Câmara do Japão
Português
検索: OK

環境

検索期間を指定してください: OK
環境ライセンスの規制緩和 2011/02/18

環境保護局(Ibama)の環境ライセンス認可が厳しくてプロジェクトの遅延並びにコストアップにつながっているために、特に経済加速プログラム(PAC)のインフラ整備部門プロジェクトが大幅に遅れている。

今年1月に就任したジウマ・ロウセフ大統領はカーニバル明けに、環境ライセンスの規制緩和について発表を予定、国道や港湾整備、電力送電網や石油・天然ガス部門で規制緩和を実施する。

今後、道路舗装に対してIbamaに環境ライセンスの申請をする必要はなくなるが、PACプロジェクトのアマゾン地帯の保護熱帯雨林を貫通する国道BR-319や熱帯雨林伐採が進んでいる国道BR-317については以前と同様に厳しく審査する。

環境保護局の環境規制が厳しいために環境ライセンスを獲得するコストはプロジェクトの8%から10%に達しており、最もコスト高に達しているプロジェクトでは15%に達している。

しかし水力発電所建設に対する規制緩和は先送り、電力エネルギー10年計画ではパラー州の環境保護区に5水力発電所建設計画があり、タパジョー水力発電所建設計画ではサンパウロ市よりも30%広い1,980平方キロメートルが水没する。

ロンドニア州のマデイラ河のジラウ水力発電所からの電力エネルギー送電網の環境ライセンスはすでに許可済み、また岩塩層下原油開発を促進するために石油・天然ガス部門に対して規制緩和を適用する。(2011年2月18日付けエスタード紙)

 



2018/07/11 » ペトロブラスはTotal社と共同でクリーンエネルギー分野に投資
2017/05/18 » オーストリア国土面積に匹敵する熱帯雨林環境保護区消滅の可能性
2011/02/18 » 環境ライセンスの規制緩和
2011/01/07 » サントス沿岸部都市のごみ焼却で電力エネルギー生産
2010/01/14 » 高速鉄道の環境ライセンス認可は来年中頃か
2009/12/02 » ベロ・モンテ水力発電所の環境ライセンス問題でIbamaの担当者が辞任
2009/10/28 » 2020年までに40%の温暖化効果ガス削減
2009/09/22 » JBS並びに年金ファンドは植林事業に投資
2008/07/16 » マット・グロッソ州での熱帯雨林伐採が急増
2008/06/13 » Ibamaは製鉄会社に違法木炭使用で4億レアルの罰金
2008/04/24 » コジッパ製鉄所の温室効果ガス排出が最悪
2007/12/18 » .....
2007/11/30 » エタノールの国際商品コモデティ化は2012年以降
2007/11/26 » 風力発電エネルギー入札は来年の4月か
2007/11/14 » 電力会社はカーボンクレジット取引に注目
2007/09/27 » 二酸化炭素排出権取引開始
2007/09/03 » PCHプロジェクトもカーボンクレジット承認か
2007/08/29 » BM&Fでカーボンクレジット取引開始
2007/07/10 » 小企業でもカーボン排出取引権に参加

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

【会議所 トピックス】

 

「ブラジル労働法のポイント」
(表紙クリックで内容表示)

 

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー