Câmara do Japão
Português
検索: OK

環境

検索期間を指定してください: OK
2020年までに40%の温暖化効果ガス削減 2009/10/28

カルロス・ミンキ環境相はブラジルの地球温暖化効果ガス削減プランを11月3日にルーラ大統領に提出、承認されれば12月にコペンハーゲンで開催される国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)で発表する。

ブラジルは二酸化炭素(CO2)削減の義務がない発展途上国では2020年までにCO2削減目標を発表する初めての国と見込まれている。

2020年までに年間の平均国内総生産(GDP)が5.0%増加すると仮定して計算した場合に2020年までにCo2排出総量は27億トンに達するが、40%減の17億トンに削減目標を設定する。

2020年の40%のCO2削減目標に対して、アマゾン地域の森林伐採削減で20%、セラード地域10%、サンパウロ州のCO2削減条例などでの都市部3%、ブラジル農牧調査社(Embrapa)の指導による農地の有効利用で7%削減を見込んでいる。

しかしインドは2020年のCO2の排出量は3倍、中国は倍増すると見込まれているが、ブラジルは40%の削減目標を掲げて発展途上国や先進国のCO2削減を牽引すると見込まれている。(2009年10月28日付けヴァロール紙)

 

 



2017/05/18 » オーストリア国土面積に匹敵する熱帯雨林環境保護区消滅の可能性
2011/02/18 » 環境ライセンスの規制緩和
2011/01/07 » サントス沿岸部都市のごみ焼却で電力エネルギー生産
2010/01/14 » 高速鉄道の環境ライセンス認可は来年中頃か
2009/12/02 » ベロ・モンテ水力発電所の環境ライセンス問題でIbamaの担当者が辞任
2009/10/28 » 2020年までに40%の温暖化効果ガス削減
2009/09/22 » JBS並びに年金ファンドは植林事業に投資
2008/07/16 » マット・グロッソ州での熱帯雨林伐採が急増
2008/06/13 » Ibamaは製鉄会社に違法木炭使用で4億レアルの罰金
2008/04/24 » コジッパ製鉄所の温室効果ガス排出が最悪
2007/12/18 » .....
2007/11/30 » エタノールの国際商品コモデティ化は2012年以降
2007/11/26 » 風力発電エネルギー入札は来年の4月か
2007/11/14 » 電力会社はカーボンクレジット取引に注目
2007/09/27 » 二酸化炭素排出権取引開始
2007/09/03 » PCHプロジェクトもカーボンクレジット承認か
2007/08/29 » BM&Fでカーボンクレジット取引開始
2007/07/10 » 小企業でもカーボン排出取引権に参加

バックナンバー »