ブラジル労働法改正セミナー ~日本企業の視点~(2017年11月8日)の発表資料掲載

Pdfタイトル「概観 労働の近代化」 講師 CNI労働関係本部 デジレ G, ティモ

PdfVisão geral da MODERNIZAÇÃO TRABALHISTA

 

初めての日本語による2017年上期税制変更セミナーは大評判裏に終了

●投資パートナーシップ・プログラム(PPI)説明会(2017年3月6日)資料

Pdf投資パートナーシップ・プログラム(PPI)資料

 

●ブラジルインフラ入門&PPIセミナー(2017年2月2日)

PdfFator弁護士事務所のジルセル佐藤弁護士 「ブラジル・インフラビジネス入門&PPI概略」

Pdfジェトロサンパウロ事務所の禮田英一取締役 「ブラジル・インフラビジネスでの海外インフラ機構(JOIN)活用」

●ブラジルeSocialシステム説明会のプレゼン資料掲載中(2016年12月7日午後2時から マクソウドホテル)

Pdf「eSocial制度‐目的と課題、現状と今後の計画」

Pdf「eSocial-Objetivo e desafios,situação atial e cronograma do projeto」

Pdf「労働関係における企業の課題とeSociaの果たす役割」

Pdf「O Desafio Empresarial no Cenário Trabalhista e o Papel no eSocial」

 

2016年下期業種別部会長シンポジューム

ブラジルドローバック制度(輸入品等に対する税制恩典)ついての説明会資料(日本語)

ブラジルドローバック制度(輸入品等に対する税制恩典)ついての説明会資料(ポル語)

現代ブラジル事典      絶賛発売中!!

政策対話委員会活動の進捗報告(2015年12月10日 官民合同会議)

120周年記念セミナー「日伯医療連携の未来~最新技術が拓く健康社会」

「外交関係樹立120周年記念日伯経済セミナー」に300人が参加して開催

2015年下期の業種別部会長シンポジウムテープおこし記事掲載

第43回技能五輪国際大会開催のご案内

ブラジル投資ガイダンス(最新版・英語)

●梅田大使RS公式訪問

●2015年上期の業種別部会長シンポジウムのテープおこし記事掲載

●インタビュー記事【破綻宣告】 2015/03/18

●ブラジルPPP/コンセッション制度の概要と最新情報についての研究会に80人が参加して開催

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー